This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

「ノウハウ盗んで1ヶ月で辞めよう」クソ生意気なインターンだった僕が、学生のまま正社員になるほどLIFE PEPPERにどハマリした理由

初めまして。大学生でありつつ、株式会社LIFE PEPPERの正社員として働いている今泉と申します。

「大学生なのに正社員とか、めっちゃ会社好きなんですね!」と思われるかもしれませんが、実際LIFE PEPPERで働き始めたときは、マーケティングや営業のノウハウを教えてもらって1~2ヶ月で辞めればいいや、と思ってました。なぜなら、当時は友だちと古着販売の事業をやっていて、その事業を伸ばすためにインターンを利用するつもりだったから。

つまり、当時は会社への忠誠心とかは全然なく、正社員になるなんてあり得ませんでした。

今回は、そんな僕がなぜ今は正社員になっているのか、その理由をお話しします。

起業&どベンチャーでのインターンで、ビジネスの難しさを体感

大学入学当時から起業したかった僕は、周りにも「自分で事業をやりたい」と話していました。そうすると同じような考えの人が集まってきて、僕の5畳ぐらいの家に3、4人が集まって、色んなビジネスに挑戦するように。

とにかく色んな事業に手を出す中で唯一、事業として成立しそうだったのが「古着販売」でした。いわゆる古着屋さんのオンラインバージョンです。

そこで友だちと2人で古着のECサイトを立ち上げ、自分で仕入れ、撮影してサイトに載せ、Twitterでプロモーションもして、みたいな感じでやっていました。

事業と同時進行で、インターンも始めました。といってもインターン先はLIFE PEPPERではなく、僕を含めてたった3人のどベンチャー。わけ分かんないくらい権限もらってて、事業計画考えたり、マーケティングの戦略を決めたり、とにかく色々やりました。

でも、その会社の事業はまったくうまくいかなかった。アプリをリリースしたんですけど、全然ユーザーが集まらないし、使ってくれてもすぐ離れちゃうし。結局、何の結果も出ないままその会社は潰れてしまいました。

それまでの僕は、世間知らずゆえの自信があって、自分の事業も、インターン先のアプリも、なんとなく「できるんじゃないか」と思ってたんですよね。でもまったくの実力不足。

「自分で事業を立ち上げて成功させるって、こんなに難しいんだ」と、肌で感じる経験でした。

自信も失くなって、一時は古着の事業も止めようかなと思うほど。1ヶ月くらいぼーっと過ごしました。

でも、そうしてるとやっぱり「事業を伸ばしたい」「自分のレベルをもっと上げたい」と思うようになって、そのために役立つことを学べそうな会社でインターンすることに決めました。

そこで出会ったのがLIFE PEPPERです。

LIFE PEPPERを選んだ理由は、マーケティングノウハウがあり、ちゃんと利益も出ていて、かつ新規事業もやっていたから。

新規事業だけだった前のインターン先では本当にお金を稼げなかったので、ちゃんと稼いでいる会社でノウハウを学ぶのが第一の条件。でもやっぱり事業を立ち上げてスケールさせていくことにも興味があったので、どっちも学べそうなLIFE PEPPERはぴったりでした。

「ここで1~2ヶ月学んで、あとは自分の事業をやろう」、そう思ってました。

転機になった「ガチャ動画」。本気でやりきることの大切さに気付いた

インターンが始まった当時は、元Google No.1の広告運用者でありLIFE PEPPERの取締役の斉藤さんがメンターとしてついてくれました。

▼取締役の斉藤さんと僕です

広告運用の仕事を任せてもらって、その中でわからなかったこととかを全部斉藤さんに聞いて。さらに自分の事業へのやP/L(損益計算書)の作り方なども教えていただきました。

めちゃくちゃ学びがあるし、教えてもらったことを古着の事業に応用するとめっちゃ伸びたりして。「うわーすげー」と思って、とりあえずもうちょっと長く続けようってなって。SNS広告の運用から、自社サイトの改善、広告運用、バナー制作、SEO、すごい色んなことをやりました。

それでも、自分の軸足は古着事業にあったし、インターンには(結果として週5日来てたけど)フルコミットという感覚ではありませんでした。やらせてもらう仕事に対して「これは古着ECにどう活かせるかな?」って常に考えてたし。

そんな自分の転機になったのが、新規事業担当になったときの「V-1グランプリ」です。

「なにそれ?」って思いましたよね。めっちゃ内輪のコンテストですが、「何でもいいから、1ヵ月以内に日本好きの外国人向けの動画を1人20本作ってくる」というプロジェクトで、動画コンテンツが必要だった新規事業のために、LIFE PEPPERの代表である吉田さんが企画しました。

自分と何人かの役員5~6人くらいが、通常業務と並行して動画を作ることに。でも、周りが動画を上げていく中、自分は全然できなくて。「ヤベー。何もできてねえ」みたいな焦りを毎日のように味わってキツかったです。

その時、見かねた吉田さんがラスト10日ぐらいで、「ガチャポンの動画を作ってきてほしい」って助け舟を出してくれました。

「全然できてない僕にわざわざ助言をくれたんだからやるしか無い」。そう思ってからは、もうなりふり構わず本気で動画を作りました。

仕事が21時ぐらいに終わった後に渋谷に行って撮影してその後編集して、土曜も朝から撮影、夜は編集。さらに、友だちとかも呼んで編集を手伝ってもらって。

▼こんな感じで、ガチャポンをやってみて紹介する動画をひたすら作りました

このV-1グランプリを本気でやりきって、なんとかアウトプット出して、という経験をしたことで、自分の気持ちが少し変わりました。

それまでは、ちょっと斜に構えてたというか、「まあ自分の事業がメインだし」みたいな気持ちがあったけど、そうやって全力を出さないなんてもったいない。やりきったほうが、自分の成長にも自信にもつながる。そう気づきました。

