This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

提供中サービス「残業証拠レコーダー」ロゴ
当社は、リーガルテック(法律×IT)等、法的知見に他の技術を組み合わせて、リーガル関連の新しいサービスを提供するスタートアップ企業です。 現在は、スマホアプリ「ザンレコ」(残業証拠レコーダー)の開発・提供、及び法律事務所等向け医療鑑定サービス「法務メディカルセンター」の提供をしています。 「ザンレコ」は、サービス残業問題を解決するためのサービスとして、フジテレビや朝日・毎日・日経・週刊ダイヤモンド等の新聞・雑誌、多数のウェブメディアで取り上げられています。 リーガルの領域は、アメリカでは多数のスタートアップ企業が生まれている業界であり、非常に多額の投資を集めています。 日本でも市場の急拡大が見込まれており、当社も数億円の資金を調達しています。また、当社はベンチャー企業としても注目を集めており、東京都のベンチャー支援プログラム(ASAC)に選ばれたり、日経新聞主催のイベントで登壇したりするなどしています。 リーガル・スタートアップでは、社会の隅々に及ぶ「法律」の領域でイノベーションを起こすことで、大きな社会的インパクトを出すことができます。 日本の社会には、適切な法律サービスが普及していないことや法律知識がないことが原因で、多くの泣き寝入りがまだまだ存在しています。 当社は、このような課題を新しいリーガル関連サービスによって解決していきます。 現在、当社では、泣き寝入り問題を解決する、今までにない新しいリーガル関連サービスの準備を進めています。 リーガル・スタートアップという急成長が見込まれる業界で、新しいサービスを作り上げる経験を一緒にしませんか? (現在の当社の事業内容) 1. サービス残業問題解決のためのスマホアプリ「ザンレコ」(残業証拠レコーダー)の開発・提供。 2. 弁護士等に法律業務で用いる医療鑑定サービスを提供する「法務メディカルセンター」。 3. 新しいリーガル関連サービスの提供準備。(年内にサービス提供開始予定)

Why we do

「社会には、明らかに違法・不公正であるのに、“当たり前のこと” “しかたがないこと”として黙認されている問題が多すぎるのでないか。」 そのような問題を、リーガルテック(法律×IT)等、「リーガル」に他の技術を組み合わせた新たなサービスによって、解決していこうというのが当社の目的です。 例えば、当社はスマホアプリ「ザンレコ」(残業証拠レコーダー)の提供等によって、サービス残業問題の解決に取り組んでいます。サービス残業問題は、非常に多くの人に関わる問題です。 「1日8時間勤務、完全週休2日制と聞いていたのに、残業代なしの深夜残業・休日出勤が当然」 「長時間のサービス残業で、身体や心の健康を害してしまう」 当社では、このような状況は単に法律に違反しているというだけでなく、日本の労働者の幸せを損い、また、法令を遵守しているホワイト企業の競争力を不当に削ぐ行為であると考えています。 このほか、離婚後母子家庭の80%が養育費の支払いを受けることができていない、大企業に知的財産権を侵害されたが補償を受けられていない中小企業やスタートアップなど、日本ではリーガルサービスの普及が遅れていることによる泣き寝入りが多く生じています。 当社は、新しいリーガル関連サービスを生み出すことで、「サービス残業問題」を含めた泣き寝入りの問題の解決に貢献することを目指しています。

How we do

当社は、弁護士と経営コンサルを経たCEOが2015年に起業したリーガル関連領域のスタートアップで、弁護士とエンジニアを中心とする20代後半から40代前半のメンバーで構成されています。 当社の事業は、リーガルテック(法律×IT)等、「リーガル」と他の技術・分野を架橋するビジネスであり、ターゲットとなる市場も未開拓の新しい市場であることから、異なる分野のエキスパートが集まり、各自が自分の強みを生かすことが重要です。メンバーそれぞれが、自分の知見・スキル・経験からアイデア・解決策を提示し、それを組み合わせることで、新しい発想で問題を解決しています。 また、未開拓の新しい市場であることから、新市場開拓の興奮や、当社のサービスにしか出せない社会的インパクトを実現することができます。 カルチャーとしては、お互いにしっかりとコミュニケーションをとりつつも、それぞれのメンバーが自分の分野のプロフェッショナルとして責任を持ち、自律して働くスタイルの会社です。 当社では、働きやすい環境を作ることにも配慮しており、フレックスタイム制を導入しています。また、服装等についても仕事に支障がない範囲でのビジネスカジュアルでOKです。 なお、数億円単位の資金調達を実施しており、現在、メンバーの拡充を行っています。