1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

「オリンピックレガシーってよく聞きますよね」

1月22日に京橋トラストタワーで開催された

「オリンピック・レガシーに関するラウンドテーブル」の取材に行ってきました!

登壇者は

松下直樹氏 株式会社アシックス グローバルスポーツマーケティング統括部長兼スポーツマーケティング

高橋オリバー氏 日本コカ・コーラ株式会社 TOKYO2020 ジェネラル・マネージャー

石川貴規氏 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 アクション&レガシー部長

真田久教授 筑波大学/TIAS アカデミー長

高橋義雄准教授 筑波大学

の5名。


オリンピック憲章には2002年からもりこまれている

「レガシー(legacy)」という単語ですが、「サステイナビリティ(sustainability)」と共に

現代のオリンピックを考える上で重要な単語になっています。


レガシーと聞くとやはり競技場の跡地が、、、とか想像してしまいがちなのですが

今回印象的だったのは「心のレガシー」という表現でした。

これは石川さんのお話の中の表現ですが

開催時には職員数が8千人、ボランティアが9万人以上になるだろうという見込みや

他にも小学生が東京五輪のマスコットキャラクターの投票をしたり

アクションの参加人数は1000万人を超えるだろうということで

多くの人々の心に残るものが「心のレガシー」だということでした。


日本コカ・コーラ(株)の高橋オリバーさんは

今までの五輪にないようなデジタルアクティベーションを展開していくということで

どんなアクティベーションプログラムが見れるのか楽しみです!

ラウンドテーブル終了後に

デジタルアクティベーションといえばCM、HP、会場の電光掲示板等あるが

どれを使った施策を考えているのか お尋ねしたところ

Coke ON の活用も考えていることを教えて頂いたのでCoke ONも注目していきたいです。


そして現在は平昌五輪真っ只中なので 日本選手団 特に

スマイルジャパン(アイスホッケー女子日本代表)の同級生を全力で応援します!


(余談ですが今日、国際展示場のコーポレートショウルーム パナソニックセンター 東京にて

8Kパブリックビューイングで平昌五輪の開会式を見たのですが

なぜか涙がこぼれました、、、)

(株)Link Sports's job postings

Weekly ranking

Show other rankings