This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

アイデアを生みだすメイクショップの座談会をご紹介!

こんにちは、GMOメイクショップ広報の戸恒です!

今回は、先日開催された座談会についてご紹介いたします。


弊社代表の向畑は、情報収集やノウハウ共有などを目的に、EC業界をはじめさまざまな知見を持った方々との座談会をプロジェクトオフィス「ATLANTIS」で不定期開催しています。

テーマや参加者はその時々で異なりますが、先日の座談会では向畑に加え3名の濃いメンバーが参加。「ニューリテール時代に提供できるソリューション」をテーマに、意見交換をしました!

【参加メンバー】

■桑山 礎 氏: データ分析ビジネスの経験をもとに、ECサイト向け購買行動 解析・販促サービスを運営するEmotion Intelligenceを設立し売却。 2018年よりMITメディアラボにて研究をスタート
■逸見 光次郎 氏: セブンネットショッピング・アマゾンジャパン・イオン・カメラのキタムラ・ローソン・千趣会など、 数々の企業のECやマーケティングに携わってきた経験を持ち、2018年より弊社のオムニチャネルスーパーバイザーに就任。
■山内 学 :サーバーホスティング会社、ベンチャー企業の技術担当役員などを経て、ECサイト向け検索・レコメンド事業をおこなうコトハコを設立し売却。 2018年次世代コマース事業責任者としてメイクショップに入社。


ネットショップと実店舗を運営している事業者の間では、以前より、あらゆる販売チャネルをシームレスにつなぐオムニチャネル戦略が進められるようになってきました。

そこからさらに踏み込んで、「オンラインとオフライン、物流に至るまで、データやテクノロジーなどのすべてを統合して小売りに活用する」というのが、ニューリテール戦略です。

そんなニューリテール戦略が求められるようになってきた時代において、ECプラットフォーム事業やマーケティング支援事業などを展開しているメイクショップが提供すべきソリューションとは何なのか?


参加者それぞれのネットワークから収集してきた情報や、事例の共有、そこから発展したアイデアが飛び交います。

具体的な企業名やサービス名が挙げられることもあり、残念ながらここでは細かくお伝えできないのですが、今回は『モーメントを捉えてLTVを伸ばす』というキーワードが度々発言されていました。



このような座談会や、社内ミーティングで生まれたちょっとしたアイデアも大切にして、EC業界、そして商取引全般の活性化につなげるため取り組んでいるのがメイクショップの特徴です!


ご興味お持ちいただけた方は、ぜひご連絡ください。

GMOメイクショップ株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more