1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

ワンルームでの同居生活が東京でのスタートだった。小売事業者の救世主になれればと、起業したあの日。

ワンルームでの同居生活が東京でのスタートだった。

「福岡で代表の長浜と創業し、東京に出てきたのは2017年8月のこと。最初の3ヶ月間は長浜と一緒にワンルームマンションで生活しながらのスタートでした。」

こう語るのはニューレボのCo-Fouder(共同創業者)であり、現在はインサイドセールスやカスタマーサポートを統括するセールスマネージャーの久野裕司さん(26歳)だ。

「当時すでに結婚しており、妻と子供を福岡に残して東京へ出ることになりましたが、この起業を誰よりも理解してくれたのは妻でした。」

「代表の長浜との同居生活では、少ない運用資金を節約するために食事はもちろん自炊です。(笑)カレーや丼もの・炒め物などを交代で作っていました。そのお陰が料理の腕はかなりのレベルに上がりましたね。悩みは、洗い物を全くしない長浜に手を焼いたことでしょうか(笑)」

起業という道を選んだきっかけは、代表長浜の根拠のない自信に魅力を感じたから(笑)

「長浜とは福岡大学時代からの付き合いですが、以前から彼は本当に根拠のない自信がありますね(笑)いつも後先考えず先頭で突っ走っていく、突撃タイプですね(笑)そんな長浜を見ていたので、いつかは何かを一緒にやりたいと思うようになりました。起業してプロダクトを作ろうとしていたのですが、私たちはプログラミングに関しては全く知識がなく、この事業を立ち上げるために3ヶ月ほどプログラミングスクールに通いました。こうして在庫管理ソフト『ロジクラ』の原型を長浜と2人で作り上げました。」

苦悩もあったが、資金調達にも成功し、ようやく顧客サポートができるオフィス環境を手に入れた。

「その後は、出資を受けたベンチャーキャピタルの代官山オフィスを間借りして仕事をする日々を送りました。このオフィスは共有の場であるだけに静かで、自由に電話ができる状態ではなく、仕事上電話やビデオ通話などが必要な私たちにとっては厳しい環境でしたね。

東京に来て半年後、資金も底を尽くなど苦しい期間もありましたが、新しいベンチャーキャピタルであるジェネシア・ベンチャーズさんからの投資を受け、2018年6月に本社を青山(表参道駅付近)へ移転。ようやく安心して顧客サポートができる場所を手に入れることが出来ました。」と、久野さん。

「β版までは私と長浜で無料で使える在庫管理ソフト『ロジクラ』の開発を進めていましたが、以前から知り合いであるエンジニアの榊間が参画したことで、正式版の早期リリースを実現できました。EC事業者が利用する在庫管理ソフトでは、iPhoneを使って作業をができる簡易的なシステムがなかったことや、過剰在庫を減らし企業の成長を支援するという私たちのユニークなビジネスモデルにも共感頂き、資金調達に成功することが出来たと思います。」

スマホで使える無料の在庫管理ソフトが大評判に。今では毎月700社以上の法人企業が登録するまでに成長した。

「その後、エンジニアの榊間に加えて、2人目のエンジニア(高梨さん)の活躍もあり、2018年11月に正式版をリリースすることになりました。この正式版リリースに伴いお客様が一気に増加。現段階ではすでに導入企業は5,000社を超え、毎月700社の勢いでユーザー企業様が増え続けています。ここまで反響を呼んだのは、ひとえにロジクラの手軽さや競合商品に不満があったこと、加えて初期費用が無料で導入コストを大幅に削減できるという大きなメリットがあったからだと思います。当時も今も、スマホひとつで手軽に在庫管理ができるシステムは少なく、商品バーコードをスキャンするだけで入出荷や棚卸まで出来てしまうというシンプルさが、煩雑な業務を嫌うEC業界の皆さんに歓迎されたと思います。」

今後必要となってくる人材や、オフィス環境とは。

「提供しているのが企業向け業務管理ソフトということで、カスタマーサポートがこのビジネスのキーになっています。私自身もカスタマーサポート業務を行っており、今後はこれまで蓄積したナレッジを元に組織を創っていきたいと思います。

会社の人員が増え事業規模も拡大していくとなると、いずれは現在のオフィスも手狭になってきますので引っ越しの検討も始めています。そして移転先を検討するなか、最近は代々木界隈に魅力を感じるようになりました。新宿へも徒歩圏で複数の電車が走っており、学生街ということで物価も低め……素敵なロケーションだと思いませんか?(笑)

まだまだ創業して間もないスタートアップ企業ですが、業界でもNo.1の成長率で伸びているサービスのカスタマーサポートができるというのは非常に魅力的だと思います。これから組織が大きくなる段階で、初期メンバーに近いポジションで参画頂ける人に是非とも入社頂きたいと思っています。」

プロフィール

株式会社ニューレボ
Co-Founder 兼 セールスマネジャー
久野裕司

2016年8月、ニューレボ経営に専念するために大学を自主中退。創業と同時に一児のパパとなり、仕事と家庭を両立するようになる。プログラミングの知識も全くない状態で一からプログラミングを学習。現在はセールスやカスタマーサポート、チームのマネジメントまであらゆる業務を担当。カスタマーサクセスの重要性を痛感し、ユーザーの課題解決に日々伴走中。直近のテーマはインサイドセールスとカスタマーサポートのチーム構築。

個人的な夢は、一度で良いので「宇宙から丸い地球」を眺めることだという。

株式会社ロジクラ's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings