This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【社員インタビュー】元・体育会系メーカーの営業マンが、教育畑に戻って見出したやりがいとは

こんにちは、Lincインターン生の李です。

社員紹介シリーズもいよいよラスト!CS・教育コンテンツ担当の黄佳琪(こう よしき)さんへのインタビューです。

黄さんという人

黄さんの出身は中国の首都・北京。地元の高校卒業後、日本での大学進学のため2011年に来日しました。学習院大学に進学し、新卒で日立製作所のグループ企業へ入社。その後、もともとの知人だったというCEO仲さんが起業したことを知り、今年Lincに転職してきました。

お仕事柄、普段あまり関わりのない社員さんなのですが、どんなお話が聞けるのか楽しみです!

それでは、インタビューをお届けしていきます。

__日本に興味をもつようになったキッカケはなんでしたか?

黄さん(以下、「黄」):叔母が40年くらい日本に住んでいて、帰国するたびに日本のことを聞かせてくれたので、子供のときから「どんな国なのかな」って気になってて。中学生になってからは、中国語に翻訳された日本の小説を読むようになりました。有名な作家だと、村上春樹はほぼ全部読んだかな……。それで、「面白そうな国だな、よし、行こう!」って。

日本語の勉強は、高校卒業後に北京の教育機関で半年やった後、日本の日本語学校でやりました。そのあと留学生向けの大学進学塾に通って、学習院大学に行きました。

__日本での学生生活はどうでしたか?

黄:良かったですよ!学習院はキャンパスが広いし綺麗だし、駅から近いし利便性も高いし。アルバイトも、通っていた留学生向け進学塾で講師をやることになって、やりがいをもって一生懸命やっていましたね。

__その後、日立グループの会社に就職されるんですよね。どんな仕事をしていたんですか?

黄:国内自動車メーカー向けに、自動車部品やシステムの法人営業をしていました。

日本のメーカーが良いかなって思っていて、自動車に興味があったので、その会社を選びました。営業はお客さん(工場)の近くに置くという会社の方針で、群馬に住みながら2年くらい勤務しました。人がとにかく良かったので、楽しかったですね。ただ、飲み会なんかで、よく一睡もせずに朝の太陽を見るハメになってました……。

__体育会系な職場だったんですね……。そこからLincに来たキッカケは?

黄:もともと知人だった仲さんを日経新聞の紙面で見つけたのがキッカケです。仲さんとは、就活時にアドバイスをもらいに行って知り合いました。

当時の仕事がつまらなかったわけではないんですけど、国内営業だったので外国人とは関われなくて。もっと外国人というか、留学生支援の経験を活かせる仕事がやっぱりしたいなと思って、仲さんにまた連絡しました。Lincオフィスに遊びに行ったのが今年の春で、入社したのは9月のことです。

__ちょっと時系列が前後してしまうんですけど、正社員として塾講師にならなかったのは、どうしてですか?話を聞いていると、かなり留学生や外国人支援への熱意があるようですが……。

黄:やったことがないことにチャレンジしたかったからですね。プロフェッショナルよりジェネラリストになりたがるタイプなので。

Lincでなら塾講師として働くよりいろんなことに挑戦できそうで、かつ教育畑に戻れるなと思えたので、転職を決めました。

Lincで働いていて

__LincでのCSの仕事についてお聞きしてもいいですか?

黄:Eラーニングサービス・Linc studyのユーザーからの質問に答えるのはもちろんなんですけど、こちらから提供できるものを考えてつくっています。たとえば、ユーザーへの学習アドバイスを電話で個別に行ったり。あと9月~11月は大学出願の時期なので、出願の情報をリストにして学生に送ったり。「この時期のユーザーは何が欲しいのか」を常に考えながらやっているので、受け身な姿勢では仕事していません。

__前職の経験が今の仕事に役立っている部分はありますか?

黄:うーん、どうでしょう……役立っていない気がします(笑) あぁ、でも、営業時代もお客さんが何を求めてるか常に考えていたので、その思考の習慣は今でも役立っていますね。今の仕事も、お客さんである学生の気持ちを想像するのが大事ですから。

あと、実はCSよりも、教育コンテンツの仕事のほうが比重が大きいんですよ。講義を担当してくれる先生とのやり取りとか、授業動画づくりとか、シラバスの設定とか。文系科目の講師も自分で務めていて。ここらへんの領域は、塾講師アルバイトの経験にだいぶ助けられていますね。留学生として、塾の授業を受けていたときも含めて。

