This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

ビジネスに関わる全ての人が夢を持ち、やりがいのある仕事に前向きに取り組める社会。そんな社会を自社のサービスを通じて実現していくことがジェナのミッションです。
お客様のビジネスに貢献することに加えて、自ら仕事を楽しんで、ジェナに関わる全ての人に期待を超える感動や体験を提供していきます。
高機能なAIチャットボットを簡単作成&自動学習できる「hitTO(ヒット)」を開発・提供しています。 AIチャットボットサービスは、コールセンターのカスタマーサポートなどコンシューマー向けで活用されている「BtoC」の利用シーンも多く見られますが、当社が特化しているのは、企業で社員が利用して「社内問い合わせの自動化」を図る「BtoE」向けのAIチャットボットサービスです。 「hitTO」は「働き方改革に貢献するAIチャットボット」として、企業内の以下に代表される部署で活躍しています。 ・情報システム部 ・総務/人事部 こうした部署には、企業内の色々な他部署の社員から、日々膨大な質問が寄せられます。 社員から寄せられる数多くの同じような質問に、何度も対応しなければならない負担は、とても大きなものです。 その質問の一次対応をチャットボットで対応することができれば、問い合わせを受ける担当社員の負荷は大幅に軽減されます。 また、問い合わせをする社員にとっては、担当者が夜間や休日で不在の場合にも、迅速に不明点を解消できるというメリットがあります。 そしてさらに、お問い合わせの工数が軽減されるだけでなく、属人的になっていたナレッジを言語化し、体系的にチャットボットに蓄積して、そのナレッジを社内で共有することも可能になります。

Why we do

代表取締役 CEO 手塚
取締役 COO 五十嵐
日本の少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少は、今後避けられません。 1995年と2040年を比較すると2000〜3500万人のインパクトで日本の労働力は下がっていきます。仮に日本人のみが日本の仕事をする場合、日本のGDPは約7割程度に減少するとも言われています。 こうした背景から、日本は労働人口を確保するか、人間が必ずしもやる必要がない繰り返しのルーチン作業を、AIに任せていくことが求められているのです。

How we do

熱い想いで、一緒に思い切り仕事を楽しみませんか?
秋葉原の本社オフィスでお会いしましょう!
「hitTO」の特徴は、以下の3つです。 (1)高機能なAIチャットボットを簡単作成&自動学習できること  - IBM Watson x hitTO AIのハイブリッドAI  - hitTO AIによる自動学習機能の搭載 (2)社内利用から社外公開まで、お客様オリジナルの運用ができること  - チャットボットキャラクター無償提供  - API提供によるカスタマイズ対応可能 (3)カスタマサクセスチームによる充実の支援メニューがあること  - 学習データ作成代行・精度向上支援  - 学習データプリセット無償提供 リリースから2年程が経ち、現在「hitTO」のサービスは拡大期に入っています。 2019年に行われたAIチャットボットサービスの市場シェア調査で、AIチャットボット市場トップクラス(市場シェア33.2%)と認められ、継続利用率は『98.6%』と高い継続率を誇るサービスです。 また、「エコシステム・パートナーアワード」において、 AIチャットボットサービス「hitTO」の高い導入実績と日々のパートナー営業活動をご評価いただき、Watsonのビジネス展開に最も貢献したパートナーとして『Best Partner of the year』を2017年/2018年と2年連続で受賞しました。 会社として掲げているビジョンは「Excite your business, excite yourself」です。 お客様、パートナー、従業員も含め、当社に関わる全ての人たちに「Excite」してもらえるような企業を作っていきたいと考えています。