1
/
5

ごく普通の大学生からLCのヒットメーカーへと成長した彼の仕事とは

◆プロフィール◆

名前: 松尾裕太(まつおゆうた)
所属: クリエイティブ部署 編集/企画プランナー 美容メディア責任者
趣味: サッカー観戦


ーLCをみつけるまでの経緯を教えてくださいー

大学3年になって僕の周りが就活に向けてインターンをしている人でてきたんです。それで僕もインターン先をウォンテッドリーで探している時にLCの募集にたどり着きました。

探し始めた時は志望業界もとくになく、周りの友人が8割方金融業界をみていたので、ただぼんやりとウォンテッドリーのフィンテック企業などを眺めてる日が1ヶ月くらい続きました。このまま何もしない日々が過ぎるのはいい加減よくないと思い、就活のためにとか一旦抜きにして自分が好きなものはなんだろうと考えました。そこで僕は金融業界なんか全く興味なかったと気づくことができました。金融業界をみてるのは時間の無駄でしたね(笑)そこで僕はSNS、特にユーチューブとTIKTOKを毎日みていて「あ、SNSに関わる仕事って楽しそう」っていう気持ちに気づいたのがLCをみつける鍵でした。多分今の時代ほとんどの学生がSNSが好きだとは思いますが、身近になりぎてて好きだと気づかない人が多いと思います。

ーインターンの業務内容はなんですか?ー

主には企画を考えることですね。所属していただくクリエイターのコンセプト設計だったり、受託アカウントの投稿内容を考えます。でも企画だけではないです。僕が所属しているのがクリエイティブ部署といってひたすら編集だったりをするだけでなく、コンセプト設計から企画考案まで行います。なので入社してから編集も教えていただいて、今ではある程度のスキルがついたので編集をメインでやる日もあります。そして最近ですが、インターン生だけで美容メディアを運営することが決まり、その責任者となりました。0-1で考えて予算を出したり、企画書を提案したりと、本当に裁量を持って働いています。

ーやりがいはなんですか?ー

自分が企画や編集した動画が伸びたり、クライアント様から好評だったと営業の方から報告もらった時は本当に嬉しいですね。インターンを始める前は正直企画をなめていました(笑)流行っているのを提案したり自分が好きな動画に似たようなのを出せばいいと思っていたんです。でも実際にはコンセプトを言語化しなければ企画案は通りませんし、なぜ伸びるのかを本当に細かく分析しないと良い動画は生まれません。編集に関してもコンセプトを意識してこだわった編集をしないと数字は伸びないのを実感しました。分析や編集は地道で根気がいる作業でとても大変ですが、これもやりがいに感じます。

ー成長した面はなんですか?ー

チャレンジする癖がつきました。インターン先を探すときもそうですが、今まではなにかと理由をつけてやらなかったり、先延ばしにすることが多い性格でした。でもLCは「すぐやる」のが当たり前の環境なので自然とアクションが早くなりました。あとは責任感のところですね。インターン一人一人にも明確な目標を持たせてくれます。目標を達成するために行動するので数字に対する責任感がつきました。ハードスキル的な部分ももちろん成長しましたが、スフトスキルの部分が成長したと感じます。



ーインターン生からみて、LCはどんな会社ですか?ー

クリエイターの夢を全力で追いかけてる会社だと思います。これはさまざな戦略設計があってのことだと思いますが、会社の利益よりクリエイターのやりたいことをどう実現していくか、フォロワーをどう伸ばしていくかを常に考えて仕事しています。クリエイターに案件を振るだけの関係でなく、会社全体として寄り添ったマネジメントをしています。経営理念である“クリエイターの個が消費される世の中を解決する”が社内に浸透しているなと感じます。

また社員の方一人ひとりが本当に明るいですしフレンドリーで、仕事が「楽しい」と思わせてくれる会社だと思います。

ーどんな人がむていますか?ー

やっぱりチャレンジ精神旺盛な方が向いていると思います。答えのない業界なので失敗することというか、思い通りにならないことが本当によくあります。そこでやめるかチャレンジし続けるかがとても求められるとこです。地頭がいいとか、関係ないと言ったら大げさだと思いますが、ひたむきに目標にむかって行動や思考を止めない人ならマッチすると思います。僕もまだまだなのでこれからも精進します!

株式会社Leading Communication's job postings
4 Likes
4 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more