This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

期待の新星!19卒クルーがLOGZを選んだわけーーー

今年度から新卒採用を始め、2人の新星が入社しました。

売り手市場と言われる今、あえてLOGZを選んだ理由はいかにーーー

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

圧倒的に成長できる場所はここだと思ったーーー

古徳:じゃあまずは、簡単に自己紹介とやってることをお願いします!

真仁田:真仁田護、19年新卒です。大学では畜産系で、動物福祉の勉強をしてました。現在は、支援員として利用者のキャリアアドバイスなどの活動をしてます。

星野:同じく19年新卒の星野一徳です。大学では、文学部で社会学を勉強していました。今は、川崎事業所で管理者を任されていて、売り上げなどの数字の管理から利用者の支援など、事業所に必要な要素を全てやっています!

古徳:2人とも真面目さが出てるね(笑)まあ19卒は「真面目」をターゲットにしてたからね。

じゃあ、早速ありきたりな質問するけど、何でLOGZに入ったの?入社理由みたいな教えてよ。

真仁田:就活では、ベンチャーで、社会問題とか困ってる人のために働ける会社を中心に見ていて…

古徳:何でベンチャー?

真仁田:自分のやってる仕事の影響が目に見えるのがいいんですよね。ゆくゆくは独立したいと思ってるから、自分で事業立ち上げるくらいの力をつけたかったんですよね。

あとは単純に、堅苦しいの好きじゃないから、ベンチャーって自由でいいのかなって。

他もスタートアップや少数精鋭の企業を中心に色々見てたんですけど、インターン初日に、古徳さんに自分の考えを提案したらすぐに返事をくれたのが、自分にはすごく新鮮で、その瞬間にここに決めました。

星野:わかる、わかる(笑)僕も色々な企業を見てたけど、ここが一番成長できそうだなって思って決めた!

元々大腸の難病を持ってて将来について悩んでたんですけど、結局同じように障がいで悩んでる人の就労をサポートしたいと思うようになって就労支援してるとことを見てました。

そんな中、ツイッターで古徳さんからフォローされて、誰やねんとか思いながら調べてみたら就労やっていて(笑)

ビジョンとかやってることに共感できたから話聞いてみたら、圧倒的に成長できる場所はここだと思ったんですよね。


責任は伴う、だからこそ達成の喜びを味わえるーーー

古徳:就活生みんな言うけど、成長できるって何?そう思うきっかけとか感じる部分ってあるの?

星野:真仁田も言ってたけど、何でも全部任せてくれるっていうところですかね。

古徳:他は任せてもらえないの?!

任せてもらえない環境にいたことがないからその感覚がよくわからないけど、

入社して色々任せてもらって実際どう感じてる??

真仁田:全てを丸々任せられると、できない部分ややったことない部分があって、最初はもちろん出来ないんですけど、それを達成すると、すごくやりがいを感じます!

具体的には、他の事業所を利用しようか迷ってる人がいるときに、考え抜いて、最終的にはうちの事業所に決定してもらったことがあるんですよね。

その時は、彼について一日中考えていました。本当は彼は何を考えているのか、どういう人で、うちに来たら彼はどのようなキャリアを歩めるのか、とか。それをどう伝えれば彼に響いて、他社ではなくうちを利用してもらえるのか、ずっと考えてました。ヒヤリングした後に、彼が本当になりたい姿ややりたい事を想像して、うちに入ったら得られる職やできる学習を提案し続けた結果、最終的にはうちを選んでもらいました。

それが達成できた時は本当に嬉しくて、もっともっと多くのことを達成したいと思うようになりました!

古徳:以前の真仁田に足りないものって何だったの?

真仁田:「疑う力」ですかね。以前だったら、聞いたものを表面的に捉えてそのまま受け止めるだけだったけど、入社してからは本当にそうなのかを一回立ち止まって考えられるようになりました。現状ある事実から、もしかしたらもっと出来るのではないかと考えられるようになったのは成長かなあと思います。

古徳:へえ〜、確かに初めて会った6ヶ月前よりたくましくなったよね。

その能力を身につけるために何をしてたの?

