This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

社員の健康と安全を守る在宅勤務体制!

GMOメイクショップ広報の戸恒です。

国内での新型コロナウィルス感染拡大を受け、イベントの中止要請や全国の小中高校へ臨時休校要請が出されるなど、多くの人との接触を避ける動きが強まっています。

弊社が属するGMOインターネットグループでは、日本国内での感染が確認され始めた当初から、いち早く在宅勤務体制への移行を発表しました。

今回は在宅勤務体制で感じたことや、業務の状況についてお伝えしたいと思います。


日頃の備えから在宅勤務をスピード決定

まず在宅勤務体制スタートから現在までの状況を簡単に整理しますと、2020年1月26日、GMOインターネットグループより新型コロナウィルスの感染拡大に備え在宅勤務体制へ移行する旨のプレスリリースが配信されました。弊社でも発表の翌日、1月27日より在宅勤務体制を開始。感染リスクを回避するため、メンバーは自家用車やタクシーを利用し人混みを避けた上でパソコンなど業務に必要なものをオフィスまで取りに行き、帰宅後から在宅勤務が続いています。

在宅勤務体制が発表されたタイミングでは、まだ国内での感染例も数件という段階でした。最初は正直驚きましたし、「大丈夫かな?」と不安な部分もありました。しかし始まってみると、思った以上にスムーズに業務を進めることができています。

というのも、GMOインターネットグループでは東日本大震災の発生以降、BCP(事業継続計画)の構築に積極的に取り組み、全パートナー一斉の在宅勤務訓練を毎年定期的に実施していました。日頃からグループ全体で緊急時に速やかに対応できる体制を整えていたこともあり、早い段階で在宅勤務体制へ踏み切る判断がくだされたのです。

また弊社では、グループ全体の在宅勤務訓練に加えて、弊社独自に在宅勤務訓練日を設けていました。さらに、台風などの自然災害が発生した際にも、直ちに在宅勤務への切り替えを実施していた経験もあり、発表の翌日からでもスムーズに体制の移行ができ、通常時に近いかたちで業務を進めることができています。


在宅勤務体制によるサービスの提供や業績への影響は?

ECプラットフォーム事業を主軸にEC支援をおこなっている弊社、こんなタイミングだからこそ、外出を控えネットショップでお買い物をする方も多くいらっしゃるかと思います。在宅勤務だからと言ってサービスの提供を止めるわけにはいきません。

在宅勤務体制によるサービスの提供や売上への影響は、実際どうなのか?といいますと...

弊社では、ショップ運営時のご不明点やお悩みを解決するためカスタマーサポート部門を設けていますが、カスタマーサポートの対応率も通常どおり保つことができています。電話をいただいたショップ様からも「在宅で対応していたこと、全然気が付きませんでした。すごいですね」といったお褒めの言葉や、在宅勤務体制への移行について共感の声をいただいております。

また、業績についても在宅勤務だからといって落ちることはなく、プラスで進捗しています!


在宅勤務時の工夫

在宅勤務体制の長期化により、社内でもさまざまな取り組みがおこなわれています。

テレワークはコミュニケーションが希薄になりがちですが、チーム内ではコミュニケーションを図るため、毎朝Zoomというビデオ会議ツールを使って朝礼を実施しています。全社でも、週1回の朝礼や、4半期に1度会社の業績や目標などを共有する全体MTGをZoomでおこないました。画面越しでも顔を合わせることで、話の内容が伝わりやすくなりますし、相手の反応を見ることができるため、安心感があります。

在宅勤務時の不安解消に向けては、総務チームが質問・依頼フォームを作って手軽に問い合わせできるようにしたり、自宅の業務環境についてアンケートをとり不足備品の送付を検討するなど、対応を進めています。

また、在宅で便利なツールや困ったときの対処法などを日報やチャットで発信してくれるメンバーもおり、それぞれが業務効率を上げられるよう工夫して在宅勤務にあたっていることも感じられます。


やむを得ない出社時の対応は?

やむを得ず出社をする場合も、会社指定の防護マスクを着用し、時差通勤で人混みを避けるなど感染リスクの回避をおこなっています。

手洗い、うがい、殺菌消毒や、入室前の検温などに加え、ランチの外出による感染を避けるため、会社のカフェスペースで無料配布されるお弁当をデスクで食べるようにしています。

本社がある渋谷は人が多く集まる場所ですので、少しでも人との接触による感染リスクを減らすため、会社がこういった対応をとってくれるのは、とてもありがたいことだと思います。


お客様を守る対応

弊社のサービスをご利用いただくお客様に対しても、できる限り感染リスクを抑えられるよう、人が多く集まる対面でのイベントやセミナーを中止し、WEBセミナー形式へ変更するなどの対応をとらせていただいております。昨日開催したWEBセミナーにも、多くの方にご参加いただくことができました!

通常とは異なる環境から、ご不便をおかけしている点もあるかと思いますが、お客様の健康と安全を第一に考え、今後の対応についても検討を進めさせていただきたいと思います。


まとめ

当初は2週間の予定だった在宅勤務体制も、スタートから1ヶ月以上が経過しました。今でこそ在宅勤務体制をとる会社が増えてきていますが、どこよりも早くグループパートナー4000名の在宅勤務判断をくだし、大きな問題もなく1ヶ月以上も体制を継続させているGMOインタネットグループの対応力、また社員やその家族を守り、かつ事業を継続させるための本気度に、この1ヶ月間グループ内の人間でありながらも「すごい」と感じることばかりでした。

日に日に国内での新型コロナウイルス感染者数は増加し、感染リスクへの不安を抱えている方が多くいらっしゃいます。新型コロナウイルス感染症の1日も早い収束をお祈りするとともに、GMOインターネットグループの一員として、できることから進めていくべきだと感じております。

GMOメイクショップ株式会社's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings