1
/
5

21年新卒入社社員インタビュー!スポーツ業界で1か月働いてみたら・・・


こんにちは!今回のブログは松﨑が執筆いたします。

久しぶりの登場です。


さて今回は、ジョインハンズスポーツ(以下JHS)の期待のホープ!
21年新卒入社の近藤さんと工藤くんにインタビューしました!


2人ともWantedlyで記事を執筆していますので、ぜひ読んでみてくださいね!



▼近藤さん執筆ブログはこちら!


▼工藤くん執筆ブログはこちら!



それでは!入社1か月、日々奮闘している2人の赤裸々なインタビューをどうぞ!




社会人としての第一歩は・・・



インタビュアー松﨑:入社1か月経って、率直にいかがですか?

工藤:まだまだ社会人になり切れていないと感じていて、細かいミスが多い、責任感が足りていないなと感じます。

近藤:私は、知らないことが多く、毎日学びが多いなと感じています。学生の時はそんな頻繁にはなかった感覚です。

ーアルバイトなどでは感じなかった感覚ですか?

近藤:はい。求められることのレベルが高く、難しい。資料一つ作るにしても、求められるものが違うと感じます。



インタビュアー松﨑:社会人になったなあ~と感じたエピソードなどはありますか?

工藤:目覚ましをかけずに起きれるようになりました(笑)

近藤:目覚ましはかけるけど、毎日決まった時間に起きる習慣は、私もついた気がします。



自分自身を成長させようと日々奮闘している2人、
新社会人として、自分に足りないものと真摯に向き合っている印象でした。

自分の新社会人の時を思い出すと、研修に疲れ果てて毎日20時に寝ていましたね・・・




Z世代は、強いんです。



インタビュアー松﨑:社員が11人という少人数である点のメリット・デメリットはありますか?

近藤:メリットは、少ないからこそ密に全員とコミュニケーションが取れることだと思います。

大きい会社は何千人と社員がいて、ある一定の型があると思います。私は型にはまることをあまり好まないので、自分の意見を気軽に言える環境があり、それが通る場合もあるので、自分には合っているのかなと思います。

工藤:自分の色を出していかないといけないし、出せる環境だと思います。

また社長との距離が近いので、相談事を直接できるのもメリットです!


ーデメリットは感じますか?

工藤:
11人であるデメリットではないかもしれませんが、いきなり業務委託先の社員として働き始めたので、業務委託先の社員の方との関わり方や立ち位置が難しいと感じます。

近藤:まだ現場に多く出ていないのであまり感じていませんが、私は逆に業務委託先やその先のクライントと関わる機会があることによって多くの人と関わることができるので、この先も大丈夫かなと思っています。


ー名刺交換など、社会人のマナーは大丈夫でしたか?

工藤:全然だめでした。(笑)
緊張しすぎて名刺をさかさまに渡してしまったり、置く位置を間違えていて、中村さんがチャットワークでこっそり「名刺の置く位置逆!」と教えてくれました。(笑)




新しい環境に適応すべく、トライアンドエラーで戦っているようですね!(笑)

それぞれ担当業務が異なるので、メリットと感じる点やデメリットと感じる点が違っており、
私たちも業務に合わせたケアの仕方をしていければと思いました。





成長のカギは、自身の弱みを知ること



インタビュアー松﨑:今ぶつかっている壁や難しいと感じる点はありますか?

工藤:先ほども挙げましたが、1番は業務委託先の方との関わり方です。
新卒という肩書は業務委託先には関係ないので、早く一人前にならないといけないと感じます。

あとは上司へのお願いごとをするタイミングが難しかったり、確認不足による単純なミスが多いとも感じています・・・。

近藤:私はそもそも知らないことが多く、野球のこともそうですし、スポーツビジネスについても理解が浅いと感じています。

そのため言われたことに対しての理解が遅いので、知識を増やして理解スピードを上げたいと思っています。

大学やインターンでやってたものが通用するとは思っていなかったけど、思っていたよりたくさんの指摘が入るので、まだまだ足りないなと思います。



インタビュアー松﨑:自身の課題が見えてきた今、入社前にやっておけばよかったことはありますか?
遊びやプライベートのこともあればお願いします。


工藤:もっと本を読んでおけばよかったと思います。

あと、賢い人と一緒にいればよかったかなと思いました。(笑)
賢いというのは勉強だけでなく、向上心なども含めそういう環境にいたら刺激を受けたのかなとも思います。

プライベートで言うと、もっとお金貯めておけばよかったと思います。効率よく仕事したり、リフレッシュするためにはお金が必要だなと感じています。


近藤:私はインターンシップも長期でやってたので、やりたいことは全部やったかなと思います。

しいて言うなら、やはり読書をもう少ししておけばよかったと思います。
インプットすることや理解力にも繋がり、また表現力や語彙力も上がるのかなと思います。


ー2人とも本を読むのが苦手だったのですか?

工藤:読むことは嫌いじゃないけど1ページ目が開けないタイプです・・・。
でも読み始めれば、結構読めます。東野圭吾などミステリーを読んでいました。


近藤:私は漫画含め、オールジャンル苦手です・・・。社会人の勉強法は本だと聞いたので、これからは克服していきたいです。





私も読書は大の苦手で、映像から脳に入れたいタイプです・・・(笑)

しかし、自身の苦手なことを克服しようと前向きに挑戦する気持ちを持つ2人なら、
きっとすぐに克服するでしょう!!





最後に、「今後の抱負」と「JHSのおすすめポイント」をお願いします!



工藤:とにかくやってみて、実際に経験することで成長していきたいです。

後ろを向かずに課題をつぶしに行こうと思います!

おすすめポイントは、入社後すぐに仕事ができるので、実践して学んでいけます。
あとは金曜日のWin Sessionで毎週おいしいお菓子が食べらられます(笑)

自社に出社する際には堅苦しい服装の規定などはないので、ラフに仕事ができるところも魅力です。


近藤:少しずつできることを増やして成長していき、早く役に立ちたいなと感じています。

そして早くディレクターになりたいと思います!

おすすめポイントは、職場の雰囲気が良く、話しかけやすい環境が好きです。
みなさん面白いです!!




最後に


インタビューをしながら、自分の社会人1か月の頃を思い返しました。
それに比べて2人ともすごくしっかり自身を見つめており、驚きました。

JHSの未来は安泰かもしれませんね!(笑)


こんな素敵な新卒入社の2人と働いてみたい!
と思った方は、ぜひエントリーしてみてください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

株式会社ジョインハンズスポーツ's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more