1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

先端技術とユーザーの橋渡しができるデザインを目指して

アプリ企画開発部 インタラクションデザイナー

2019年入社

グラフィックデザイナーを経てUI/UXデザイナーに転向。インハウス、フリーランスの両方の立場からさまざまな企業のサービス立ち上げや改善を担った。
2018年にフリーランスとしてインフォメティスに参画し、約1年後に正社員として入社。
夢は旅人。社内ではじめてワーケーション*に出かけている。

*ワーケーションとは、「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた造語で、観光地やリゾート地でテレワークを活用しながら、仕事と休暇を両方楽しむ過ごし方。

ユーザーと企業、両方に喜ばれるサービスを考える

ー 現在はどのようなポジションでどのようなお仕事をされていますか

会社の強みである機器分離推定技術というのがあるのですが、それを一般の方にも使えるようにするためのアプリの企画とデザインを担当しています。

どういう機能をどこに配置して、どういう見た目にするかを考える、いわゆるUIデザインやアートディレクションが私の主な業務ですが、それがユーザーの課題を手助けできるのか、サービスを運営する事業者に利益が出るのか、そして開発している弊社にもきちんとメリットを生み出せるのかという、ビジネスサイドやUXデザインも考慮しながら企画しています。

ユーザー調査をしたり、企画した機能やデザインの要件定義をしてエンジニアに相談したりと言った、プログラミング以外のアプリ開発に広く携わっています。


ー UI/UXデザインのお仕事は、エンジニアとの連携が大切だと思うのですが、工夫しているところはありますか?

私の所属するアプリチームは、私とデバッガー以外はエンジニアか、エンジニア出身のマネージャーですね。

企画やデザインを開発に伝える時には、なぜそれが必要なのかの背景や考えも一緒に伝えるようにしています。そうすることで、開発や検証の方法を考えやすいだろうということもありますし、デザイナーは私しかいないので、独りよがりなデザインになってしまわないようにチームの意見を聞きたいという目的もあります。

実際、背景を伝えることで開発や検証のやり方を検討してくれたり、より良い提案をしてくれたりと、助けられることがたくさんあります。


ー デザインにおいて、こだわっていることはありますか?

ユーザー調査などのUX的なアプローチや利用状況のデータなどを踏まえて、ユーザーが心地よく使えるデザインを目指しています。

たとえば「ienowa(イエノワ)」というアプリでは、親子で使える親しみやすさというコンセプトを立てました。
一方で、ユーザーがアプリに期待するのは「リアルタイムに家電ごとの電気料金が見えて、省エネできる」という機能です。
そのため、一見するとキャラクターがいてにぎやかなデザインなんですが、電気料金が知りたいと思った時には、金額が大きく表示されたり、直感的にわかるグラフがあったりして、知りたい情報にすぐにたどり着けるように設計しています。

おうちのIoTポータルアプリ「ienowa(イエノワ)」


責任を忘れずに、自由に旅をしながら働きたい

ー 現在は、在宅勤務なんですか?

はい、そうです。コロナウイルスが流行してからすぐに会社が在宅勤務をするようにと判断してくれたので、2020年2月からはずっと家で仕事をしています。

でも実は私、その前から週に2日は在宅勤務だったんです。
もともとフリーランスで、家でやるほうが集中できるのでそうさせてもらっていました。


ー そして、今はワーケーションに行かれているとか。普段の働き方と比べてどうですか

もともと旅行は好きなんですが、長期で旅行する機会がなかなかないんですよね。ワーケーションならいつもより長く旅行できそうだなとは以前から考えていて、新型コロナウイルスの新規感染者数が少し落ち着いたタイミングで行ってみようと計画していました。

幸い、会社のリモートワーク制度は、きちんと仕事さえしていればホテルにいてもOKというものなので、ワーケーションに応用させてもらいました。

今回は、京都府の伊根という、舟屋の街並みで有名な場所に来ています。
ここを選んだのは、文化や自然が魅力だったこともありますが、こじんまりとした静かな場所なので、じっくり仕事と向き合えそうだったからです。いつもは思いつかないようなアイディアが出せればと期待しています。


ー ワーケーションに行くにあたり、上司やメンバーの反応はどうでしたか

会社に宣言してワーケーションに行くのは、社内では私が初めてなんですが、快く送り出してくれました。新しい取り組みは応援してくれる社風ですし、会社のルールの範囲で自由に振る舞う分には、許容してもらえることが多いです。

ただ、成果主義なので、ワーケーションでパフォーマンスが下がったとしたら、当然それに応じた評価が返ってくるでしょうね。私は家でも旅先でも変わらず仕事ができるのですが、人によって向き不向きはあるでしょうし、それを自分で判断することまで委ねられているのだと思います。


ー ワーケーションするにあたり、気を付けていることはありますか

ワーケーションだからできません、ということがないように、PCの周辺機器なんかもちゃんと持って来ていますし、事前にWi-Fiの環境も調べています。いつも通り業務がこなせるように準備して、Zoomのカメラをオフにすればワーケーションしていると気がつかれないくらい、いつも通り仕事しています。


オフィスよりも成果をあげられるリモート環境を目指して

ー リモートワークでもきちんと成果が出せる取り組みや仕組みはありますか

アプリチームではマネージャーがチーム作りに真剣に取り組んでくれているおかげもあって、リモートワークだからと言って効率が落ちたり、コミュニケーションが取りにくくなったりということは起きていません。

プロジェクトごとにチームでタスク管理をしているので、やることが明確だと言うのもあるかもしれませんね。

ベンチャー企業で、しかもデザイナーは私1人なので、自分が作ったもので会社のビジネスが発展するのを肌で感じることができます。そうすると次はもっと頑張ろうとモチベーションが上がります。


ー メンバーとのコミュニケーションツールは何を使われていますか

会社ではGoogle MeetとSlackを使っていますが、私のいるアプリチームはMeetではなくZoomを使っています。他にも、Remote Facesというチームメンバーが開発したリモートワーク用のツールや、Miroというバーチャルホワイトボードだったり、デザインの仕様を伝えるのにはAbstractというサービスを活用しています。

日々Slackで雑談をしていたり、コミュニケーションを目的とした時間をZoomで作っているので、リモートになってからも会話は減っていません。
リアルだと席の位置などであまり話さない人も出てきてしまいますが、そう言ったことがない分、リモートの方が均一なコミュニケーションができているように感じます。


ー これから入ってくる方へメッセージを

インフォメティスは、リモートワークなどの会社の仕組みや上司の人柄も含めて、とても働きやすい環境が整っています。やりたいことを見つけたら手を挙げれば大抵はやらせてもらえるので、意欲があって成長したい人に向いていると思います。

インフォメティス株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings