This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

医療を表す白を基調としたエムスリーの会社入り口です
アウトプットを最大化する環境を目指します
エムスリーは医療従事者向けのプラットフォームとして、現在20以上の事業を展開し、医療を前進させるために様々な取り組みを行っています。 国内27万人の医師(日本の医師の9割以上)に適切な情報を配信し、1億3千万人以上の患者さんに貢献し続ける事を目指しています。 また世界では450万人以上の医師会員がおり、既存事業の拡大に加えて新規事業やグローバル展開も積極的に進めています。その結果として創業以来増収増益を続けており、今後も更に拡大し増え続ける医療ニーズに答えられるようにしたいと考えています。 【 国内医師向けの主なサービス 】  『m3.com』 医療従事者向けプラットフォーム、医師に必要な最新情報が集まる場所  『Doctors Community』 医師間で意見を交わせる掲示板  『m3.com カンファレンス』 臨床に特化したQ&A  『MR君』 医療従事者を対象としたマーケティング支援サービス  『m3.com CAREER』 医師専門求人情報 【一般コンシューマ向けの主なサービス】  『AskDoctors』 一般の方と医師を繋いだQ&Aサービス 【新規サービス事例】 『メディカルコントリビュータ』日本全国の医療従事者をクラウドソーシングでつなぐサービス 『メンバーズメディア』エムスリー会員が記事や体験談を投稿してもらい公開・配信 『エムスリーデジカル』SPAやAI等の最新のテクノロジーを駆使したクラウド電子カルテ 【 海外医師向けの主なサービス 】  アメリカ『MDLinx』  イギリス『Doctors.net.uk』  中国  『医脈通』  韓国  『Medigate.net』

Why we do

m3.comは医師に必要な最新情報が集まるプラットフォームです
医療を前進させるため様々な取り組みを行っています
「インターネットを活用して、健康で楽しく長生きする人を一人でも増やし、不必要な医療コストを1円でも減らすこと」 これが私たちのミッションです。 国民の高齢化につれ、日本の医療費が約40兆円(日本のGDPの10%)に上ります(周辺まで含めると50兆)。この膨大な医療ニーズに答えるための医師は日本に約30万人しかいません。医療の効率化はまさに待ったなしの状況です。海外各国に目を転じてみても、日本と同様あるいはより困難な問題に直面しています。 世界中の医療現場で日々努力を尽くしている医師・薬剤師・看護師等、医療従事者の力になり、一人でも多くの患者さんの健康に貢献すべく行動しています。 私たちは医療従事者や患者さんが本当に必要としているものに対して、最新のテクノロジーを適応させることで医療を前進することを目指します。

How we do

正しい理論が通るフラットな組織です
勉強会、輪読会などを定期的に開催しており、勉強熱心なエンジニアが集まっています
エンジニアリンググループには現在14の公式チーム(8の事業チーム+6の横断チーム)の他、4つのフィジビリ中のチーム、2つの組織運営のためのチームが存在します。 65名(2018年12月時点)のエンジニアでこれらのチームを運営しています。 各サービスを作っているチームメンバ(エンジニア、プロダクトマネージャ、QA、デザイナー)を合計すると100名程ですが、ベンチャー的な機動性を持って活動できるよう各チームを10名前後の規模に構成しています。 各サービスの継続的な改善、技術の進化も大事に考えています。ウェブシステムの構築にはKotlin or Java / Spring Boot、Scala / Play2、Ruby / Ruby on Rails、Elixir / Phoenix等、その時点でモダンなフレームワークを使います。言語・アーキテクチャの適正・合理性や、本番稼動中の最重要システムへの適用まで含めて、各チームで責任をもって判断しています。 中核技術に関しては、スポンサーを通じたコミュニティー支援も継続して行っています。また社内でのDevOpsの促進等、常により良い技術の促進もはかっていきます。 エンジニアを採用する際に、重視している点は以下の通りです。  1. 技術が本当に好きであることと  2. 新規技術への好奇心が旺盛であること  3. 課題解決をやり抜く力があること エンジニアリンググループはプログラミングや新規技術が好きな人の集まっていますので、日々同僚より学ぶことができます。 エンジニア組織のマネージメント・評価もエンジニアが行っており、エンジニアの心を理解したグループの運営を心がけています。また各エンジニアのwillを考慮したプロジェクトアサインやチーム編成(異動)も行っており、各自の成長支援とアウトプットの最大化を目指します。

Page top icon