1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【スマート経営】新型コロナの影響でココが変わった!/社内イベント・コミュニケーション編

先日新型コロナの影響でココが変わった!/制度編のご紹介をさせていただきました!

前回からの引用
ランサーズでは以前よりリモートワーク(以下、リモート)の推奨をしていますが、緊急事態宣言後は、フルリモート化へと進化しました。
どんな環境にいても変わらず自分らしく働き、成果を出せる状態を保つため、様々な制度やルールの作成、イベントのオンライン化を実施してきました。
この2ヶ月で実施したこと洗い出してみると、、なんと!合計で20個もの施策が実施されていました!

そんなたくさんの施策の中から、そねせんのスマートワークの資料を用いて、今回は「仲間同士の信頼関係」と「心のレジリエンス」をサポートする施策をご紹介いたします。


【仲間同士の信頼関係】

社内イベントのオンライン化

ランサーズでは週次と月次で全社イベントを行っています。というのもランサーズには”超オープン超フラット”というカルチャーがあり、全社の情報共有や、フラットなコミュニケーションを大切にしています。このイベントはまさにそれを象徴するものでとても重要!フルリモートとなった現在もZOOMで欠かさず実施しています。
毎回イベントがアップデートしておりクオリティもかなり高い!
フルリモートになった初回のイベントでは、事前に録画したものをメンバーに公開していましたが、現在はリアルタイム(いわゆる生中継)で実施が可能になりました!

▼スイッチャー導入し、発表者と説明資料の画面切り替えをスムーズに行うことが可能に!


▼センター画面には事前作成した資料を映し、それについてリアルタイムで説明する秋好(右)と曽根(左)。テレビ感がすごい…!


▼表彰者発表で、在宅中急にワイプで抜かれた驚き顔を激写!良いリアクション!!(笑)


全社バーチャルオフィスの設置

週1回2時間、ZOOMで各部ごとの部屋を設置しコミュニケーションできる時間を作っています。
ルールは特にないです!入退室は自由で、それぞれが黙々と作業をする。確認したいことがあれば声をかけて会話をする。時々雑談…。 
個人的にですが、この時間があることでリモートによる孤独感も緩和され、チャット上のコミュニケーションより情報量も高く生産性が上がると感じます!

懇親会

グループ会社を含めた懇親会もオンラインで毎月1回18時以降に開催しています!最近は毎週金曜日に行っており、フルリモートになってからの方が皆が集まる頻度が多くなっている気がします(笑)
グループ会社含めると200名超えなので、ZOOM部屋をいくつかテーマごとに分けて準備し、入退室も自由にしています。

▼メンバーのお子様が飛び込み参加してくれて、癒やされている瞬間


【心のレジリエンス】

ナナメンター

リモートは集中力が高まる事により業務効率が上がる利点もありますが、その反面コミュニケーション不足になりメンタル的に辛くなってしまう事もあると思います。
そこで生活、業務への支障を未然に防げるよう”ナナメンター”を実施しました。

相談の理由は小さな理由でOKです◯
・リモートワークでもやもやするが上司に声かけるほどではない
・業務以外の話をする相手が欲しい 等々…

この実施により19新卒メンバーより「他部署の話を聞いてみたい!」という声が上がり、懇親会の場を新たに設けました。単にモヤモヤを緩和するだけでなく新しい課題の発見や制度の見直しにも繋がりました。


今回は「仲間同士の信頼関係」と「心のレジリエンス」をサポートする施策をご紹介させて頂きました。フルリモートになった今、モチベーションや業務のクオリティを保つため、従来よりもコミュニケーションの場は重要に感じています。

ランサーズは引き続き、ノウハウやハック、取り組みを発信し続けたいと思っています!SNS(Twitterやnote)等で「#ランサーズ的スマートワーク」をハッシュタグにして発信しておりますので、是非こちらもチェックしてみてください!

次回は、#新型コロナの影響でココが変わった!/番外編で社内ルールの変更点やまだご紹介していない制度についてご紹介いたします!

ランサーズ株式会社's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more