This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

“人に伝え続ける”様々な形でプロモーション活動に取り組む、その先には。

こんにちは!

メディクルードのHR担当YAMAMOTOです。最近は甥っ子👶(生後3か月)が可愛くて、毎週のように実家に帰っています。

今回は前回に引き続き、マーケティング部へのインタビューです!メディア&コンテンツチームの内藤さんにお話を伺っていきたいと思います^^


●服×食べ歩き×御朱印=マーケティング部メディア&コンテンツチーム 内藤さん

YAMAMOTO)それではインタビューを始めさせていただきます。内藤さんには以前寺戸さんからもお話を伺っていたので(「挑戦できたのは、それを支える土壌があるから」紙媒体担当だった私が、SNSプロモーション担当になるまで。【社員紹介vol.2】)、Wantedlyのインタビューは今回で2回目の登場ですね!よろしくお願いします!

内藤)よろしくお願いします!

YAMAMOTO)最初に勤続年数、所属、経歴について教えてください。

内藤)はい、勤続年数は4年目で、所属はマーケティング部のメディア&コンテンツチームです。経歴は新卒でアパレルメーカーに入社して、その後広告代理店に入社して、今に至る、という感じです。

YAMAMOTO)最初はアパレルだったんですね。

内藤)服が好きだったので^^

井本)すごい納得。

内藤)そうですか?やっていたのは前の記事にも書いてあるように、スポーツウェアや紳士服ブランドのお店で販売員の仕事をしていたんですけど、一つの店舗の運営やマネジメントをしているうちに、少し物足りなくなったというか、もうちょっと色んな人と関われる仕事を通して社会を見てみたいなと思って、広告代理店の営業に転職しました。転職先では数字に追われる日々で、徹夜も当たり前なハードな環境でしたが。(笑)

YAMAMOTO)徹夜は辛いですね…。メディクルードへの転職のきっかけってなんだったんですか?

内藤)前職の広告代理店ではお客様がいっぱいいたんだよね。その中でもうちょっと効果がどうなったとか、じゃもっとこうしていこうとか、もっと突っ込んでいきたいなと思い始めて。色んなお客様の効果を見始めると大変になっちゃうから、一つのところに集中して効果を見ると同時に、色んなことをしてみたいな、と。一つの商品とか一つのサービスを発信していくのに色んな手法があると思うんですけど、それを色々試してみたい、という感じ。ここはいい感じに編集しといてください(笑)

YAMAMOTO)が、頑張りますが期待しないでください…(弱気)。それでは趣味をお伺いできますか?

内藤)美味しいものを食べたりすることと、御朱印集めかな。この間の3連休は遠出して広島に行ってきたの。2泊3日で行って、毎日広島焼を食べて。(笑) 牡蠣の広島焼とか創作風な広島焼とか、全然違うバージョンを食べるから飽きないし、お酒を飲めて楽しかったです。お店については現地の代理店の人にどっかいいとこないですかって聞いて(笑)ここはいいよ~みたいに教えてくれて行ったら本当に美味しかった。(笑) この人なら絶対に外さないと思って聞いたんだけど、本当に美味しかったです。

YAMAMOTO)え、あとでそのお店教えてください!!

内藤)いいよ^^ 一つは厳島神社行く前にアナゴ飯、これがすごく美味しかった!!超おいしかった!!「うえの」っていうアナゴ飯屋さんがあって、店内はすごいく並んでいたからお弁当買って厳島神社で食べたけど…

YAMAMOTO)これですかね、アナゴ飯、うえの…。

内藤)そうそう!お弁当は2,000円くらいで安くないんだけど、超美味しかった!炭火だったからかな、タレもすごく美味しかったし、味が忘れられなくて帰りにまたお弁当買ったの(笑)

YAMAMOTO)味を忘れられないくらい美味しかったんですね、いいなぁ…。宮島って御朱印あるんでしたっけ?

内藤)ある!あるのよ!これもすごく並んでいたんだけど、300円って結構リーズナブルなお値段でした。令和元年から集め始めたんだけど(笑)今回の宮島、国宝の善水寺、浅草の浅草寺の他にも都営乗り放題を使って御朱印巡りをしています。10社は行ったかな。


●メディア&コンテンツチームとは?どんな仕事をしているの?

YAMAMOTO)それでは、部署でのお仕事やメディア&コンテンツチームの仕事内容について詳しく教えてください!