真仁田:とにかく行動しました!プログラミングのRubyとかRailsとか、利用者さんが学習することを実際に自分も一通り学習しましたね。ITリテラシーの勉強はめちゃめちゃしましたよ。あとは、営業でクリニックの先生に話を伺ったり。

で、実際に利用者さんががデザインやプログラミングなどのITでどんな仕事ができるのかを体感しました!

古徳:なるほどね。確かに、相手のハートを掴む上で自分も同じ経験をするっていうのは大事だよね。

星野は任せてもらってどうだった?

星野:いや〜、まずは本当に任せられるんだ驚きました(笑)

入社してすぐに事業所の新規立ち上げの一切を任されたから、収支計画立てたり、採用活動したり、本当に全部やるんだなって思いました。今までエクセルで表すら作ったことなかったし、売り上げなどの数字を意識することなんてなかったから、最初はすごく大変でしたね。

古徳:まあ、確かに普通に学生生活送ってたら採用とかしないかもね。

新規拠点の立ち上げを完全に任されて大変だったことは?

星野:多くのことを考えなければいけないし、ここがポシャったらどうしようという恐怖は毎日ありましたね(笑)夜寝る前に仕事スイッチ入って、明日はどうしようとか考え始めるのはしょっちゅうでした。特に、事業所立ち上げに必ず必要な有資格者の採用が上手くいかなくて、、、。

ただ、過去の自分だったら、特に目標を定めて生きることがなかったから、いつもちょうど良く楽なところでこんなもんかと妥協していたけれど、ここに来て数字と向き合うようになって、立てた目標は達成しなきゃと思うようになりました。

大きな事業を丸々任せされるから、責任は伴うけれど、だからこそ達成したときの喜びはこの上ないですね。

古徳:まあね。

今までいいところをいっぱい言ってもらったけど、みんなが気になるところは闇の部分でしょ(笑)何かないの?

星野とかあるんじゃない??

星野:いやあ、それ聞いちゃいます?

一番きつかったことでいうと、メンバーのマネジメントが、、、

古徳:というと????

星野:新点を一緒に立ち上げてたメンバーが他に2人いたのに、いつの間にかどっか行っちゃったんですよね(笑)入社1日目に事業所行ったら誰もいないみたいな(笑)立ち上げで大変なことは色々あったけど、その時は流石にやばいなって思いました(笑)

古徳:ベンチャーは上手くいかないことがあると秒で人が辞めるからね。

星野:まあ、僕はだからこそ急激に強くなったみたいなところありますけどね。



「とにかく達成」それに尽きるーーー

古徳:ズバリ、今年の目標は?

真仁田:とにかく達成にこだわりたいです!目標を決めて達成した時の嬉しさを一回味わってしまったら、もう抜け出せないですよ。早くまたあの喜びを味わいたいです。

星野:川崎の事業所が立ち上げたばかりだから、「就労移行と言ったら川崎でしょ」と言ってもらえるようになりたいです!川崎は激戦区なので大変なんですけど、決めたからには絶対に達成します!そのために、とにかく目の前のことを全力でやるのみですね!

古徳:いいね、期待してるよ!

じゃあ最後に就活生に一言、お願いします!

真仁田:自己分析はしっかりした方がいい!

自分も何をしたいのかわからなくて、4年の12月になって就活を始めたんですけど、自己分析をしっかりしたら自分が何をやりたいのかが見えて来たんですよね。そうなったらあとはマッチングだから、色んな企業の人に会ってみることですね。

それから、仕事は思ってたより楽しいです!営業とか福祉とか、やったことないことばかりで大変なことは多いけど、出来なかったことが出来るようになることは想像以上に楽しいです!

星野:悔いなく就活してほしいです。

妥協して就活を終わらせた大学の同期は、入社3ヶ月目なのにもう仕事辞めたいと言っていて、そういうの見てると、たとえ就活が長引いて辛くても、悔いがなく就職先を選ぶって本当に大事だなあと思います。社外の友達と飲んでると、本当に自分がしたいことは何か、どうなりたいかを考え抜いた人はすごく仕事が楽しそう!逆に、途中で諦めたり、妥協した人は仕事に対する愚痴が多いなあと思います。自分についてこんなに考える期間はもう無いと思うので、是非最後まで考え抜いて、納得のいく形で社会人になってください!

—————————————

とにかく達成にこだわる2人の新人クルー。

今後の成長が楽しみです☆

LOGZ GROUP株式会社's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings