イデア・レコードの社長に聞いてみた!

 イデア・レコード 代表取締役社長の柏田です。2012年にイデア・レコードを設立し、現在は福岡と東京に事務所を設けています。今回はイデアを設立するまでの経歴や、設立の経緯などを話していきたいと思います。

イデアを設立するまで

 明治大学商学部を卒業後、新卒でWEBコンサルティング会社に入社し、コーポレートガバナンスの策定や企業ブランディング戦略の立案、100社以上の企業WEBサイト構築を手掛けてきました。
その後、大手IT企業へ転職し、プロジェクトマネージャーとして証券オンライントレードシステムの構築や、国内大手クレジットカード会社のオンライン決済アプリの開発、また大手コンビニチェーンのWEBマーケティング、システムコンサルタントを担当していました。
 2012年に独立し、株式会社イデア・レコードを設立しました。現在は社長として会社を統率しつつ、イデアのクラウドサービスである予約管理システム、勤怠管理システム、コールセンターシステムなどを設計・プログラミング開発もしています。

設立のきっかけは?

 もともと漠然と「将来的に起業しよう」という思いはあり、新卒のころから将来的な独立を意識して働いていました。
 大手IT企業でコンサルティングを経験する中で、大手企業じゃなくても必要とされている業界や組織があるのではないかという考えが生まれ、自分の家業であった飲食業・不動産業を通じて店舗ビジネス業界を変えていきたいという思いでイデアを設立しました。

会社名の意味は?

 Ideaは「アイデア」、recordは「記録する」という意味で、;(セミコロン)はプログラミング言語で関数を表しています。「アイデア」と「記録する」をセミコロンでつなぐことで「アイデアによって記録を多種多様に使用していく」という意味を込めています。

仕事の際に意識していることは?

 会社として目先の利益をとって短期的な成長を遂げること目指すのではなく、長期的な視点で最適と思える理想像にスピードを持って近づける、サービスをバージョンアップさせていくという考えのもと、仕事に取り組んでいます。また、社員ひとりひとりの経験がチームの力になり、会社の力になり成長していく。会社が成長し続けていれば、自分も自ずと成長していく、当社がそういった場であり続けるために努力しています。

今後、イデアをどのように発展させていきたいですか?

 現在、クライアントの多くは飲食業界ですが、他の業界の悩みにも対応できるようなサービスを提供しているので、新しい視点から事業の拡大・開発に注力していきたいです。
 また 短期的にサービスのカスタマイズやアップデートをコンセプトとするサービス進化型企業として各クライアント企業様、パートナー企業様が胸をワクワクさせるような行動をしていきたいですね。

どんな人と働きたい?

 人と協力すること・協力してもらったらそれ以上のことを返すという考え方で人との関わりを意識できる人。求められているものに対して短期間で達成するための具体的なアクションを取捨選択し、努力できる人。
 これらは企業理念である「自ら律し、つながり、共に立つ」に基づいており、この考えに共感していただける方、私たちとともにつながり成長できる方をお待ちしています。

株式会社イデア・レコード's job postings
14 Likes
14 Likes

Weekly ranking

Show other rankings