This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

昨夜はHRテクノロジーの勉強会

毎月1回、テーマを決めて勉強会を行っています。昨夜は「HRテクノロジー」で慶応義塾大学大学院経営管理研究科 特任教授 岩本隆先生にお越しいただきました。直近の産業政策の動きから海外・国内でのHRテクノロジーの推移、テクノロジーによる人材マネジメントの変革に向けて行うべきことまでを90分で学びました。

テクノロジーの活用では、データの蓄積が差を生み出すため、早く取り組んだ企業と取り組んでいない企業との差が開き続ける・・(この1年で既に差が開いている・・!)とのこと。

これまで人事領域では、得てしてエビデンス・データの乏しい感覚的なものに左右されがちでしたが、最近では、具体的なエビデンス・データを出し、企業の業績や生産性向上に人事がどのように貢献しているかが求められるようになってきています。 日本のHRテクノロジー、人事ビッグデータ(アナリティクス)の優れた取り組みを表彰することで、この分野の進化発展に寄与することを目的に、今年創設された「HRテクノロジー大賞」で岩本先生は 審査委員長を務めていらっしゃいます。

弊社代表の寺澤も「 ある程度のリテラシーを持っておく必要がある」と言っていますから、私も情報感度を高めていかないといけません。

▼第1回「HRテクノロジー大賞」受賞企業の発表はこちらから

http://www.hrpro.co.jp/hrtech_award.php

ProFuture株式会社's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings