This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

<SE編>転職に有利な資格を徹底分析

そもそもSEの転職で資格は必要か?

結論から言うと、システムエンジニア(SE)は資格がなくても転職することが可能です。

なぜならば、SEは弁護士や税理士、医師などのように、“特定の資格をもっていないと名乗れない職種(名称独占資格)ではない”ためです。

従って、転職時にも“基本的には”資格の取得が応募条件に含まれているなどの問題もありません。

ただし、どんな分野・業界・職務領域でも資格なしで転職可能かと聞かれると、残念ながら、一部、不可能な企業もあります。

例えば、近年注目が集まっているセキュリティ分野に特化したSEであるセキュリティエンジニア。

確かに資格なしでもできる仕事です。

しかし、国家資格として「情報処理安全確保支援士(RISS)」という制度が整備されたことによって、「情報処理安全確保支援士」の保有者、あるいは認定試験合格者であることを、セキュリティエンジニア募集要項の必須条件に加えている企業も出てきています。

「情報処理安全確保支援士」以外にも、情報処理技術者試験という国家試験制度がありますが、“社員の中にその試験の合格者が一定数以上いること”が官公庁の発注する案件への入札条件になることもあります。

そのため、一部の大手企業(特にエンタープライズシステム開発を行うSIer)などでは、それらの資格の有無を中途採用者の採用基準として重視、必須項目としていることもあります。

そのため、資格がなくてもSEとして転職できますが、特定の企業の場合、採用活動が厳しくなる可能性が事実としてあります。

これらのことから「SEに資格が必要か?」と現職SEに聞くと、その方の在籍する業界や職域分野、企業の考え方などによって「資格はまったく不要」という方もいれば「資格はとても重要」という方まで、人さまざまです。

ただ、転職活動という意味では、企業に興味を持ってもらうために、資格欄が空白よりは、なにか一つでも書いてある方が良い、というのは間違いありません。気になる続きは👇👇👇

他にも『techcareer magazine』では
エンジニアやクリエイターの人生やキャリアのお役立ち情報を配信中!

株式会社アイデンティティー's job postings
Anonymous
Anonymous

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more

Page top icon