1
/
5

~メディクルード年頭所感~ 2022年もよろしくお願いいたします🐯

新年あけましておめでとうございます。メディクルードの吉田です!

1月4日に仕事始めを迎えましたので、ご挨拶させていただきます。
旧年中はメディクルードのWantedly記事をお読みいただきありがとうございました。
本年もメディクルード・Genki Groupの魅力を発信していく所存ですので、引き続きよろしくお願いいたします。

メディクルードでは新年を迎えるにあたり、エントランスがお正月仕様になりました🎍

👆今年は「迎春」の凧があがっています🪁

皆様は年末年始、どのように過ごされましたか?僕は札幌の実家に帰省して、久しぶりに地元を満喫いたしました♪住み慣れた街でも、一度離れると色々良いところが見えてきて楽しかったです!

さて、本年最初の記事は年頭所感ということで、メディクルードの仕事始めについてご紹介いたします🌅

昨年の年頭所感はこちらです👇


毎年、新年初日では全員参加の会議を行い一人ひとり新年の目標を発表しています。
「想い・願いを皆の前で宣言することで、より意識を高める」ことが目的としてあり、今年も仕事・プライベート問わず様々な目標が立てられました!(ex. 「効率化を目指します!」「資格を取ります!」「体を鍛えます!」「家族との時間を増やします!」etc...)

そして、新年ということで今後のメディクルードの方向性について社長からお話しいただきました。内容を一部抜粋して皆さんにお届けします!

***【2022年 年頭所感】***

昨年、一度収束したかのように見えたコロナでしたが、まだこれから増えていくと予想され予断を許さない状況にあります。昨年以上にコロナによる様々な影響を想定したうえで、対抗していく準備を進めてほしいと思います。

現在、コロナ禍によって社会は大きく変化しようとしています。
社会全体で健康を取るか経済を取るかという究極の選択を迫られています。その中で両方を取る中庸を目指していくことが大切であると感じていますが、各国の政策などを見ていても難しいことだと改めて思います。しっかり大局を見極め、社会のニーズをより意識し、考え、行動していくことが大切になります。

それに加えて、今我々は厳しい時代にいることを感じなければなりません。
少子高齢化により、この15年で生産年齢人口は約1000万人ほど減っています。日本が急成長を遂げた時代より少ない人数・短い時間で倍以上の成果を出さなければいけません。そこで大切になってくるのは、「どこまで考え抜けるか?」です。過去の経験に縛られない取り組みを考えたり、真に自分たちに必要な知識を模索し学び続けたりすることで、変化していく必要があります。

そこで、2022年のGenki Groupの基本方針を下記のように定めました。

私たちが目指す先は、社会をより良く変化させることです。そしてそれは自分自身が変化することから始まります。今年の基本方針は我々が常に大事にしている理念に通じるものであり、自分を変化させるために必要な考え方です。様々な言い訳を並べてしまうのは、状況が変わらないと思い込んでいるだけです。全てを自分事として捉え、一つでも多くのことを達成し、未来を自分たちで作るという想いで頑張っていきましょう

以上、年頭所感でした。2022年を大きな変化の一年にしていきましょう!
本年も引き続きよろしくお願いいたします。

株式会社メディクルード's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more