そこからは、心なしか周りからも「やりきれる奴だ」と認めてもらえた気がして。新規事業も一部だけやってたところから、マーケティング戦略や経営企画など、どんどん上流を任せてもらえるようになりました。

社員になったのは、日本を代表する経営者になるために「エベレスト」に登りたかったから

そうこうしている内に、代表の吉田さんから「社員にならないか?」と誘われました。

その時点でLIFE PEPPERのインターンにはかなり本気で取り組んでたし、もっとやりたい気持ちもあったものの、やっぱり自分の古着事業とどっちを取るかめちゃくちゃ迷いました。

その時に吉田さんに古着事業のプレゼンもさせてもらって。吉田さんは事業を伸ばすためのアドバイスをしてくれたんですけど、その話の中で「どの山登りたいの?」という問いをもらったんです。

古着の事業を続けても高尾山にしか登れないんじゃないの??LIFE PEPPERはエベレストに登る会社だよ」と。

古着の事業は、ビジネスモデルと市場規模の性質上、伸びても売上10数億くらいだったんです。僕が目指しているのは日本を代表する経営者なのに、たとえば売上10数億とかで着地しそうな事業が本当にベストな選択肢なのか?と。そもそもの市場が大きいところを狙ったほうが、自分の目標に近づけるんじゃないかと。

その点LIFE PEPPERが今頂点を取ろうとしている海外マーケティングやインバウンド(訪日外国人旅行)の市場規模はかなり大きい。

それに、国内の市場が縮小していく中で、日本企業の素晴らしい製品の海外展開を支援したり、より多くの外国人に日本の魅力を伝えて実際に旅行にきてもらったりする事業は重要度も高く、多くの企業に、日本社会に、必要とされています。

そこで覚悟が決まって、自分の事業を伸ばすよりも、まずはLIFE PEPPERの正社員として事業を伸ばしていくことにしました。

大学生正社員の僕が思う、LIFE PEPPERの4つの魅力

こんな感じで、斜に構えてる系インターンだった僕は、LIFE PEPPERでまっすぐに、全力で働く正社員になりました。インターンを初めた頃と比べると、自分のスタンスもマインドセットもかなり変わったと思います。

そんな僕が今感じている、LIFE PEPPERの魅力をまとめてみようと思います。インターン先を選ぶ基準としても使えると思うので、参考になれば幸いです。

①メンバーのマインドセットが高い

②経営のプロが参画し、本腰をいれている

③事業ドメインの市場規模がデカい

④実力主義で、若手でも努力次第で権限と責任を与えてもらえる

①メンバーのマインドセットが高い

マインドセットというとふわっとしてしまいますが、LIFE PEPPERには「全員経営者」というバリュー(行動指針)があります。

その内訳は、「100%自責思考」「全体最適」などですが、これを本当に実践しているメンバーしかいない。何かがうまくいかないことを誰かのせいにしたり、自分さえ良ければいいみたいな考えて動いたりする人はいません。

純粋に一緒に働いてて気持ちいい、刺激をもらえる人たちが集まっています。

②経営のプロが参画し、本腰をいれている

話の中で何度も出てきた「吉田さん」は、創業期のガリバーインターナショナル(現IDOM)に参画して専務取締役を務め、今は25社以上の社外取締役、経営顧問等をしている、経験豊富なプロ経営者です。LIFE PEPPERのように若いメンバーが多いベンチャーに、こういう人ががっつり入っているのはめちゃくちゃレアケースだと思います。

そんな吉田さんから直接いろいろなことを学べる環境は、率直に言って最高です。事業も組織も全部手探りでやるのもいいのかもしれません。でも最速で成長するために「正しい努力」をしたいなら、適切なアドバイスをくれる人がそばにいる環境は魅力的なのではないかなと。

③事業ドメインの市場規模がデカい

大きい事業を作って回す力をつけたいなら、「どの市場を選ぶか」はめちゃくちゃ重要です。

先に話したとおり、海外マーケティングや訪日旅行者向けマーケティングはこれからどんどん伸びる大きい市場。僕がやっている新規事業もグローバル展開が前提なので、国内だけで伸ばすよりも大きな成長が見込めます。

メンバーの半分近くがバイリンガル・トリリンガルで、外国籍のメンバーも多いLIFE PEPPERだからこそ狙える市場があります。

④実力主義で、若手でも努力次第で権限と責任を与えてもらえる

インターンもしくは若手で本気で成長したい、将来的に起業したいと思ってるなら、年齢とか関係なく権限くれて、活躍できる会社じゃなきゃダメだと思います。LIFE PEPPERは基本的に実力主義で、年功序列は一切なし。やればやるだけ評価してもらえるし、難易度が高い仕事、上流の仕事を任せてくれます。実際、僕は今新規事業の責任者をやらせてもらっています。

▼9月あたまに実施した幹部合宿にも参加させてもらいました

LIFE PEPPERは、「本気で成長したい」という気持ちがあって、実際に努力もできる人にはいくら機会を与えてくれる環境です。その分求められるレベルは高いかもしれませんが、それでもやってみたいと思ってくれる方、ぜひ一緒に働きましょう!

編集協力:青木まりな

株式会社LIFE PEPPER's job postings
13 Likes
13 Likes

Weekly ranking

Show other rankings