This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

イケてる先輩(Kさん)を超える男になる


人より先に戦う準備を

--わたしについて

現在、GMO NIIKKOで広告運用を行う部署に在籍しています。7月に配属されたばかりなので、新しく覚えることが多く、右へ左へとバタバタしながらもなんとか業務と戦っています。

GMO NIKKOには、大学3年生の頃にインターン生として入社しました。2年ほどインターン生として在籍し、そのまま新卒で入社という形になります。ですので、他の新卒よりはアドバンテージがあるような状況ですね。私の場合、人一倍準備をしていないと戦えない人間なので、アドバンテージという感覚は、ほとんどありませんでした(笑)

--インターンまでの経緯

もともと、メディアを運営するベンチャー企業でインターンしていたのがきっかけとなり、インターネット広告に興味を抱きました。通っていた大学が、山奥のキャンパスだったことから、都会への憧れもあって、イケてる場所と会社で働いてみたいなと思っていたところWantedlyでGMO NIKKOと出会いました。そして、ご縁もありインターン生として採用していただきました。


業界のスピード感に圧倒される

--インターンを始めてからの印象

インターンでは、3つのグループを渡り歩きまして、「人材」「エンタメ」「金融」「旅行」と異なる業界を経験させていただきました。初めの頃は、“インターネット広告とは”から勉強するようなレベルでしたので、当時の先輩方には、とてもお世話になりました。

そんな私も業務をこなすうちに、基礎的なPCソフトスキルはもちろん、広告配信の考え方をある程度は理解できるようになっていきました。(当時の上長が素晴らしかったのだと思っています!)しかし、そのような基本的な知識をインプットしている状況でも、インターネット広告業界では、さまざまなことがアップデートされていきました。

昨日までなかった機能 (例えば、Twitterのモーメント機能)がいきなり使えるようになったり、媒体から新しい広告メニューがリリースされて、すぐにGMO NIKKOの運用するアカウントで導入することになったり…。急スピードで変化する毎日に、わくわくしていた自分がいました。

というのも、当初インターンで所属していたのが「ソーシャルメディア」の広告運用を担当していた部署だったことも大きかったのかもしれません。

例えば、2016年8月にはInstagramで“Stories”が開始されました。近いうちに広告機能もつくのかなと心待ちにしていたところ、翌年3月に“Stories広告”がサービスとして開始されました。当時は「ついにキターー」と広告が出るたびに「こんな訴求もあるのか」とスクショしていたのを覚えています。

大学3年生のタイミングでこのような業界のスピード感を肌で感じていたことが、就活における「軸の固定」につながったように思います。



失敗から学んだ日々

--就活を始めてから

GMO NIKKOに所属しながらも、インターネット広告業界含めIT関連を軸に就職活動をしていました。当時の私は、インターンを経験しているのだから、ほかの新卒に比べれば即戦力だろうと心の中で思っていました。

しかし、それほど現実は甘くありませんでした。

自分がどうなりたいのか、会社をどうしていきたいのか。そのようなビジョンが全く伝えられていなかったのです。いま思えば、全くイケてないやつでした。そんな人間に成長はないでしょう。


--GMO NIKKOに決めた理由

それからは “日々の生活に刺激を与える人間” になることを掲げて自分を最大限アピールするようになりました。そのおかげもあってなのか、希望していたIT関連企業に内定もいくつかいただきました。

その中でGMO NIKKOを選んだ理由ですが、ズバリ“刺激”です。

インターンで経験した“刺激”を超えることができるのだろうかと考えた時に、答えはすぐに出ました。いつか、その“刺激”を現場の最前線で受け与える存在になろうと。


成長するための環境は、作り出すもの

--4月に入社してからこれまで

全体研修を終えて、5月からはOJT研修が始まったのですが、もともとインターンしていたこともあり、ある程度の基礎知識は理解しているつもりでした。そんなこともあり、周りの同期が研修を重ねるごとに、自分より成長しているような気がして、この時期はとても焦りを感じていました。そんな時、先輩にある言葉をもらいました。

「自分がやるべきことを確実にやれていれば、大丈夫。」

→後に気づいたのですが、「周りにとらわれて、自分が何をすべきなのかが見えなくなっていた」のです。どんなに周りを気にしたって、自分の足元が見えてなければ何も始まりませんよね。。助言を聞いた瞬間は、ビリビリきました。その時から、周りからどう思われているのか、ではなくて「成長できる環境は自分でつくる」ことをとても大切にしています。



--配属されてのこれから

これは余談なのですが、配属されたのが、インターンでお世話になっていたグループでした。私にすごく優しいマネージャーとパーマがイケている上長がいるところ(他にも個性的な方が…)

なので、毎日元気に仕事ができています!!!!(本当に余談ですね。。)

業務に関しては、バディの先輩からはダメ出しを受けることが多いのですが(笑)定例会に同行や日々の動き方でコンサルタントとしての姿勢を間近で勉強させていただいています!新卒1年目といえど、これでもかというくらいにチャンスをいただいているので、毎日少しずつ応えていくという積み重ねがとても刺激的です。

他の企業に就職した友人の話を聞いていても、通常そう多くないのかなと思います。いまはフロントコンサルタントのサポートという立場ですが、ゆくゆくは、現場の最前線に立ってお客様の課題解決に対してガツガツ動くことができるコンサルタントになることが第一の目標です!

現状、まだまだイケてる人には程遠いですがGMO NIKKOの環境を利用して、近づけていければと思っています!



20卒のみなさんに向けて

「将来、どこで働きたいのか」「何をしたいか」など、決まっていない人も多いかと思います。僕も正直、インターンを始めるまで全然考えられませんでした。友人に「何があってると思う?」という質問をしたこともありました。

でも、自分にどんな事が合うのか・ハマるのかが分からないと思って何もしないより、断然、行動したほうが良いです!必ずハマるものがあります!見落としているだけです!そんな学生を後押しする環境がGMO NIKKOにあります。

情報は日々新しくなる広告業界なので、自分にピッタリの事柄が見つかるかもしれませんし、GMO NIKKOの先輩方はそのサポートを全力でしてくれます!(私の実体験)私もそのお手伝いをしたいと思っていますので、ぜひぜひ、気軽にご応募してくれればと思います!!

GMO NIKKO株式会社's job postings
7 Likes
7 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more