1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

インフォ・ラウンジは2007年に横浜で産声を上げたちっぽけなウェブ屋さんです。ICTを活用すれば地域の人達がもっとつながれる。そうすれば、孤独なお年寄りも、人付き合いが苦手で仕事に就けない若者も、育児に悩むお母さんも、みんなが繋がれる。そんな思いで設立された会社です。 機械って、なんだか人間とは距離があるって思っている人って結構多いんじゃないのかなぁと思います。でも、機械を使うことで人と人とが繋がれることってありますよね。SNSをいつも使っている皆さんには、あまりにアタリマエのことかも知れませんね。でも、進化の著しいITを活用することによって、人生が劇的に変化する人たちがいます。その一つが、自閉症など発達障害をもって生まれてきた子供たち。そんな子供たちの日常生活を支援するアプリを作ったりしています。 インフォ・ラウンジは、2012年に「ICTで世の中の全てのバリアーを取り除くこと」をミッションに掲げ、地域情報化、福祉情報化、教育情報化に注力した事業展開を進めているところで、より多くのバリアを取り除くために、ウェブやアプリの開発を担って頂ける方々を急募しています。

Why we do

インフォ・ラウンジは福祉・教育の会社ではなく、福祉情報化・教育情報化の会社です。だから、技術にはやっぱりこだわります。なぜなら、世の中のバリアーを取り除くアプローチには確かな技術に裏付けられた適応力が求められるからです。 U/Iへのこだわりもそのひとつ。世の中の福祉機器にありがちな「機能を満たせばそれで良い」という考え方はしません。障害をもった人たちの行動パターンを学ぶことは、健常者の本質を学ぶこともでもあり、そこで次々と要求される技術的難題をクリアしていくことは、困難なことであると同時に、大きな達成感得られるお仕事です。 自分たちの創り上げたアプリが、いつしかその子どもの日常生活を激変させ、手放せないものになったという、御礼のメールが届いた瞬間は、思わずみんなでガッツポーズをしてしまいます!

How we do

インフォ・ラウンジは小さな会社なので、あまり決められたルールはありません。働き方も時間も比較的自由です。体系付けられた教育プログラムのようなものが無いのが、欠点かも知れませんが、みんなとにかく自分で調べて解決しています。 最近は人も増えてきたので、自主的にノウハウを共有することによって、スキルアップのスピードもグンと上がってきているようです。 とにかく出会ったいろいろな方々が、ミッションに賛同してご協力いただけるので、本当に感謝しています。