1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

求める人材像「職種に縛られない」

求める人材像の2つ目にあげているのが、「職種に縛られない」という項目です。
ベンチャー企業、中小企業であれば、そのような働き方をせざるを得ない状況は多かれ少なかれあるとは思いますが。

弊社の場合、主となるMobileyeという車載器のビジネス以外にも、様々な製品を抱えています。私は営業だから、技術だから、裏方だから、と限定して働いていると、うちの会社の場合、面白さや働き甲斐は半減します。

骨、軸となるメイン業務を持ちながら、興味のある他の製品のビジネスをサポートしたり。主力ビジネスに関しても、営業という役職に縛られ過ぎず、こんなプロモーションがしたいとマーケティング企画を立てたり、自分で新しい代理店を見つけてきたり、資材を作ってみたり、イベントを企画してみたり、派生するビジネスを考えたり、コンサルティングに踏み込んでみたり、、、

会社としての目的、目標は、勿論製品やサービスの普及・販売を通して社会に貢献し、開発元のイスラエルに貢献するという点もありますが、売上・利益を出し、社員に還元することもとっても重要です。

そのために、弊社の規模ですと、職種に縛られ過ぎていると、効率的に業務が回りません。ある種、メイン業務や得意領域を持ちながらも、多方面に興味を持ち、色々やってみたい、挑戦してみたい、そんな欲張りな人が弊社には合うと思います。

日々挑戦をして、自分を成長させたい方、是非ご連絡をお待ちしています^^

Japan21's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more