1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

What we do

India Note
Indeeds House in Bangalore
インド最大のIT都市で「アジアのシリコンバレー」と呼ばれるバンガロールにIT留学・海外インターンをしているメンバーでインターネットメディア事業を展開しています。 ◆ India Note(インディアノート) インドの最新情報を発信するウェブメディア。インド最大のIT都市バンガロールを中心に、インド最新のビジネス、生活、文化、教育、旅行、留学情報を発信しています。開始3ヶ月で月間1万PVを越え、今後インドNo.1メディアとしての地位を確立させていきます。 http://indianote.asia/ ◆ Indeeds House(インディーズハウス) バンガロール・インディラナガー地区に拠点を構える日本人向けのシェアハウス。バンガロールでIT留学や長期インターンをする学生が住み、バンガロールで活躍する若手起業家・学生のハブとなっています。 http://indeedshouse.asia/

Why we do

◆ インドNo.1 webメディアを創る 私たちがバンガロールに来て感じたのが日本人のインドに対する固定概念と現在のインドの姿との大きなギャップです。実際のインドは、高度な教育によって優秀な人材を次々に輩出する人財大国です。そして世界中から拡大し続けるマーケットを狙って、外資系企業や起業家がインドに進出し、しのぎを削っているのです。最新かつ正しい情報を発信しそのギャップを埋めることで、もっと多くの優秀な日本人がインドで活躍するきっかけをつくりたい。これが私たちの想いです。 ◆ バンガロール日本人100人プロジェクト 全く慣れない土地での生活、日々の勉強、新規メディアの立ち上げの両立と、最初は苦難の連続でした。しかし、そんな状況の中でも、インドが今後10年以内に世界のビジネスの中心となるという確信と、ここに広がる大きな可能性を私たちは日々感じています。今バンガロールには無限の可能性が広がっています。もっと優秀な日本人を呼び込みたい。バンガロールから世界で活躍する日本人を輩出したい。そのために私たちは2015年、100人の日本人をバンガロールに誘致することを目標に掲げています。

How we do

◆ 将来世界で活躍することを目指すメンバー 現在India Noteを運営するメンバーは将来世界を相手に活躍することを目指す学生や社会人です。英語、プログラミング、マーケティング、マネジメント、会計、HRなど、様々な分野をインドで横断的に学んでいます。 ◆ バンガロールで広がる若手日本人ネットワーク 現在バンガロールには20代の、起業家、ベンチャーキャピタリスト、Webデザイナー、長期インターン経験者など非常に面白い人々が集まってきています。そしてバンガロールには日本人だけでなく、多くの優秀なインド人起業家が大多数おり、彼らと出会う機会も頻繁にあります。私たちはそれらのネットワークを存分に活かし、お互いに相互協力しながらバンガロールを盛り上げようとしています。