1
/
5

★Genki Group法人紹介★聖心美容クリニック(美容医療)

こんにちは。株式会社メディクルード星加です。

今回の記事も引き続きシリーズ企画「★GenkiGroup法人紹介★」です。

GenkiGroupの中でも最もメディクルードと近い存在である、医療法人社団美翔会 聖心美容クリニックを紹介させていただきます。


今回は、聖心美容クリニックの鎌倉統括院長にインタビューさせていただきました。

👆聖心美容クリニック東京院の前で撮影させていただきました

*******インタビュー項目*******
①聖心美容クリニックの特色は何か

②事業を進めていく上で大事にしていることは何か
③聖心美容クリニックの今後の展望は何か
④【鎌倉統括から逆質問!】入社前の美容医療のイメージは?


①聖心美容クリニックの特色は何か

星加)まず、聖心美容クリニックの特色について教えていただけますか?

鎌倉統括)聖心美容クリニックの特色は大きく3つあります。

❶若返りを重視したメニュー
❷高品質な医療サービス
❸Our Compassを掲げた組織

❶若返りを重視したメニュー
美容医療と言う言葉自体は決められた形があるわけではなくて、僕らの業界は元々美容外科からスタートしています。美容外科という科目が正式に承認されたのは43年前で、数多ある診療科目の中では歴史の浅い科目です。美容外科に続いて美容皮膚科という科名が出てきて、内側から綺麗にする美容内科、それに付随するものも出てきました。そういうものを総合したのが美容医療と言うカテゴリです。

美容外科から美容医療まで増えてきた背景には、時代の変化があります。昔の美容医療は「形を作る」もの、つまり美容整形でした。当時は美しさを求めるものが主流でしたが、時代が変わって、若返りが注目を浴びてきています。現に、聖心美容クリニックでも若返りを受ける患者さまが増えました。そうなると「美しくなる」だけではなく、「若くいたい」というのは、「美しい」よりももっと多くの人が興味あることだろうと思います。
女性は当然「美しく」「若く」ありたいと思います。男性も「美しく」ありたい人はいるけれども、「若くいたい」と思う人の方が多いです。

だから若返りが非常にクローズアップされていて、それが美容医療というフィールドを拡大して牽引している要因かなと思います。

星加)若返りはいつ頃から注目されてきたのですか?

鎌倉統括)美容医療のトレンドとして、若返りの機械が出てきたのが2000年あたりです。ライムライトや今では世界で一番施術数が多いヒアルロン酸注入ボトックスが出てきたのが2000年ごろ。「注入」が世界のトレンドになると思ったので、2007年からPRP皮膚再生療法を開始しました。

星加)今では聖心美容クリニックでPRPを受ける方は多いですが、そのような背景で始まっていたことに驚きました。

鎌倉統括)聖心美容クリニックは28年と言う歴史の中で、幅広くいろんな医療を提供できるように、ワンストップサービスプロバイダーという考え方でやってきました。これからは少子高齢化で若返りの需要は伸びていくという予測しているので、若返りに重きを置いています

👆プレミアムPRP皮膚再生療法の論文でベストペーパーアワードを受賞されています
当時の記事はこちら👉https://www.biyougeka.com/news/2016/20162016072502/

❷高品質な医療サービス
美容医療は自由診療なんですね。保険診療のように画一的な診療体系であるわけではありません。
決まっている値段は適正価格ではあるが、そこには幅があります。患者さまは何が適正で、どんな診療内容が適正なのか、常に迷われています。それを患者さまに正しく提供するために、病気を治す医療よりも、さらに質の高い医療サービスを提供することが重要です
聖心美容クリニックの特徴といえるのは「高品質」です。技術だけでなく、サービスや接遇全般です。「医療」とはいえ、「サービス業」だと思っているので、「医療サービス」を高品質で提供することが重要になってきます

高いレベルで提供出来るということを自分たちで言っているだけではだめなので、外部機関としてISOの審査を通しています。2005年から現在に至るまで、定期的に更新審査をクリアしています。
ISO9001を取得している美容医療の機関は聖心美容クリニックだけです。(取得しているかはわからないが、少なくとも提示しているクリニックは見たことないです)明らかな外部機関を通しているということは、高いレベルであることが証明できると思います。


❸Our Compassを掲げた組織
聖心グループのスローガンとして「とことん真面目に、美容医療」を掲げています
高いレベルで提供したいと思っていますが、それを選択する患者さまにとって、我々がどう映るかを追求しています。真面目であることは当たり前であると思いますが、当たり前なことをやり続けるというのは難しいです。「とことん」の言葉にはそれをとにかく追求するという意味が込められています

👆Our Compassの日めくりカレンダーも作成されました(この後の写真もご覧ください✨)

歴史のまだ浅い美容医療が成長していくためには、本質を正しく健全に根付かせる必要があります。そのために当たり前なことを真面目にやり続ける必要があると考えています
美容医療業界の外部の先生たちにも広めていきたいと思って伝えてはいますが、まずは自分たちが自分たちを律するために「とことん真面目に、美容医療」のスローガンを掲げています。


②事業を進めていく上で大事にしていることは何か

鎌倉統括)先に述べたとおり、質を保つ事が1番です。その中で心がけているのは、最新でより効果的な治療法を取り入れることです
美容医療は様々な新しい治療法が日進月歩のように出てきます。そこでまずは世界のトレンドを把握していくこと。何が出てきて、何が廃れているのかを把握するということです。
2番目に日本の市場・患者さまにマッチしているのかを考えます。ここで取捨選択することが質を落とさないために大切です
3番目に大切にしていることは人材育成患者さまと1対1でずっと付き合っていくので、患者さまから教わることがすごく多いです。根底にあるのが患者さまが医療スタッフを育てて、スタッフがチームを育てて、チームが会社を育てます。これは僕自身がずっと思っていることなんです。
なのでOur Compassでは、患者さま≧チーム≧個人という優先順位で構成されています。
あとは日々の積み重ねなので、スタッフが患者さまに真摯に向き合っていたらいいです。