This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

代表の柳内は医療分野のSDGs達成への貢献をミッションに活動しています。
東大・慶応のインターン生が活躍しています
■「 foro CRM サービス」を展開、医療業界にCRMツールを導入 CRMツールとは、顧客満足度や顧客ロイヤリティの向上を通じた売上の拡大を目的として、主に顧客情報を自動で管理するためのツールです。顧客情報を適切に管理してわかりやすく可視化してくれるため、今では多くの業界で利用されるようになってきています。 私たちは、ビジネス界で多くの企業に利用されているCRMを病院に対しても適応できるのではないかと考え、病院間のコミュニケーションのデータを適切に管理するforo CRMを開発しています。 日本の医療の現状として、患者さんに必ずしも適切な医療が提供されていないという課題があります。原因としては、患者さんが最初に接触する小規模なクリニックや診療所が、適切な紹介先の病院に関する情報を把握していないことが考えられています。 そこで私たちは、高品質の医療を提供している病院を、小規模なクリニックや診療所に対する適切な営業やマーケティングの面から支援をすることによって、上記のような問題を解決しようと考えています。 ■ 今後の展望 メダップでは「医療分野におけるSDGsの達成に貢献する」というミッションのもと、医療従事者の労働量や医療費などが持続化などが持続可能な形で、医療サービスの質が改善される世界を実現することを目指しています。 そのため今後の事業内容としては、foro CRMサービスの拡大はもちろんのこと、医療従事者の生産性を高め、ポテンシャルを最大化するための環境整備を目的としたSaaS等のツール開発と提供を行っていこうと思っています。

Why we do

foro CRMサービスを通じて病院の営業支援を行っています。
日々クライアントのために真剣な議論を交わしています。
■ 全くSustainableでない医療分野の現状を変えたい 日本の医療分野は、高齢化に伴う医療費の増大や病院勤務医の過酷な労働環境など、医療は全く持続可能な環境とはとうてい言えません。 また、業界の体質が古いことも問題と考えられます。たとえば、FAXや紙媒体でのコミュニケーションが主流となっているなど、業務上非効率な点が散見されます。その上、医療従事者数は200万にものびるため、非常に改革の余地を残した分野なのです。 そこで私たちは、最新のテクノロジーであるSaaSを、医療業界向けにアレンジすることで必ず課題を解決できると思っています。 医療業界特有のナレッジを獲得し、業界に合わせて既存のSaaSをアナロジーを効かせてプロダクトを作りあげて行くプロセスには、膨大な量の深い思考が要求されます。 そこにこそ、私たちにしかできない強みがあると確信しております。

How we do

2019年11月に新オフィス移転しました。
立場の垣根なく話せる、フラットな職場です。
■ メンバー構成 代表の柳内の他に、営業1名、カスタマーサクセス2名、エンジニア2名の合計6名に加え、デザイン、営業、管理などのパートタイムのメンバーで構成されている組織です。 年齢は20代30代がメインで、東大や慶応の学生インターンも複数活躍しています。 ■ オフィスは新橋 2019年11月に新橋駅近くのビルにオフィスを移転をしました。 リノベーション後の、綺麗で居心地の良いビルです。 ■ スタートアップならではの成長環境 弊社では、システム開発の技術と深い思考力を生かして、今後も継続的に新規事業を生み出していく予定です。現在はメンバー数が少ないですが、新規事業の事業部長として任命することを前提に裁量の大きな仕事を次々に任せて行きます。 ■ 対等な議論が交わされるフラットな職場 小さい組織だからこそ職種や立場にとらわれず、どうしたらプロダクトがよりよくなるか、どうしたらクライアントのためになるかを日々真剣に議論しています。学生インターンでも社長と対等に議論を交わしているような、フラットな職場です。 ■ 働き方はメンバーそれぞれ リモートワークやフレックス制を導入しているため、混雑する通勤時間を避けての出社など、メンバーが自分自身で働き方を決めています。 ■無駄を徹底的に省き、ワークライフバランスを大事に。 プロフェッショナルにアウトプットを出すのは必須ですが、子供の送り迎えやイベントごとで遅刻早退をすることもオープンに認められています。コンサル経験者を中心としたメンバー構成となっていることもあり、効率性・柔軟性を最大限重視した働き方を大事にしています。