1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

マーケティングとは何でしょうか? 平たく言えば「モノを売るための施策」です。 お客様が本当に求める商品やサービスが何かを知り、お客様が欲しい時に欲しい情報を絶好のタイミングで提供する。それがマーケティングの理想像です。 今までそうしたお客様にまつわる情報は、セールスマンの経験値や過去の断片的なマーケティングデータなどに頼らざるを得ませんでした。 ルシダスでは、マーケティングオートメーション(MA)ツール等の最新ツールを活用しながら、これらの情報を「見える化」するお手伝いをしています。

Why we do

私たちが、MAツールを活用したデジタルマーケティングに注力する理由のひとつは、時代の流れとして「企業がデジタルトランスフォーメーションを実現するニーズが高まっている」からです。これまで、数多くのクライアントの課題を解決してきましたが、クライアントからは以下のような評価の声をたくさんいただいています。 「具体的な数字が見えて、経営にアピールしやすくなった」 「チャネルをまたいだマーケティングがやりやすくなった」  etc. ルシダスでは、肌感覚や勘ではなく、具体的な数値に基づいた計画や予測、施策実施、効果検証、そして改善を行っています。これまで曖昧だったマーケティング効果を見える化し、経営戦略の重要な柱として、企業の成長に貢献していくことを目指しています。 科学と数字に裏付けられたマーケティング提案を通じて、クライアントの成長をお手伝いすること――これこそが、創業以来変わらない私たちの目標です。

How we do

株式会社ルシダスでは、企業が製品やサービスを売るために必要なコミュニケーションと、数値に基づいた具体的な収益プラン作りを支援しています。 リードジェネレーション(集客施策)、リードナーチャリング(見込客育成)、販売または営業送客、そしてその先のクロスセル(関連商材販売)やアップセル(上位製品への買い替え)まで、企業と顧客の出会いから継続的な関係構築までを意識した戦略が重要となります。 肌感覚や勘ではなく、具体的な数値に基づいた計画や予測、施策実施、効果検証、そして改善を通じて、マーケティング予算と事業収益の関係性を可視化することに重点を置いています。