This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【社員インタビュー】FF好き中国人青年はLinc上場の夢を見るか

こんにちは、Lincインターン生の李です。前回の滝沢さんへの社員インタビューがたくさん読まれたようで、喜びの舞を踊っております。

今回は、中国人エンジニアの王天聖さんへのインタビューをお届けします。

天聖さんという人

天聖さんは、中国中部の武漢市出身。現地の大学を卒業し、中国のIT教育会社に勤務。その後、2016年に来日し、ベンチャー企業でエンジニアをしていました。Lincにジョインしたのは今年の3月からです。

いつもK-POPスターのような服装をしているので、「おしゃれエンジニア・天聖」なんて安直なあだ名をつけられたりしています(笑)

ちなみになぜ下の名前で呼ばれているかというと、COO王さんと名字が同じで被ってしまうからです……。

それでは、インタビューをお届けしていきます。

天聖さんがLincにやってくるまで

__まず、日本で働こうと思ったのはどうしてですか?

天聖さん(以下、「天」):新しい環境と文化を体験したかったし、考え方と行動の仕方が違う人たちに会いたかったからです。

日本語の勉強は大学でしていました。キッカケは、日本のゲームが好きだったから。特にビジュアルに惹かれていたのがファイナルファンタジーなんですけど、中国語版がなかったんです。じゃあ日本語を勉強して、オリジナル版をプレイしようってなりました。

国の候補としては、オーストラリアか日本のどちらかに行こうと思っていました。でも、せっかく日本語を勉強したんだったら、日本に行こうかなと。

__今までいた会社と、そこでしていたことについて教えてください。

天:以前はitcastという中国のIT教育会社で、Androidアプリの教師をやっていました。そこで1年半くらい働いてから、2つの日本のベンチャー企業でJavaとAndroidのエンジニアをやりました。

Lincに来る前に働いていた会社は、とりあえず日本に行きたくて、ひとまず就職先として選んだだけでした。だから、そこまで事業内容とかは重視していなかったです。でも日本で働きだして1年以上経ってから、もっと自分が働きたいなと思う会社に行きたくなりました。

__そこからLincに来たキッカケはなんでしたか?

天:CEO仲さんの罠……というのは冗談で(笑) 友達伝いで仲さんを紹介してもらう機会があったんです。そこでLincの事業内容を聞いて、興味がわいたので参加しました。興味をもった理由は3つあります。

1つ目は、もともと中国で人に教える仕事をしていたので、教育分野に関心があったから。

2つ目は、Lincの事業内容的に伸びるだろうと思ったから。日本は少子化がすすんでいるし、外国人材が働き手としてもっと増えていくと思うんです。それなら、外国人材のライフイベントのサポートっていうのは、今後も需要が十分にあるなって。

3つ目は、最初の面談で仲さんと王さんの人柄に触れたから。2人とも自分の考えがしっかりあるし、情熱をもってやっているのが分かったので、これも会社が成長する要因になるだろうなと感じました。

Lincで働いていて

__Lincで働いていて面白いところは、どんなところですか?

天:誰もが自分のアイデアを表明して実行しようとするところですね。人数が少ないので、ひとりひとりが発言して会社を回していく感じがあって、とても活発です。

あっ、でも、前の会社で規模はLincと変わらないところもあったけど、活発ではなかったですね……。淡々と仕事する感じで、あまりコミュニケーションはありませんでした。思ったこと言わないでタスクこなすだけなら、人間じゃなくてロボットと変わらないですよね(笑)

__ということは、天聖さんはフリーランスではなくて、会社で誰かと一緒に仕事したいタイプなんでしょうか?

天:そうですね、仕事で勉強したいので。フリーランスだと、経験は積めても、他の人のやり方から勉強するのが難しいと思っていて。エンジニア以外の職種の人からでも、仕事の進め方とか、学べることはあると思います。

__Lincで働いていて大変なところは、どんなところですか?

天:自分の日本語が上手ではないので、エンジニアしのさんと相談するとき、ミスが起きることがあります。「Aを作って」と言われていたのにBを作ってしまう、みたいな。でも、入ったときよりはミスの頻度は減っていると思います。

__そういったミスはどうやって減らしていったんですか?

天:日本語能力そのものが向上したというのはあります(笑)

あとは、曖昧な表現は使わないようにして、話し言葉じゃなくてSlackの書き言葉でタスクを教わるようにしました。日本語は読むのがいちばん得意なので。

天聖さんの仕事観

__どんな人と一緒に働きたいですか?

天:勉強能力がある人新しいことが好きな人情報を鵜吞みにしないで自分で考える人ですね。あと、文化的なものが好きでセンスがいい人だと、もっと嬉しいです。話していて楽しいので(笑)

__天聖さんの原動力はなんですか?

天:とにかく、いろいろ体験したいです。中国を飛び出して日本に来たのも、それにつきます。

__これからどうしていきたいか、今後のビジョンはありますか?

天:Lincの事業が0から成功事業になるまでを体験したいです。今後Lincから離れる可能性があるとしたら、事業そのものが潰れたときか、成功段階までいったときですかね。成功っていうのは、最低限でも会社が上場することです。だからといって、上場したら必ず辞めるというわけではないですけどね。

渡航先の候補にしていたオーストラリアは、将来行くかどうかはまだわからないです。まぁ、未来がわかりきっていたらつまらないですから。それこそ体験する甲斐がなくなっちゃいます。

__これから日本の会社で働きたいと思っている外国人の方に、メッセージはありますか?

天:日本の会社で働きたいなら、日本の会社のルールはしっかり守るべきです。中国語で言うと「入乡随俗」、日本語で言うと「郷に入っては郷に従え」ですね。

「Lincの活発な雰囲気が好きですけど、私自身はお喋りじゃなくて静かな人ですよ。」という天聖さん。

でも私は知っています。天聖さんが、しのさんに「前も言ったじゃん!」と怒られても、「部下に嫌われる上司の言動」なんて記事のリンクを送りつけるくらいにはお茶目だということを……。

ちなみに、しのさんの天聖さん評は、「何にでも興味を持つ傾向にある。良く言えば、サービス精神旺盛。」だそうです。


Lincでは、天聖さんと一緒に働きたい人を募集しています。

気軽に遊びにきてくださいね。お待ちしています!

株式会社Linc's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more