__Lincで働いていて、どんなところが面白いと感じますか?

黄:自ら挑戦できるところです。もちろん基本は報告・連絡・相談が必要ですけど、ユーザーのためになりそうなのであれば、やり方に縛りはありません。

__入社3ヶ月目にして、すごく幅広いお仕事を手掛けているのも、「やってほしい」と頼まれたからというわけではなさそうですね?

黄:はい、いろいろやってるのは自分から手を挙げた結果です。すごくポジティブにやってますよ。

__Lincで働いていて大変なところは、どんなところでしょう?

黄:ベンチャーなので、大企業と違ってゼロベースからやることが多くて、かなりスピード重視なところです。

CSも、自分が入るまでは仲さんが一応担当してたんですけど、仕組みとしては整っていなくて。忙しい仲さんがCSをやるのは大変だろうと思って、自分が兼任を引き受けたんですけど、いろいろ大変でした。

__そういえば、Lincでは中国人留学生のバイトさんたちもお手伝いしてくれていますよね?CSと教育コンテンツのどちらのお手伝いをしているんですか?

黄:バイトさんには両方の部門の補佐をお願いしていますね。教育コンテンツなら、動画の編集とか、問題文のシステム入力とか。CSなら、出願リストの整理とか、ユーザーへのアドバイスや質問への回答とか。

でも、バイトさんにいきなりお願いしても当然やり方が分からないので、動画編集や質問回答のマニュアルづくりも私がやりました。今では、バイトさんにお願いしたら自動的に仕事がまわせるようになっています。

__なるほど。これから整えたい、または新たに始めたいと思っているサービスはありますか?

黄:つぎは模擬面接や志望理由書の指導をやりたいです。でも、今提供しているサービスの質も落としたくないので、ちょっと手一杯なんです。人がいればいいんですけど、条件に合う人、たとえば留学生指導経験があってLincに入りたい人と出会えない難しさもあって。新しいことを始めづらいのが正直なところですね。

黄さんの仕事観

__どんな人と一緒に働きたいですか?

黄:正直、今まで一緒に働く人を選ぶ立場になかったから、そこらへんあまり考えたことはないんです。漠然としてますけど、留学生指導経験とかを置いて言うなら、人の役に立ちたがる人協調性が高い人ですね。

__黄さんの原動力はなんですか?

黄:人の役に立ってると思えると、力が湧きます。

前職では、「誰のために、何のために働くのか」を毎日自問しても、答えが見えなかったんです。でもLincに来てからは、「学生のために」っていう目標が明確になったんです。会社に行くのがだるくなくなって、日々充実感があります。

今は仕事の結果やつながりも見えやすい環境で、「これをすれば学生の成績が絶対アップするぞ!」っていう確信を持ちながら働いています。目標に至るまでの道筋も自ら考えていて、本当にあとは行動だけなんです。

__個人としてでも、会社としてでも、今後のビジョンは何かありますか?

黄:会社への貢献以上に、もっと学生の役に立てるような仕事がしたいです。本当に満足してもらえる状態まで、まだ道は遠いかなと思っているので。まずはそこです。

自分自身がどうなりたいかは、そこまでキャリアプランをしっかり練るタイプではないので、ぼんやりしてますね……。でも、マネジメント能力はもっと磨きたいです。将来的に他の人にも教育コンテンツ制作をお願いすることになっても、質を落とさないようにしたいので。

__これから日本の会社で働きたいと思っている外国人の方に、メッセージはありますか?

黄:自分を信じて、自分のためにチャレンジすることはとても大事です。困難なことは必ずあるんですけど、あとから振り返ってみると、「意外と簡単だったな」って感じることも少なくないので。失敗を恐れる気持ちもあるかもしれませんけど、失敗は損ではありません。チャレンジしないこと以上の損はないと思います。

「仕事の結果やつながりも見えやすい」という発言は、営業の滝沢さんの発言に通じるものがあるなと思いました。「上司の指示で作った資料が結局使われなかった」なんて無駄な仕事で気力を削がれないのは、Lincで働く良さなのかもしれません。

CEO仲さん曰く、「黄さんは、先生のモチベーションも含めてマネジメントできているから、先生からの信頼が厚い。ユーザーに対しても、教育コンテンツを購入したその日中に直接連絡して、親身にアドバイスするくらいマメな人。」とのこと。

たしかに、話のあちこちから誠実さがにじみ出ていたインタビューでした。こんなに学生思いな人にサポートしてもらえるLinc studyユーザーさんたちが、ちょっぴり羨ましくなったり。

Lincでは、黄さんと一緒に働きたい人を募集しています。

気軽に遊びに来てくださいね。お待ちしています!

株式会社Linc's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more