1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【21新卒/ストーリーNo.8】一人一人がもつ能力を最大限に発揮できる社会をつくりたい

<プロフィール>
川村達平(かわむらたっぺい)/たっぺい
1998年京都府生まれ。立命館大学在学中。
現在は友人の会社でインターンしており、広告運用やクリエイティブ制作を担当。趣味は旅行で国内30都道府県、海外も10か国と多くの国を訪れている。一番好きな都市はNY。

自身が立ち上げたメディアが100万PVに!自身の成功体験とそこから見えたビジョン

中学時代は野球に熱中しており、全国を目指すようなクラブチームに所属、京都府2位の実績を残すことが出来ました。高校進学の際も甲子園出場の経験がある強豪校に進学しましたが、いざ部活選択の時期になると、自分の実力不足や、全国大会に出場していた選手と自分の実力のギャップから、野球部への入部から逃げてしまいました。この経験は、自らの可能性を否定し挑戦を諦めて後悔しています。しかし、大学生の時に立ち上げたメディアの運営が自分のそれまでの考えに変化をもたらしました。メディアを通して誰かの役に立てる実感や個人の持つ経験に価値があることを学ぶことができたのです。そのメディアは学生に向けて自身の経験を基に体験談や悩みを解決するコンテンツがメインでしたが、記事を公開していく中で、「この記事は役に立った」「悩みが解決された」などのコメントを多数寄せられる機会があり、最終的に累計PVが100万を超えるところまで成長しました。(身長を伸ばす、に関連したキーワードで半年以上1番上に出てきていました)その後も友人の会社でクリエイティブ作成と運用をするようになり、自分で行い執筆した記事が、多くの人に喜ばれ、自分の中で大きな成功体験となりました。

この経験から、野球からメディアへとフィールドを変えると自分の持つ知識が他の人の役に立ち、「一人一人が持つ経験や能力が発揮される場所は必ずある」と思うようになりました。また、当時20歳だった私の体験が多くの人の役に立つのであれば、価値のある経験をしているのに活かしきれていない人が数多くいるのでは、と感じ、多くの人が「自らの知識や経験」を活かすことで、自分らしく働ける世の中が実現できるのではと思うようになりました。

フリーランスの人と関わるようになり目の当たりにした現実

学生時代にメディア運営していた際にフリーランスの方々が共同生活するシェアハウスにお邪魔して一緒に作業をしていました。そこにいたのはyoutuber、デザイナー、ライター,フリーランスECコンサルタント、ブロガー、独立を目指す学生など多種多様な人物でした。それまで大きな企業でのアルバイト経験しかなかった私にとって、社員として企業に属して働くが全てではなく、働き方の選択肢は一つではないと考えるようになりました。また、フリーランスとして働く選択をした方から話を伺ったときに感じたことが二つありました。1つは一人一人が夢をもって楽しそうに働いていると感じたところ、そしてもう一つは正社員と比べてフリーランスは扱いが変わることや、その人個人に焦点を置かずフリーランスという言葉だけで偏見を持たれてしまう現実もある、ということでした。

ランサーさんに向き合い続け、自分らしく働く社会の実現を目指す


4月からランサーズで「自分らしく働く社会」「一人一人の能力が最大限に発揮できている社会」を実現するために活躍をしていきたいです。そのためにまずは自分が目の前の仕事に向き合って一人前の社会人になることが求められると思います。私は物事に対して前向きに取り組んでいける人物だと認識してるので、それを体現するのはもちろんですが、初めての事にも積極的に挑戦していき、新たに成功体験を積みたいです。そして成功体験から得た自信をもって、ランサーさんに向き合い続けかつ、企業側に対してもフリーランスと社員の垣根をなくせるように働きかけをして、双方に対して介在価値を発揮して、唯一無二の存在として社会に貢献していきます。また「自分らしく」といった抽象的な部分への答えを見つけていきたく、ランサーズのサービスを通して「一人一人の能力が最大限に発揮できている社会」に貢献することができると思うので、常にゴールを意識して業務に取り組みたいです。そして、いずれはこれまで関わったフリーランスの方にスキルを活かせる仕事を提供したり、友人の企業だけでなく、多くの企業さんの成長に寄与するべく新しい働き方のご提案をきるように尽力していきたいと考えています。

ランサーズ株式会社's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more