内藤)かなり幅広いのですが、テレビCMの出稿とかラジオも一部CM出していたり、雑誌やフリーペーパーを出したりしています。交通広告、駅看板、屋外看板、あとバスのラッピングをやっているところもあります。院内の患者様に向けてはポイントクラブをやっているので、ポイントクラブ会員に会報誌「Miuex(ミュウ)」を発行したり、一般の方にはDMを出したり、メルマガ配信を流したり、患者様が来院後検討するときに見ていただくための院内チラシとか、院内のチラシ、パンフレット類の作成をやっていて、SNSはLINE、Twitter、Instagram、Facebook、YouTubeのチャンネルを運用・制作。制作以外だと認知度調査もやっていて、半年に一回の調査を今はまさに調査のタイミングですね。チームの業務としてはそんなとこかな。幅広すぎてアレやったっけな、とかあのチラシ修正終わっていたっけな、とか思うことはたまにあります(笑)

マーケティング部全体として全員でやっている業務もあって、前回中嶋さんが話をしていたように症例写真・スタッフ症例写真のUPを私も担当しているのだけど、症例写真は患者様もすごく気にされる部分だから、いっぱい公開して参考にしていただけたらいいな、と思いながら作業しています。

Webチームとの仕事でいうと、他にもライティング業務もやっていて、新しい施術とかが入ったらそのHPを作るための骨組みっていうのかな、最近でいうとポテンツァのテキストとかも考えたりして、Webチームに骨組みが決まったら渡して、実際に絵に起こしてもらうみたいなこともメディア&コンテンツチームでもやっています。そういった仕事を部長含め5人で協力しながら頑張っています!

YAMAMOTO)症例写真についてはマーケティング部共通の業務なんですね!一日の業務はどのような流れで進めているのですか?

内藤)日によって、問い合わせの有無や内容によって変わることが多いです。例えばポイントクラブの会員さんからメールが来たときはその対応をしないといけないし、LINEとかで問い合わせが来たら担当のクリニックにお願いしなきゃいけないし、その時のタイミングというか。あとはSNSの投稿内容を考えたり、動画の構成をチェックしたり、テレビCM出稿の検討をしたりなど。ルーティン業務もあるけど、基本的には発生したベースで業務をやっている感じなので。毎月絶対あるのは月頭の検証会議(※マーケティング部が前月のプロモーション効果について検証を行う会議)があるから検証会議の資料作成、メールマガジンは発信する月が決まっていて、月3回、日にちを決めて配信しています。

テレビは地方毎にやっている内容が違うから、先生の色や番組の仕様を考えることが楽しいかな。

今は広島と名古屋の撮影に立ち会うことが多くて、中辻先生の番組は去年初めての試みだったんですけど、今年で2年目に入りました。聖心美容クリニック広島院中辻院長のぶらりグルメ旅風の番組。(笑)

YAMAMOTO)美容外科医がやっているのは不思議な感じですね。(笑)

内藤)「中辻:今日はこの店です!」「レポーター(もしくはレポ):え~!今日はどんなご飯ですか?中辻先生!」「中辻:ここは○○が美味しいんですよ~早速入ってみましょう!」みたいに進んで「はいカット!先生、今のすごく良かったです(笑)」という感じで楽しく撮影しています。先生もノリノリで撮影してくださって(笑) 番組で紹介しているご飯も“ヘルシーでインスタ映え”という趣旨で選んでいるので、この野菜はこういう成分が入っているからこういうことにいいんですよとか、アンチエイジングにいいんですよとか、そういうことを説明して終わり、みたいな番組です。それが広島。

YAMAMOTO)中辻先生に合っていますね。(笑) 会報誌の「Miuex(ミュウ)」は現在4号が会員さんのお手元に届いている頃かと思います。以前の会報誌「Lavie(ラヴィ)」と比べてここが変わった、パワーアップしています!などあれば教えてください。

内藤)デザインをすごく変えたことと、一番大きな変化は特集かな。この間は熱海院小林院長の特集を組んで、日常的なところの美容知識について読んでいる人に「へぇ!」と思ってもらえるようなことを伝えています。作っている私たち自身も新しく知ることが多くて、光老化は気をつけなきゃだめだよとか、曇っている日でも紫外線は通しちゃうんだよとか、薄い白いTシャツも紫外線を通して日焼けちゃうから、爽やかでデニムとかと合うけど日焼け止めちゃんと塗ろうねとか、塗らないんだったら厚地の色の濃い服着ましょうね、とか。


↑小林先生のレクチャーが掲載された会報誌の「Miuex(ミュウ)」VOL.3


YAMAMOTO)ストッキング大丈夫かなとか思ってたけどダメなんですね…

内藤)そうだよ!日焼け止め塗らなきゃダメなんだよ。(笑)あとネイルサロンで爪にLEDライト当てるときも、爪以外のところは日焼け止めを塗らないとダメ、などの内容を前回の特集で小林先生のレクチャーとして取り上げています。冊子の最後の方にある「Doctor’s room」もこれまでは1号につき1人を取り上げていたところを各号2人ずつに変更しました。今は”仕事の流儀”というテーマで伺っていますね。

YAMAMOTO)会報誌やSNSでは、クリニックで販売しているコスメやサプリメントなどの商品についてキャンペーンとしてプレゼントすることも多いですよね。

内藤)そうそう。プレゼントキャンペーンは反響もすごく多くて。以前Instagramで実施した「ベイビー リップ プランパー R+」のキャンペーンの時が一番反響あったかな。クリアは透明だからデイリーで自分が使っているリップの上に塗ってグロスとして使えるし、寝る前に塗って次の日唇ぷっくりみたいな色んな使い方ができるからよかったのかなと。あっ告知してもいいですか!?(突然)

YAMAMOTO)ど、どうぞ!笑

内藤)twitterでマンガを始めました!聖心のマスコットキャラクター(?)聖心クリ子っていうグラマラスな栗がいるんですけど、、、彼女が登場しているマンガです(笑)美容医療を知らない方や、美容医療ってハードルが高い、、でも気になると感じている方、聖心を知らない方へぜひ読んでもらいたい漫画です。今後は、各院やドクターの紹介、施術内容などどんどん紹介していきます。コミカルな楽しいマンガに仕上がっていると思うので、ぜひ見ていただきたいです!

