This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

ホリエモンこと堀江貴文氏と対談してキタ卍

みなさん、こんばんは!
広報のゆうこりんです(^o^)


タイトルに卍(まんじ)が含まれておりますが、まったくオラオラな記事ではございません。

タイトルを考えていたとき、とっさに出てきたのがコレでした。
というもの、朝、オフィスで代表の鶴岡がとある動画を見せてきたのです。

その動画がこちら↓↓↓↓↓
若者言葉でニュースを読んだらこうなるww

4/1に新元号が発表され、来月5月からは「令和」の時代が始まります。
平成の世に生を受けたわたくし。
令和に種をまくのはわたしたち平成の若者」と気持ちが大きくなった結果のタイトルです。


さて、気持ちが大きくなるのもよいですが、
まずは目の前のことをしっかりと。
「ホリエモン×ツルエモン」対談のご報告をいたします(^o^)!


4/2、大分県別府市にて「ホリエモン祭 IN別府」が開催されました!

ホリエモン祭とは、
みなさん、一度はその名前を耳にしたことがあるであろう、ホリエモンこと堀江貴文氏がプロデュースする都市型フェスのこと。

大分はゴリゴリの地方ですので、今回は地方型フェスになりますね!


そんなホリエモン祭にて、なんと弊社代表の鶴岡が堀江氏の対談相手に!!!!!
始まる直前まで緊張気味気味の鶴岡でしたが、MCさんから名前を呼ばれるとそそくさと壇上へ。

会場にて出展されていた、美女ハイカラ集団と乾杯。
(ハイカラ=ハイボールと唐揚げの販売を行ってくれていました!)

乾杯後、さっそく対談スタート!


対談テーマが「リアルとヴァーチャル」ということから、SNSは人と人とのコミュニケーションツールの一つであるという深イイお話をしておりました。

TwitterやFacebookなど世の中にはありとあらゆるSNSが普及している世の中。
そういったSNSを使って…例えば、Twitterでつぶやくこと、インスタグラムのストーリーズを使ってリアルタイムで友人に自身の「今」の状況を伝えることで、同じ景色を見たり、感動をシェアすることができるって素敵ですよね。


そしてお話は、世間で話題となっているサブスクリプションについてへと。。

サブスクリプションと言えば!わたしたちのようなIT従事者はお世話になっている方が多い、Apple。
Appleと言えば!3/25にオリジナルコンテンツが楽しめる映像サブスクリプションサービス「Apple TV+」を開始することを発表しました。



そして、サブスクリプションと言われて黙っていないのが、わたしたちイジゲン。


4/1に、サブスクリプション・プラットフォーム『always(オールウェイズ)』がサービスを開始いたしました!!

alwaysは、様々な店舗のサブスクリプション(定額制)サービスの購入・管理ができるショッピングモール型のアプリです。
alwaysのアプリに登録することで、様々な店舗の定額制サービスを閲覧・購入することができます。

詳しくはこちらのプレスリリースをご覧ください♪


おおおおおおおおおおおお!
宣伝なんてするつもりなかったのに、しっかりとやってしまった...(ほんと、全く宣伝する気なんてなかったんですよ、ほんとに。)


サブスクリプションについての対談では、一種のシェアリングエコノミーとして機能していく可能性についてお話しいたしました。

堀江氏曰く、人生の中において、結婚・家・車・子育て…この4つをクリアしていくにはなんと2億円ものお金がかかると...!

それが今やモノが売れず、購入・所有するという生活スタイルから利用することに変化をしています。
車でいうと、トヨタ自動車がKINTOという定額制で車乗り放題ができるサービスを行う子会社を設立しました。

トヨタの例のように、車という「モノ」をシェアしていくことになるので、サブスクリプションはシェアリングエコノミーの一環として機能していくよね〜、とお話をしていました!


様々なモノ・サービスはこれからサブスクリプションとして世の中をもっと良くする可能性を持っているので、一緒におもしろい社会を創っていこう!と盛り上がりました(^o^)

ちなみに、堀江氏は別府市でアイアンマンレースができる場にしたい!と熱く語っておられました。
別府は人が入浴できる温泉湧出量が世界一であり、つまり、温泉ミネラル豊富!
アイアンマンレースという過酷な競技をした人々の身体を癒せる場であり、観光がてらおいしい食べ物も摂ることができるという、別府最強説が浮上!!

別府でアイアンマンレースが実現される日を期待しております!


余談ですが、ちょうど、会場で和牛を出展していたお店があり、対談中にそれを食した鶴岡。
鶴岡 :「旨。これ旨、、!めっちゃ旨い!!!!」
堀江氏:「うまいでしょ!?和牛のサブスクリプションできるかな〜」
鶴岡 :「やりましょう。月100万円で。」


ということで、alwaysで「月100万円で和牛食べ放題」のサービス、果たして提供開始なるか!?

乞うご期待!

イジゲン株式会社's job postings
Anonymous
36e5353f 5847 4690 8d3a 980367a161ce?1559887578
Picture?1523336554
Picture?height=40&width=40
49311b28 e6f2 4c56 9117 ae5d156eb6ba?1549981810
Anonymous
6 Likes
Anonymous
36e5353f 5847 4690 8d3a 980367a161ce?1559887578
Picture?1523336554
Picture?height=40&width=40
49311b28 e6f2 4c56 9117 ae5d156eb6ba?1549981810
Anonymous
6 Likes

IT

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon