This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

東大法学部→ベイン・アンド・カンパニー→MBA取得→シリコンバレー→起業。輝かしい経歴を持つミツモア CEOにインタビュー!

こんにちは!ミツモア の広報担当です!

これからミツモアのメンバーをどんどん紹介していこうと思います!

最初のメンバーはミツモアのCEO石川です!
超絶キラキラ経歴を持つ石川に、戦略コンサルタント(ベイン・アンド・カンパニー)時代の話や、シリコンバレーでの経験、そして起業に至った経緯などについて伺いました!
また、大学時代の過ごし方や大学時代にすべきことなどにも触れており、大学生の方も必見の内容となっております!

石川彩子(いしかわあやこ)   プロフィール

東京大学 法学部卒。
新卒で外資系コンサルティングファームに勤務。
その後、ペンシルバニア大学ウォートン校にてMBAを取得し、シリコンバレーのスタートアップZazzleに勤務。
帰国後、元Yahooのエンジニアとともに「ミツモア」を創業し、同社CEOに就任。

大学時代は官僚志望だった

ーーーキラキラ経歴を持つミツモアCEO石川ですが、大学時代はどのような生活を送っていたのでしょうか?ーーー

石川)大学時代は普通の大学生でした笑
自分でダンスサークルを立ち上げたり、バイトをしたり、旅行をしたりなど普通の大学生活を送っていました。
ですので、11月の学祭でのダンスサークルの発表が終わるまで就職活動は全くしていませんでした笑

ーーー当時は将来をどのように考えていましたか?ーーー

石川)父親の仕事の関係で、小さなころから日本と中国を行き来する生活をしていました。
中国がものすごい勢いで変わっていく姿を目の当たりにしていた一方で、日本はずっと同じ状態のような気がしました。
このままでは、日本は何も変わらない国になってしまう。そんな危機感があったので、官僚や政治家になるキャリアパスを考えました。
子どものころから「将来の夢は?」と聞かれると「官僚」と答えていたんです。

官僚と悩んだ末ファーストキャリアでコンサルの道へ

ーーー官僚になろうと考えていた結果、コンサルの道を選んだのはなぜでしょうか?ーーー

石川)サークルの活動が終わり、周りが就職活動を始める中私も焦りを感じ、その時は官僚になるつもりだったので少し興味があった外資系のコンサルだけに絞り就職活動をしました。
国家公務員第一種試験に合格し、コンサルからも内定をいただき、どちらも人は素晴らしかったので、本当に悩みに悩みましたが、結局、コンサルを選びました。

その理由は、ベインの東京オフィスのヘッドをしていた方とじっくり話す機会があったんですが、そのとき「成長の速度がどれくらい違うか」という話をされました。
たしかに、省庁に長くいれば、すごく面白い仕事ができるんでしょうけれど、20代のうちから「どこにいっても活躍できる人材になる」いう意味では、コンサルのほうがいいのかな、と。それが一番大きな理由です。

コンサルで働く内に芽生えた起業意欲、シリコンバレーで働く内に芽生えた愛国心

ーーーコンサル→起業というキャリアパスの方が多いと思うのですが、石川さんも元々起業したくてコンサルを選んだのですか?ーーー

石川)ベインに入った時点で「将来は起業するぞ」と思っていたわけではありません。
コンサルをやっているうちに、自分でやってみたいという気持ちになっていきました。

私は、コンサルの業務の中でクライアントの人と話したり、クライアントのお客さんと話したりするのが、すごく好きでした。
特に、地方銀行のプロジェクトをやっていたとき、地銀のお客さんである中小企業の経営者たちと話すのが大好きだった。いろいろな業種があって、工場もあれば、飲食店もある。掃除業者もあれば、工務店もある。個人事業主に近い人もいました。

その中で、経営者の方達に対して「本当にすごいな」という尊敬の念を抱きました。
サラリーマンと違って、毎月決まった給料が入ってくるわけではない。自分で仕事を取りにいかないと食べていけない。そういうヒリヒリ感を日々味わっている。自分だけでなく、従業員もなんとか食べさせなければいけないという思いの中でやっていて、素直にすごいなと思いました。

そんな感じでコンサルをやっている内に起業に興味を持ち、ITの分野に興味があったので、MBAを取ったらシリコンバレーで就職しようと考えていました。

ーーーシリコンバレーでの経験は今どのように活きていますか?ーーー

↑MBAの卒業式の写真です

石川)海外で生活したことがある方ならこの気持ちわかると思うのですが、「日本のためになにかしたい!」って愛国心がとても強くなるんですよね(笑)

