This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【CEOインタビュー】業界の異端児、安西がLiberaに込めた想いとは

こんにちは、Libera採用担当の喜多と申します。

新卒採用をまだ始めていない株式会社サーキュレーションに、当時「新卒として採用してください!」と、社長に直談判して新卒第0期生となった弊社CEOの安西。入社後3年で退職し、Libera株式会社を起業した想いや背景を聞いてみました。

経営者は人々の不をなくし、幸せにすることだと学んだ学生時代

まずこれまでのキャリアについて教えてください

大学卒業後、当時設立2年目で約10名規模の株式会社サーキュレーションに入社しました。営業をやって、PM(プロダクトマネジメント)をやって、その後新規事業の開発チームに移り、企業の事業立ち上げ支援に従事し、マーケティング・ブランディング・企画・営業一通り経験しました。

新卒0期生だったと聞いていますが、サーキュレーションにはどういう経緯で入社したんですか?

大学3年生の春から計3社でインターンしてて、そのうちの1社のコンサルティング会社に就職しようと思っていたんですが、個人事業主が集まっているような会社だったんです。有形商材を扱っているわけではなかったので、コンサルティングというポジションで自分を売るしかなくて、まだ知識もスキルもない自分が提供できる価値はないなと思ったんですよね。その会社のことは好きだったし入社したかったんですけど、大学4年生の11月末にあらためて就活をやり直しました。

元々起業をしてみたいなと思っていたので、営業力がついて、経営知識がついて、ネットワークが構築できる、そしてアーリー期のベンチャーで組織が大きくなるフェーズを中に入って知れるところ、という条件で探してました。その時友人から教えてもらったのがサーキュレーションで、当時2期目でまだ新卒採用してなかったんですが、全然気にしなかったです。むしろ中途採用さえしてないところも受けてましたし。

サーキュレーション自体、3期目から新卒採用を開始する予定で、3期新卒向けの説明会があって、会社のビジョンや想いを聞いた時に、自分の就活の軸にぴったりはまると思いました。説明会後に社長にダイレクトメッセージを送って、来年就職するんだったら受けませんといったら、いいね面白いねと言ってくださり、採用が決まりました。今思うとすごく生意気ですね(笑)

社長はとっても懐が深い方だったんですね(笑)元々起業をしてみたいとのことでしたが、そう思うきっかけはあったんですか?

当時僕が大学生だった頃の就活は、3年生の夏にリクナビがオープンし、冬から各社で説明会がスタートするスケジュールだったので、3年生の春からインターンしている学生ってあんまりいなくて。だからベンチャーの社長にお会いすることが多かったんですけど、その時出逢う社長はみんな共通して「自由だな」と思ったんです。

というのも、学生の頃って社会に出ることに対して、漠然と不安とか恐れっていうのがあるじゃないですか。僕自身もそうで、特に大学2年生は、ずっと学生でいたいと思っていたし、働くことに対するイメージが暗かった。働くことは必要だけど、周りの大人たちを見ていてつらそう、大変そうという負のイメージが強かったです。

そんなイメージを持ちながら、個人事業主も含めて学生時代だけで、4桁弱の経営者にお会いする中で、みんな口を揃えて「やりたいことをやればいい」と言っていました。その時初めて、「やりたいことをもって、社会に出てもいいんだ。自分の夢や目標を諦めなくていいんだ」と思うことができたんです。

あとは、学生の頃の自分のように、社会に対して不満を持っている人は多いけど、それを自分で解決しようという人はどちらかといえば少ない印象があるのに対し、経営者は人々の不をなくして、幸せにしてくいくことを本気で考えている人だなと思いました。自分も起業して事業を作る中で、人のためになったり、人を幸せにできたらいいなと。それくらいから自分事化して、どんな課題が解決できるんだろうと考え、漠然と幸せ・笑顔を増やすサービスができたらいいなと考えるようになっていました。

今も昔も変わらない人々を笑顔にしたいという想い

当時からかなりアクティブだったんですね!“幸せ・笑顔を増やすサービス”とありましたが、どういう想いでLibera株式会社を立ち上げたか、詳しく聞かせてください。

学生時代インターンしていた会社が、ひたすら自分のWILLを問いかけてくれる会社で、「一切の恐れや不安がなければ何をしたいか?」と聞かれたときに、僕は「世界中の人を笑顔にしたい」と答えていました。それでついた学生時代のあだ名はスマイル(笑)幸せの基準は人それぞれで測ることは難しいので、とにかく笑ってる瞬間を増やしたい、笑ってる瞬間だけはどんな人も幸せだと思うから、笑顔の総量が幸せの総量だと思っています。

Libera株式会社では、Go Where You Wantというビジョンを掲げていて「あなたの求める場所に行きなさい」というメッセージを込めています。そして、ビジョン実現のためには、一人ひとりが夢や目標に向かえる、ないしは向かいやすい環境をつくることが必要だと思い、「望む人に、適切な機会が届く仕組みをつくる。 偏見なき評価をし合える価値観を育む」というミッションを掲げています。

やっぱり生きることや働くことに対する目標や目的は必ずあった方が、その人にとっての幸福度は上がると思うんですよ。それらを実現しやすい社会にもっとなれば、幸せな人が増えると思っているので、そんな社会を僕らは作っていきたいという想いを込めて、会社を立ち上げました。

笑顔の総量が幸せの総量だと思っているのは、日ごろコミュニケーション取っていても感じますね。とにかく相手のことを褒めまくったり、笑わせてくれるところとか。では、そんなビジョンを実現するために、Libera Worksというサービスをつくった背景を教えてください。

前提としてHR領域のサービスだけをやりたいわけではなくて、我々がやりたいのは、あくまでビジョンの体現、そしてミッションの達成なんです。

HR領域から始めた理由は、個人的には周りの20代と比べた時にこの業界には相当詳しい方だと思っているのと、創業メンバーの一人もリクルート出身だったので、取っ掛かりとしてはスタートしやすいと思ったからです。また、業界にいたからこそ感じるのですが、僕らが今ターゲットにしているプロフェッショナルな領域のフリーランスマーケットだけみても、既存サービスでは解決しきれていない課題がまだまだ多く残されていると思っています。

今まで労働単価を時給で測られるのが一般的でしたが、価値を提供することによって報酬を得られるという新しい働き方を、より自由度高く行えるようになることが、個人ないしは法人が自分のやりたいことや目的を達成するために取れる新しい手段なのではないかなと考えています。

Libera Worksでは、プラットフォームという仕組みを使って、個人と法人を自由度高くマッチングすること、またお互いが契約も自由に取り決めをして行えることが、新しい働き方をより広げることにつながると思っています。今までとは異なるアプローチからこのマーケットを革新し、新たな働き方や価値が提供できるサービスを作りたいと思いました。

Libera株式会社's job postings
6 Likes
6 Likes

Weekly ranking

Show other rankings