This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

アート作品のオークションマーケットプレイス ArtBridge
現代アートを中心に多彩な作家、多様なジャンルの作品が登録されています。
大きく二つのサービスを展開しております。ひとつめは自社サービスとして、新規事業の開発・運営。ふたつめは、新規事業を中心としたWEB/スマホアプリの開発を中心としたソフトウェア・ソリューション事業です。 自社サービスとしては現代アートに特化した作品ポートフォリオサービス「ArtBridge(アートブリッジ)」の開発と運営を行っています。 - Art Bridgeについて - 現代アート作家さん向けに、自由に編集できるポートフォリオを元に詳しいプロフィールを知る、好きな作家の作品をオークション形式で購入できるサービスを提供しています。 また、公募展の主催を通して、リアルな場所での展覧会。作家とアート好きな方との交流会等のイベントを開催しています。 ソフトウェア開発のソリューションにも力を入れており、年々実績を伸ばしております。 自社サービス、クライアントワークいずれにしても、私達が強みとしているのは、スタートアップ/ベンチャー企業の新規サービス・新規開発に特化した開発を行っている事です。新規サービスやベンチャーのスタートアップでしか経験出来ない、スピード感と最新技術を実感できます。またクライアントの様々なビジネスモデルを体感でき、開発メンバーとしてジョイン出来る事がエンジニア並びスタッフの成長に直結する事も魅力の一つです。

Why we do

移転したばかりの新オフィスです!
移転前のオフィスで最後に撮った記念撮影です。
クリエティブな方の発想や作品は、 見る人にインパクトやインスピレーションを与え、新しい発想を増幅し、社会を変える力になっていくと信じています。 作家個人のアイデンティティーをうまく生かす場所はもっとあっていいはずです。 日本人は作品を買わないから市場としては小さい。市場価値が不透明だ。ということを言われます。ただ、作品を提供する側。作家さんの数は膨大で、ハンドメイド品や趣味での活動を含めると、一説には10人に1人は何かを作っていると言われています。また、地域創生としてのアートプロジェクトは大流行しています。  ご存知のように音楽の分野で言えば、クラウドを介して作曲した作品を自由に広めたり、売買する仕組みがあります。エンジニアの世界で言えば、クラウドファンディングを利用することでオープンソースのソフトウェア開発にフルコミットする方や、フリーランス向けや副業希望の方へ向けた、お仕事紹介のサービスがあり、フリーランスとして独り立ちすることはそれほど難しいことではありません。 アートに関しても、同じような仕組みがあっても良いはずです。私達は、この領域を新しいチャンスと捉え、アート作家さんの創作活動の一つの選択肢としてサービスを立ち上げました。 日本だけでなく世界ではデジタル化が進み、新たなサービスや価値の提供に成功した企業が市場を席巻しています。デジタル化、IoT、AIの進化が世界に与えるインパクトは計り知れないほど大きなものとなっております。ITの進化をキャッチアップ出来るか能力が、企業成長のポテンシャルを計る物差しになり始めています。 「作りたいものを作る。興味があることにとことんチャレンジする。」 私たちはこのビジョンを掲げ、常に新しいテクノロジーを追求し開発業務を行っております。古い慣習を捨て、新たな技術やビジネスモデルに挑戦的に取り組んでいく姿勢で開発業務に携わってまいります。

How we do

とある日
集合写真。風通しの良いフラットな社風です。
2018年11月、事務所を移転し心機一転新しい環境で業務を開始しました。アットホームな雰囲気で、ストレスを感じることなく、集中して作業に打ち込むことができます。私服勤務もOK、自由なワークスタイルを実現しております。

Page top icon