1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

事業全体を見通したマーケティングをインハウスで。医療課題の解決に取り組むエムスリーキャリアのWebディレクター

エムスリーキャリアでは2009年の創業以来、マーケティング業務は全てインハウスで行っています。自社メディアの改善で集客力を向上させるだけでなく、営業プロセスも踏まえた改善を行うため、特に集客の面において独自の専門性やノウハウを蓄積してきました。

現在当社では、医療業界への貢献度をさらに高めるために、既存サービスのUI・UX改善や新規サービスの開発などが課題となっています。しかしながら、現状のメンバーには集客施策を幅広く経験したメンバーは多い一方で、Webサイトやアプリのディレクションをメインに経験してきたメンバーは多くないため、Webディレクターの採用に力を入れています。

今回の記事ではWebディレクターの方に向けて、エムスリーキャリアにはどんな業務があり、どんな組織体制やカルチャーの中で仕事ができるのかをご紹介します。

エムスリーキャリアでWebディレクターとして働く醍醐味

当社は国内医師の9割以上、薬剤師の6割以上を会員にもつm3.com(エムスリードットコム)を活用し、創業から4年目で、医師・薬剤師の人材紹介領域にて業界No.1になることができました。

当社には、現時点で16以上のWebサイトや医療機関向けに新規開発中のSaaSなどがあり、様々なサイト改善施策や新機能の追加、ゼロからのサービスデザインにまで携われる機会が多くあります。

これまで医師や薬剤師を中心とした多くの医療従事者の方にサービスを利用いただいてきましたが、ユーザーがより使いやすいと思うサービスにするために、UI・UXの面で改善できる点はまだまだあると考えています。Webディレクター候補の方には、これらの改善を主導していただくことを期待しています。


当社が事業を行う医療業界は、近年注目されている領域の一つでもあります。親会社であるエムスリーの時価総額は7兆円を突破し(2021年1月8日時点)、ヤフーや楽天などの日本を代表する有名ネット企業の時価総額を上回ったと報道されるようになりました。事業内容も、業界最大級の情報プラットフォームと世界水準のテクノロジーを駆使し、治験やオンライン診療、AIによる画像診断支援など、様々な領域に広がっています。

その中で私たち「エムスリーキャリア」は、エムスリーグループの1社として、医療の人や組織の課題解決を目指したサービスを提供しています。これは「キャリアソリューション」として、エムスリーグループ全体のコア事業の一つに位置づけられるほど、大きなインパクトを持つ領域です。

このような環境の中で、UI・UXの開発や改善を主導し、自分の考えたサービスや機能を世に出せるところが、当社のWebディレクターの大きな魅力の一つだと考えています。

マーケティンググループの組織体制

当社のWebディレクターは、マーケティンググループに所属し、プロジェクトごとに事業責任者やエンジニアとチームを組んで業務を行っています。

※人数は2021年1月時点。医師キャリア事業部の例

担当サービスの「想定受注額(登録顧客の数や属性などから導かれる売上予測)」を最大化することを目標に、施策の検討、実行、改善まで主導するのが役割です。

その中でサービス責任者視点の意思決定を何度も行うため、 事業開発ポジションへのステップアップにつながる経験を積むことが可能です。

施策を検討する際には、事業部長と直接ディスカッションをすることもあります。目的や課題を直接すり合わせられるだけでなく、自分に足りていなかった視点を補ったり、より高い視座から物事を考えるきっかけになったりするため、多くのメンバーにとっての成長機会となっています。

具体的にどんな施策を行うかを決める判断基準は費用対効果(ROI)です。エムスリーのカルチャーである精緻な利益予測/工数見積を当社でも行っており、メンバー それぞれが施策の企画からROIの試算までを担っています。

当社ではこれらの経験を通して、事業における投資判断能力を高めることができます。「誰が言ったかでなく、何を言ったか」を重視する考え方が浸透しているため、役職や立場、経験年数に関係なく、目的に合った施策の提案や実行が可能です。

こうしたカルチャー・環境があることから、Webディレクターや集客担当として入社し、実際に事業責任者にステップアップした事例が複数あります。

費用対効果の算出やサービスの意思決定に関与するのは大変なことでもありますが、サービスの重要部分に携わり、自ら事業をリードする経験がしたい方にとっては、チャレンジングでやりがいが感じられる環境です。

事例から見るマーケティンググループのカルチャー

当社のマーケティンググループは、一人ひとりが軸となる専門分野を持ちながら、それ以外の領域にも役割を広げることができます。

Webディレクターであれば、担当サービスのサイト改善をメインにしながらも、CRMやインターネット広告の運用などに業務を広げ、ゆくゆくはサービス全体のマーケティングを統括するといったイメージです。

一人ひとりのチャレンジを促すため、日々の1on1でやりたいことを確認したり、好事例については全社表彰を行ったりといった地道な取り組みも行っています。エムスリーキャリアの人材理念、行動規範を体現し、高い成果を上げたメンバーを半期ごとに表彰することは、特に力を入れている取り組みのひとつです。

マーケティンググループメンバーの受賞は、自身が専門としていない領域を自ら学んでチャレンジした事例が多くなっています。

グループ全体としてはロジカルに意思決定する冷静さと、「自分で考える/自分で成長しにいく/仲間に関心を持ち助け合って仕事をする」といった行動規範を両立しているメンバーが多い傾向にあります。

特定の領域に縛られることなく、事業成長のためにできることはなんでもやってみたいと考えるタイプの方にマッチする環境ではないかと思います。

最後に

これまで当社のWebディレクターの業務について書いてきましたが、医療は本当に多くの課題を抱えている業界の一つです。

日本は2025年に国民の4人に1人が75歳以上という超高齢社会に突入し、ますます医療需要が高まることが予想されています。それにもかかわらず、既に医師をはじめとする医療人材の不足や偏在で現場が疲弊し、救急車のたらい回しや過重労働といった多くの社会問題が起きています。

様々な医療課題の中でも、人材の供給や組織に関する課題解決は社会へのインパクトが最も大きい領域の一つです。決して簡単ではありませんが、私たちエムスリーキャリアは少しでも医療業界に貢献するために、日々新たなサービス開発に取り組んでいます。

当社環境に興味関心をお持ちいただけましたら、ぜひこちらからエントリーください。


17 Likes
17 Likes

Weekly ranking

Show other rankings