This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【メンバーインタビュー】採用とバー経営のダブルワーカーのケンゾーさんに色々聞いてみた

※スマホ画面は毎日使ってるthe scrambleの平日コーヒー飲み放題チケット。右はインターンの山中くん※

◎プロフィール
2009年に立命館アジア太平洋大学入学後、学生寮の寮長(RA)として活動。1年半の休学中にアルバイトでお金を貯めてマルタ共和国へ留学。在学中に別府でバー経営。卒業後は新卒でオプトに入社。4年間新卒採用を担当。2019年3月に退職して別府へ移住。現在は the HELL Record & Sour のオーナーとしてバーを経営しながら、イジゲン株式会社で採用担当を務める。

大手広告代理店の凄腕採用担当だったけんぞうさんが、今ではバー経営と大分屈指のスタートアップ企業での勤務といった尖ったキャリアを歩もうと思われたのか、どんどん深堀りしていきたいとおもいます!

田中:まず、大学時代を過ごした別府でバーの経営をされている経緯を教えていただきたいです。

 学生時代から「いずれは自分の力で何かやってみたい」という想いはずっとあって、30歳を迎える前に大きな挑戦をしようと思ったのがキッカケです。別府で挑戦したいと思った理由は、純粋に別府が好きだというのと、『地方だからチャンスに恵まれていない』『都会の方が恵まれている』という考えを変えたいと思ったからですね。私自身、大学時代にバーを1年ほど経営する機会を頂いて、その時の経験が今の自分に大きく影響しています。そういった背景もあって、別府に住む学生が学外でも挑戦できて、成功も失敗も経験して、たくさんの学びを得られるような場所を作りたいと思い、今のお店を始めました。

田中:そんな素敵なバーのオーナーでありながらイジゲンを選んだ理由をお聞きしたいです。

お店を営業していない時間を使って4年間の新卒採用で培った経験を活かしたいと思ったからです。また、どうせやるならば採用に対する熱い思いを持った会社で働きたいと思っていたので、シリーズAラウンドで資金調達を終え、事業の成長にブーストをかける為にも採用に全力を尽くしていきたいという代表の鶴岡の言葉に惹かれてイジゲンを選びました。

田中:これまで様々なお仕事を経験されていますが、どのような基準で会社を選ばれていますか。

「会社選びの基準」ができあがったのは、大学時代に休学して、フリーターとして3つの仕事を掛け持ちしていたことが大きいですね。自分という人間が社会でどれだけ通用するのか知りたかったのと、就活前に『働く』ってなんなんだっけ?と疑問がわいたことがキッカケで休学しました。1年間、3つの職場で働く中で、給与の高さよりも一緒に働く人がプロ意識をもっている方が仕事を楽しいと思えることに気づきました。福利厚生や給与は、経済や企業の経営状況により変動する可能性が非常に高く不安定ですが、社員の価値観や会社の目指している方向性は大きく変わることがなく安定しています。なので、共に働く人の価値観や会社の方向性を見て仕事先を決めています。

田中:人事を担当する上で困難だったことはありますか?

採用に関わった社員が思った活躍ができずに退職してしまった時は、とても辛かったです。人事は採用だけではなく、入社してくれた一人一人が成長できる環境作りをしていくことも大切なので、採用した人の可能性をどうしたら最大限活かせるかがとても重要になってきます。社員が成長することが結果的に会社の業績アップに繋がりますしね。

田中:なるほど、人事の業務は採用だけではないのですね!では、どんな人がイジゲンに合いそうですか?または、どんな人と働きたいですか?

自ら行動できる人ですね。イジゲンはまだまだスタートアップのフェーズということもあり、未完成な部分がたくさんあります。そんな時に「アレがない」「コレがない」などと不満を言うのではなく、時には誰かに言われずとも自分から動けるかどうか。「無いなら自分が作ってやろう!」くらい意欲的で、常に現状に満足せずに努力し続けられる人と働きたいですね!

田中:最後に、イジゲンに入社したいと考えている方々へメッセージをお願いいたします!

地方出身者あるあるではないですが、「若い頃は都会でバリバリ働いて、いつかは地元に帰って挑戦したい!」という方は少なくないと思います。もちろん、現在置かれているフィールドに不満も無いのに地元に帰ることに対して負い目を感じる気持ちもあるでしょうし、本当に地方で生活できるのか、など分からないことだらけですよね。地方移住をして5ヶ月程度ではありますが、ぼく自身が強く感じているのは、地方の方が自分の力を試すチャンスはたくさんありますし、都会で得たスキルを必要とされる場面が多くあります。もちろんイジゲンは東京と福岡にもオフィスがあるため、生活拠点を変えずとも挑戦できるフィールドをご準備しておりますので、お気軽にご相談ください!

イジゲン株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more