1
/
5

【インターン生インタビュー】0から作り上げることに魅力を感じて - 鈴木 翔也

inglow初のインターン生、鈴木君にインタビューをしてみました。
鈴木君は大学在学中で現在20歳。積極的な姿勢と、高いモチベーションの持ち主です。

-大学での専攻は何を学んでいるの?

コンピュータサイエンスという、コンピュータのアーキテクチャ(機械の仕組み)から、ネットワークの仕組みまで、幅広い知識が学べる専攻です。その中でも、「自分でWEBサービスを作って立ち上げたい」という思いもあったので、WEBサービスを深堀りしていきたいと考えています。

-2年生の春休みでインターンは意識高いね。なぜインターンを?

学校のゼミが4年生からということもあり、就活が始まる前に、自分の自信となるようなものを作って置きたかったことがきっかけでインターン先を探していました。ネットで会社を探していく中で大学生のインターン生を多く募集しているWantedlyを見つけ、そこからinglowを見つけました。

-Wantedlyではほかの企業もたくさんあったと思うけど、その中でinglowを見つけたきっかけは?

最初は自分にできることが少なくて、募集にも足踏みをしていたのですが、「自分でこれをやりました」と言えるような指標や成果が見えるような経験ができるところと考えると、少数精鋭でやっているスタートアップ企業かなと考えました。人数が少ないほうが大変ではありますが、任せてもらえる幅が広がると思い、その中でも学生でも受け入れてくれる会社だったので、募集を。とりあえず何か自分で作りたかったんですね。
実際に代表の小里さんに会ってみると、具体的にやりたいと思っていることなど、自分の話にガンガン食いついてくれて「一緒にやろうよ」と賛同してもらえたのがとても嬉しく、学生である自分の話をここまで話を聞いてくれる方が他にはいなかったので、ここに決めました。働いていても、進行具合を報告すると良く褒めてくれるので、モチベーションになります。

-インターン生として働いて3日目。今はどんな事をやっているの?

今は今後会社で展開するであろう「WEBサービスの種」を作っています。他の会社だったら恐らく、経験のあるエンジニアが計画書を書き、設計し、必要な人材をアサインしていくイメージだったので、最初は正直衝撃的でした。0から1を生み出す作業を大学生の自分に任せてもらえるのがすごく嬉しいし、やっていて楽しいです。



-ではまさに今、やりたかった「作り出していく」ことができているという感覚はある?

(食い気味で)はい。
今は経験がない中でやっているので、本当なら簡単にできるかもしれない処理も自分で調べながらやれることが逆に自分の力になっています。これがインターン生の特権だと思います。また、自分だけでやろうと思うと、自分のできる範囲でしか考えることができないので、インターン生として1会社に所属することによって、人から“むちゃぶり”を振られることで、自分ができないことに気づくことができるといのは大きな学びでした。


「自分ができないことに気づく」大切なことだね。成長の幅も広がるし、社長からの期待もモチベーションになるよね。

一人でやっているのと会社でみんなの中でやるのとはやっぱり違う?

違いますね。一人でやっていたこともありましたが、つらかったですね。結局作り終わる前にインターンを探していて。せっかちなんですかね?(笑)普通は何か自分で作ったものを持っていくのが一般的だと思うのですが、とりあえずその世界に踏み込むことを先にしました。そんな僕でも、小里さんは「一緒にやろう」と言ってくれたのでありがたかったです。


-良い出会いだったんだね!

インターン生としてこの業界に入って具体的にもっと知りたいと思ったことってある?


経験値の高いエンジニアの仕事の仕方を知りたいと思うようになりました。例えば、与えられた課題に対しての、スケジュール感や計画能力、教科書や参考書では学べない実践的な技術など、実際のビジネスの現場で使える能力を身につけたいです。

-インターン生としての中間目標は?

とりあえず今作っているものを、一通り作り終えることを目標にしています。おそらく一度作り切ったらそこからまた改良を重ねていってより良くしていけると思うので、まず使える状態に仕上げることを第一に考えています。いま作っているものは、応用性も高い内容になってくるので、それも考慮したプログラムを組むようにしたいと思っています。

-最後に、将来の目標や野望ってある?

大きな野望は…「WEBで一発逆転したい!」ですかね(笑)
具体的にはまだ思い描けていないところではありますが、自分の作ったものを世の中に残したいという思いが強いです。自分が便利だと思って作ったサービスが、自分の知らない場所や時代で使ってもらえるといいなと思っています。

=====

鈴木君とinglow代表の小里は同郷ということもあり、なにか特別な縁を感じます。
時には毎日飲んでいたという大好物のコーラのように、どの時代でも世界中で愛されるWEBサービスを作れるエンジニアになってほしいです!!

=====
inglowでは、鈴木君のように自分で何か作ることが好きな人材を募集しています。
人数が少ないスタートアップ企業だからこそ、取り組める幅も広がります。
0から一緒に会社を作り上げていきませんか?



※現在はインターン生の募集は行なっておりません。(2019.11.20 追記)

株式会社inglow's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more