This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

「私たちのカジュアル面談」カジュアル面談の終わり方がわからない笑

こんにちは!株式会社アイ・エフ・クリエイト、人事部の大湯(おおゆ)です。(クエスチョンマークが苦しい・・・。)

当社はWantedlyでの募集を本格的に始めてからまだ半年くらいの企業です。経験値が少ないからなのか、タイトルの通り面談の終わり方がわかりません。笑

Wantedly経由でお越しになる方はWebのリテラシーも高く、情報収集が上手な方が多いので、私や会社のことをすでによく知ってくださっています。

私は私でそんな方が当社に興味を持ってくださっていることが非常にうれしく、基本的に舞い上がった状態で面談がスタートします。

面談中に感じるのが、この面談って”通常の面接である程度選考が進み、お互いリラックスした状態でお話している状態”に非常に近いと感じることが多いです。

上手く言えないですが、お互いに愛着がわいている状態で面談している感じです。

私が面談で気を付けているのが、お越しになった方が転職活動において”何に重きを置いているか”です。その重視している部分がちゃんと当社でのキャリアで実現できる可能性があるかを見定め、ある場合にはそのシチュエーションをできるだけ具体的にご本人に想像していただくことに注力しています。

基本的に情報収集した上で来てくださっているので”ある”場合が多いですが、時にはご本人の希望のものが”ない”場合もあります。

ない場合には、ない理由をお話し、あとはご本人の感じ方にお任せしています。

入社してもらうことが目的なら多少強引さも必要かもしれませんが、入社してもらうことを目的としている人事担当者なんていません。

働いていくうちに”ここで働いていてよかった!”と思ってもらうことが何よりも大切。

以前こんなことがありました。

面談にお越しになった方とお話をしていると、「当社以外に面談や面接に行っている企業の職種や業種が当社でのお仕事と全く違うのです」←わかりにくい涙

「私は教員になりたいんです。御社には教員という職種はないけど御社に入りたいんです。」←例えるとこんな感じです。

なぜだろう?と思い色々と訊いていくと、

ご本人はペットを飼っていて、ペット保険への加入を考える際にたまたま当社のサービスを利用したそう。

とてもわかりやすく、安心できるサービスだったのでどんな会社か興味を持ったそう。

そしたらWeb上に当社に関する色々な情報があって、純粋に”一生に一回はこんな会社で一生懸命働いてみたい”って思ってくださったそうです。

「職種を色々見て、未経験の私に挑戦できそうな職種がこれしかなかったので勇気を出して応募してみました!」っておっしゃるのです。

そして「今日来てみたら、皆さん優しそうで、お茶を出してくれた方も笑顔がステキで楽しそうで。この業界のこと何も知らないので落ちると思いますが、今日御社に来てよかったって思っています。」とおっしゃるのです。

自分の気持ちを上手に相手に伝えることができ、努力を惜しまず、組織に対する愛着と決心があり、行動力がある。

誰がこんな方を落としますか?と。

もちろん採用させていただき、この2月にご入社の予定です!

お互いに愛着を持って面談していると、選考中に踏むステップが基本的にクリアされ、問題がなければ面談が終わるころには”一緒に働きたい”ってなってしまっていることが多いです。

なので、「この後どうしたらいいですか?」って訊かれると困るのです。もうその後の面接の必要がないので。

でも「採用したいと思っています」って言っちゃうと「カジュアル面談じゃなくてしっかり面接してたんですね。嘘つき!」ってなってしまいそうで言えない。

しまいには「今回の面談でさらに当社への興味が湧いたら連絡ください(なんという上から目線)」とかいう始末。失礼だ・・・。

こんな私ですが、察してくださる方々のおかげで、wantedly運用開始から毎月1名はwantedlyのカジュアル面談からメンバーが増えていっています!

Wantedly人事の先輩方、今後来てくださる方のためのもカジュアル面談の終わり方を教えてください!

株式会社アイ・エフ・クリエイト's job postings
38 Likes
38 Likes

Weekly ranking

Show other rankings