いろんな業務がある中でどの仕事も楽しいけど、フォロワー数の数字から効果を実感できるSNSは楽しいと感じる場面が多いですね。見ている人はこういうことに興味あるんだなとか、コスメやサプリのプレゼントキャンペーンの時には数字が顕著に出るのも面白いです。Twitterもこういう発信したらみんなに“いいね!”を押してもらえるな、これは微妙なんだとか。SNSってそれぞれ色があるから、Twitterはつぶやき続けることで、Instagramでは世界観や絵で見せる続けることで、今後も地道に聖心美容クリニックのファンを増やしていきたいと思っています。(聖心美容クリニック公式Twitter⇒@seishinbiyou Instagram⇒@seishinbiyou

YAMAMOTO)最近は新しくYouTubeでの動画配信も始められていますが、経緯をお伺いできますか?

内藤)最初はデカキンさんという大きい体のYouTuberの男性とコラボしたの。(【全身整形】貯金全額で痩せるために脂肪吸引してみた?!)社長と話をしていく中で、そういうこともやってみたらどう?と言われたことが動画企画のきっかけなんだけど。

私たちマーケティング部は”聖心美容クリニックの認知度を上げる”という最大の目的がある中で、以前認知度調査やデプスインタビューをやって、想定していたものよりも低いという結果が出たんです。「これはヤバい!」という気持ちと、こんなに美容医療と向き合ってちゃんとやっているのにもったいないよね、というのが当時思ったことで、ちゃんと認知度上げようというところから、SNSも始まり、その流れでYouTubeも出していこうみたいになりました。有名なYouTuberさんとコラボすれば露出が増える、見てくれる視聴者も多いから露出が増えて認知度が上がるんじゃないかっていうところで、最初はデカキンさんにお願いして伊藤院長とコラボしてもらったんです。その後はそわんわんさん(聞いて小顔注射うってきた)にも脂肪溶解注射を体験していただいたり、最近出演いただいた女性のYouTuberさんはお付き合いしている企業から豊胸したい女の子がYouTuberでいるんですが、どうですかとご紹介いただき、トライも含めて4話完結で出演していただきました。(まあちゃんねる:豊胸の道)やっぱり効果として見た方から多くの声をいただいていますね。

あともう一つ最近始めた仕事で美容整形アプリっていうのがあって、それも最近徐々にスタートしています。口コミアプリっていうのかな、一般のユーザーさんが整形とか美容医療受けたときに、ここのクリニックのこの先生良かったよとか、ダウンタイム直後や一か月たったらこんな感じになりましたといった内容を日記みたいに公開しているの。それを見ている人がすごく多くて、美容に興味がある人は周りの人がどんなのやっているかとか、どんなダウンタイムをどのクリニックのどの先生になったらどうなるのかっていうのをしっかりリサーチしているんですよね。最近はTwitterやInstagramなどで美容アカウントを出してる女の子たちもいっぱいいて、美容垢と呼ばれている女の子たちを中心に美容整形アプリもそういう情報交換の場になっていて、そこが今アツいです。

●メディクルードのいいね☆と思うところ

内藤)幅広い仕事に関われることがいいですね。印象に残っていることとして当院の鎌倉統括院長が公立大学法人横浜市立大学医学部の臨床教授に就任されたときのパーティーで部長と一緒に司会を務めさせていただいたことや、JASAS(日本美容外科学会)の学会運営を経験させていただいたことがあります。当時は大変でしたが、今ではいい経験になったな、と思っています。業務の中でもSNSや動画・CM制作など色んな新しい仕事に挑戦ができるところはいいところだなと感じています。後輩たちも新卒の採用活動に関わったりしていて、良い刺激になっていると思いますよ。

社内の雰囲気でいうと部署間の壁がないと思っていて、いつでも話せる空間があるのもいいですね。

特にマーケティング部はチームが2つあって、お互いに協力をしながら動いていかないと進まないことも多いので、みんなでやっていくことが大事かな、とはよく思います。

YAMAMOTO)そのコミュニケーション手段を図るのが毎週金曜開催のマーケランチですかね?(笑)

内藤)そうねぇ(笑)そうかも。デフォルトで入ってるからね。スケジュール見ると永遠に入ってるよ、あれ(笑)

井本)今のスケジュール登録システムだとそうなっちゃうよね(笑)

YAMAMOTO)中嶋さんにも言いましたが、いつか後ろからこっそりついていくのでよろしくお願いします(笑) 本日はありがとうございました!

内藤)ありがとうございました!




内藤さんありがとうございました!

来週からはまた別の部署にお話を伺っていきます(`・ω・´)

株式会社メディクルード's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more