かつてGDPがアメリカに次ぐ世界2位の経済大国であった日本が、中国に抜かれ、縮小均衡に陥っています。
そんな日本のために自分ができることはなにか、そう考えた時に、ITの力で日本のGDP向上に貢献し、日本をワクワクする国にしたい、そのような想いがとても強くなりました。

コンサル時代にお仕事をしていた地方の事業者の方々、いわゆるローカルサービスですが、アメリカではローカルサービス市場の効率化をめざすプラットフォームが、ここ数年で複数誕生しています。
中でも、ThumbtackというプラットフォームはGoogle Capitalから「ローカルサービス市場の効率化に成功した最初の会社」と評され、1000億円を超える流通金額でユニコーンとなっています。


一方で、日本ではローカルサービスは数十兆円規模の市場であるにも関わらず、集客も事務作業も前時代的な方法で行わており、皆さん効率化に苦慮されています。
そこでミツモアがローカルサービス市場の効率化の先駆者となり、日本のGDP向上に貢献したいと思っています。

ミツモアの魅力とは!

ーーーアツい想いを持って起業された石川さんですが、ミツモアはどんな会社なのでしょうか?ーーー

↑社内パーティーは頻繁に開催されます(笑)

石川)一番は、オフィスで燻製を作ったりセグウェイを乗りまわしたり、自由に好きなことをしてる人が多いところですね(笑)
自由すぎる環境でみんなが好きなことをしてて面白いです笑

そして、なぜだか分からないが、優秀な人が異常なほど集まってきているところですね。
マッキンゼー出身のCOOを始め、ヤフーのヤフオクを開発したCTOや楽天創業期メンバー、Uberのエンジニアなど、優秀な人達が異常なほど集まっています。


最後に、皆が「ITの力で日本の事業者の在り方を変え、GDPを増やすことができる」と信じているところです。
メンバー全員が会社のミッションを尊重し、同じ方向を向いているとてもパッション溢れるチームです。

スタートアップの急成長を味わえます。難しいことも楽しめる人、ウェルカム!

ーーー最後に石川さんが「こんな人と一緒に仕事したい」と思う人を教えてください!ーーー

石川さん)

・やりきり力のある人
・どしどし質問してくれる人
・「これだけは誰にも負けない!」がある人(オールマイティじゃなくて全然OK!)

ですね!

最後までやりきる力はビジネス以外においても何事にも通じる大切な力だと思います。
そして、どしどし質問してくれる人は吸収力がすごくすぐに成長します。質問してくれる人にはしっかりとフィードバックをし、成長を約束します。

あとは、「これだけは負けない!」という強みを持っている人のお話を聞くのはとても楽しいですね。
ミツモアには色んな「負けない」を持った人達が集まっているので、とても刺激的な環境です。


いかがでしたか?

ミツモアCEOの石川のミツモアへのアツい想いは伝わりましたでしょうか?

ミツモアではメンバーを大募集してます!✨

未経験の方大歓迎!!!

学生さんのインターンも大募集してます!

ミツモアは経験関係なくやる気さえあれば誰でも大歓迎です!
まずはフランクにお互いのことをお話しましょう♪


マーケティング
ベイン・マッキンゼー出身の経営陣の下で学んで就活無双したい学生募集!
「ローカルビジネスの課題を解決」したいと思っています。 ローカルビジネスとは、カメラマンや税理士、工務店などと言った、地域密着型でサービスを提供するビジネス全般のことを指します。 ミツモアは、ローカルサービスの事業者とサービスを利用したい依頼者のマッチングをしています。 実は、日本のローカルビジネス市場は、数十兆円規模の市場であるにも関わらず非常に非効率となっております。 非効率というのは、 - サービスの相場価格や提供事業者の情報が不透明で、自分にぴったりな事業者を探すのに手間がかかる - 依頼者と事業者の間に代理店が介在することも多く、事業者は顧客紹介を受けるために高額な手数料を払わなければならない という状況です。 数年先を走っているアメリカではローカルサービス市場の効率化をめざすプラットフォームがここ数年で複数誕生しており、世界的に見ても注目されている市場になっています。 その中でも、ThumbtackというプラットフォームはGoogle Capitalから「ローカルサービス市場の効率化に成功した最初の会社」と評され、1000億円を超える流通金額でユニコーンとなっています。 一方で、日本ではまだこの分野でユニコーン企業がありません。 ミツモアは、この分野での先駆者としてローカルサービス市場の効率化を牽引していきます。 また、ユーザーの悩みを解決するオウンドメディア「ミツモアMedia」の運用にも力を入れています!
株式会社ミツモア

記事読んだよ!という方はいいね(❤️)をポチッといただけるとめっちゃ励みになります!✨

最後までお読みいただきありがとうございました。

株式会社ミツモア's job postings
58 Likes
58 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more