1
/
5

What we do

製造業における目視検査業務の課題として、以下のような問題がありました。 ①人手不足で検査員が集まらない ②検査そのものが難しく、人によって精度が異なる ③AIを検討してみたものの費用が高く、導入が難しい そんな目視検査に悩む製造業に対し、目視検査を自動化するAIサービス「メキキバイト」をご提供しております。 株式会社フツパー https://hutzper.com/ ■「メキキバイト」サービス概要 お客様ごとに、オーダーメイドで作成した画像認識AIを組み込んだデバイス(エッジデバイス)を現場に導入し、検品業務などの「目」で行う業務を代替するサービスです。 AI構築後は、AIが判定した結果をスマホやPCに通知する機能、AIの判定理由を可視化(ブラックボックス化させない)した機能、AIが賢くなるための再学習機能などを搭載した専用のアプリを活用することで、現場での運用負荷を最小限にすることが可能です。 上記のサービスを、実証実験(PoC)から本番導入まで一気通貫の月額制で、かつ安価でご提供することで「はやい・やすい・巧い」を実現いたします。

Why we do

日本の人手不足、特に製造業ではその問題が深刻になっています。 そんな現状を打破すべく、人工知能や人に代わって機械が作業を行うサービスが数多く流通していますが、果たして世の中にどの程度導入されているでしょうか? 一般的に最新技術の導入においては、大規模な設備投資や人材コストが必要です。 今後の社会の情勢を見据えて、AIに投資を行うことができたのは予算を持つ大手企業ばかりでした。 真に人材不足に困る中小企業に対し、我々は”はやい・やすい・巧いAI”をモットーに、最新技術を世の中に広めてまいります。

How we do

画像認識を中心としたAIを、サブスクリプション型で安価に提供することで、当社のビジョンである「”泥臭く”最新技術を届け、現場をスマートに!全製造業へ起こすホンマのDX」を達成してまいります。 AI開発は通常のソフトウェア開発と違い、実際に取得されたデータを与えて精度検証を行うため、「やってみないとわからない」部分が存在します。 そのため最初の足掛かりとして実証実験(PoC)を行いつつ、フェーズを分けながら開発を行いますが、数百万円のPoCを実施したにも関わらず、結局AIで出来なかった。そんな事象が日本全体におけるAI導入やDX推進を停滞させる一因となっております。 また画像認識AIの世界では、必ずしもAI開発だけが要ではありません。 AIが学習しやすいような画像の取得、従業員とAIの組み合わせによる現場オペレーションの改善など、AIの性能・精度と現場環境は密接な関係にあります。 私たちは月額サービスによりお客様の導入リスクを極力減らし、ノウハウを蓄積しながらも、現場から一気通貫でAIを導入。データ収集のノウハウ(撮像)と特許取得中のシステムによる技術力を用いて、開発力と現場力の2つの側面において日本を推進する存在を目指します。