1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

目の前の仕事に向き合い、より社会に貢献できる人材になる為に

<プロフィール>
山口 早紀(やまぐち さき)/(さき)
埼玉県生まれ。大学卒業後、大手総合派遣事業を行っている会社へ入社。その後2社の人材業界での経験を経て、2020年2月に、ランサーズへジョイン。現在は新規顧客開拓をメインのセールス業務に尽力している。趣味はサッカー観戦、買い物、旅行。

「人材業界」でも異なるサービス形態に携わり、培ってきた経験

学生時代に行っていたサービス業のアルバイトで、「人と接するのが楽しい」と思い、「営業職」を中心に就職活動を行っていました。最初に入社した派遣事業をメインとしている企業は社員がとてもフランクで、女性が活躍できる環境だったことから、自分も成長ができると思い入社しました。当時社長が「うちの会社を皆さんのキャリアの踏み台にしてほしい」と言っていたのが今でも印象に残ってます。入社後は派遣の法人営業を行っていたのですが、1日の短期派遣での支援が多かったので、もっと企業と長期的な関係性を築き、採用・経営課題に関わりたいと思い、求人広告の制作支援ができる仕事に移りました。ライターさんと協力し、魅力的な求人広告を作成することで企業の採用の手助けができ、感謝頂けたことが嬉しかったのを今でも覚えています。ただ求人広告だと直接的に採用に携われないため、もう少し踏み込んだ採用の支援をしたいと思い、3社目となる人材紹介会社へ転職しました。また、企業だけでなく、転職者への支援も挑戦してみたいと思い、リクルーティングアドバイザーとキャリアアドバイザー両方の仕事ができる環境を選びました。

私は主にHRテック・IT業界をメインとするチームに所属し、取引先はベンチャー企業が殆どでした。HRテック・IT企業とのお取引が増え、私もデジタル関係の領域を学んでいきたかったので新しいチームが発足した際にそこにジョインしました。

前職でリクルーティングアドバイザーとして初めて個人向け営業をしたのですが、その時が一番社会人になってから苦労しました。企業向けの営業とは違って、コミュニケーションの取り方が独特だと感じ最初は凄く難しかったのです。実際に転職者の方とキャリア面談をしていた際に途中で帰られてしまったことがあったのは苦い思い出です。(笑) 転職者の方からするともっとアドバイスや提案をして欲しかった、もしくは自分が伝えたことが本人の意向とは異なるものだったのかな、と反省し、この経験を機に社内でロープレを重ねたり、転職者の理解を深めるために事前準備に時間を使って意思疎通ができるように努力しました。

前職は仕事にやりがいもあり環境も良かったです。しかし、日々の仕事を進めていく中で自分自身の心境が変化していきました。より時代に即した仕事の進め方やITを駆使した提案営業をしていきたいと感じるようになったのです。また、転職者と接していく中で、「正社員でなく、副業で仕事をやりたい」「会社員として勤めつつ、自分でも独立して何か並行して事業をやっていきたい」というような話を聞くようになりました。そこで、”フリーランス”という働き方に興味を持ち、私自身も働き方を変えて、もっと自分も成長していきたいと考えるようになりました。

HRテックの会社も転職先として見ていたのですが、今までやってきたことを活かして新しいチャレンジをしたいなと思っていた時にランサーズに出会いました。「フリーランスの支援に特化していて画期的」だなと感じ、私もここで副業をしている、もしくはやりたいと思っている人たちの力になりたいと思い、入社を決意しました。

今までとは違った環境で、成長実感を得られる日々

入社後は、「Lancers Enterprise」サービスにて新規の顧客開拓を行っているチームにセールスとしてジョインしました。面接時に社内の業務や意思決定のスピードが早いと聞いていて私なりに構えていましたが、そこの部分は問題なく順応することができたと思います。それよりも、入社後驚いたのが様々な雇用形態の方と一緒に働く環境だったことです。過去私が所属していた会社は基本的に正社員もしくは一部派遣社員の方のみだったので、フリーランスの方やアルバイトの方と一緒に働くのが新鮮に感じました。雇用形態は違うものの、チームで目指しているゴールは同じで、そこに向かってそれぞれが日々の業務に取り組んでいるところはランサーズの良い所だと思います。また、エンジニアの方ともコミュニケーションを取る機会があるのですが、専門用語などがわからず苦戦している状況なので、キャッチアップしていくためには勉強が必要だな、と感じています(笑)

現在は、「Lancers Outsourcing」サービスの新規営業をメインで行い、顧客を開拓していくためにチームで知恵を出し合いながら、目標数値に向けて日々邁進しています。まだチームとしても出来上がったばかりで、試行錯誤してる状況なので、苦戦することもありますが自分の成長実感に繋がっています。

また、ランサーズの場合はチームで目標を立ててみんなで1つのゴールに向かって仕事を進めています。そうすることでチームとして一体感を感じることができたり、協力し合いながら仕事を進めていくことが魅力に感じています。また、セールスのみではなく、受注した仕事を運用するディレクターとの連携も数字に繋がってきますので私にとっては大きな環境の変化だったと思います。

企業に対しての提案も、現在は支援しているクライアント毎に課題や悩みが異なるので、1社1社に対して違った提案の内容になります。その枠組みを自分たちで設計していくことができる環境なので、圧倒的に成長ができる環境です。もちろん、提案内容を考えることは難しいですが、その提案内容が企業の課題にマッチすればランサーズのサービスは最強だと思っています(笑)ので、今後も様々な経験を積んで私自身の提案力を上げていけるように尽力していきます。

多様な働き方ができる社会を目指して

ランサーズにはいろんな雇用形態・働き方・生き方をしてるメンバーがいます。「働き方を変えていく」、「何処にいても仕事が出来る環境を作る」というのがランサーズに入社した理由の一つでもあるので、将来は私自身もそういった働き方ができたら理想だと思います!

ランサーズ株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more