1
/
5

「モノづくり」に魅了され営業職からエンジニアに -ハウテレビジョンの根本技術を支えるエンジニアの働き方-

今回は入社3年目のエンジニアとして働く藤原(ふじわら)さんにハウテレビジョンでエンジニアとして働く上での魅力をお聞きしました!

きっかけは営業をしていた商社時代。技術への理解を深めてみたいと思った瞬間とは?

--入社までの経緯を教えてください

初めまして。入社3年目の藤原と申します。

大学は文系学部出身で、新卒は商社で営業を担当していました。現在ハウテレビジョンでは、エンジニアとして働いています。

エンジニアとしてのキャリアを歩みたい!と、強く思ったきっかけは商社時代です。

商社時代は電子部品の商材を扱っていたため、提案に行く際には専門知識がないと細部まで話が出来ずに受注に至らないケースが多かったんです。なので必ず自分1人だけでなく、専門知識があるエンジニアを連れて2人体制で営業していました。

そんなある時、提案先の1人の担当者の対応に衝撃を受けたんです。

その人はエンジニアとして活躍していて、開発に関しての知識量、話の理解力、全てが僕より上だと感じました。開発の知識量は当たり前に僕には足りない部分でしたが、何よりも自分が扱っているモノを理解して、的確に説明する力すらも及ばないなと感じました。

その出来事が僕の中では大きな衝撃で、今の目標でもある「モノをつくれて売れる人」になりたいと強く思った瞬間でもあります。

営業の仕事はモノを作る事ではなく、売る事ですよね?

売る事だけを続けていてもモノの知識は深まらない。本当にモノが売れる人は、モノを作ってそれを完全に理解している人だ、そう思ったんです。

そこからエンジニアとしての力をつけるためにプログラミングスクールに通い始めました。そこで開発経験を積み、ご縁があったハウテレビジョンに入社を決めました。


ハウテレビジョンでエンジニアとして働くということ

--業務内容を教えてください

ビジネス寄りのバックグラウンドがある、という強みを活かして商品開発エンジニアを担当しています。一般的なエンジニアと少し違うのは、営業やマーケといったビジネスサイドからプロダクトに関わることでしょうか。

クライアントの課題のヒアリングから始め、最適な開発手段を導き出し実装するところまで一貫して関わっています。簡単にいうと、課題を元に自分たちの作るものを決めて自分たちで実装するといった感じです。


--企画と開発どちらもやるんですね

はい。なので、プロダクトのフェーズによってどちらに力を入れるかは変動しますね。企画立案フェーズは企画を中心に、企画が通って実装となればエンジニアとして開発を行います。


--実際に現在はどのようなことに取り組んでいますか?

現在取り組んでいるのは、外資就活上でのフォロワーへのメッセージ機能追加ですね。

外資就活には、ユーザーが気になる企業をフォローできる機能があります。フォローをするとその企業の募集や最新のニュースの通知が来て、ユーザーと企業の双方がよりお互いを知れるきっかけになるんです。

企業側からしたら、どれくらいのアクティブのユーザーが自分の企業に興味を持ってくれているのか気になりますよね。それを測る一つの指標がフォロワーだったんです。

そこで、よりフォロワーが増える仕組みはどう作ればいいのか、ユーザーに企業をフォローするメリットをどう伝えればいいのか、といった課題が出てきます。

それに対して、よりユーザーと企業の繋がりを濃くするために考えられたのが、メッセージ機能です。ユーザーとしても、フォローしている企業からより具体的な情報がもらえることで判断基準が増えたり、人事から直接メッセージを受け取ることで興味をもち、本当に自分に合った企業と出会うことができたり。企業側からみても、メッセージを通してユーザーへのアトラクト、つまり魅力付けが可能になります。


--業務を通して見えてきたハウテレビジョンで働く魅力は何ですか?

大きく分けて2つあると感じています。

1つは新しい技術を取り入れやすいことです。開発メンバーが10人程度の小規模なことや、プロダクトとしても成熟段階にあるため、組織としての柔軟性が高いんです。そのため常に最新の技術でさらなる性能改善、安定稼働、開発効率向上に取り組み続ける事が可能になります。

そしてもう1つは、クライアントからの期待が大きく、それを肌で感じられることです。外資就活は他の新卒向け求人媒体と色が違い、トップ層のとがった優秀な人を抱えてるというのが認知され始めています。その優秀層を採用したいクライアントさんから広告を頂いていることがすごく話していて大きいと感じますし、この仕事の魅力の1つです。


--逆に大変なことがあれば教えてください

情報のキャッチアップが追い付かない部分がたまにあることですかね。

ハウテレビジョンでは、新しい技術を積極的に取り入れているので、最新の情報がちまたにない事が多いんです。その状況の中で取り組むことは、エンジニアとして駆け出しの立場からは少し大変ですが、良い成長痛だと思っています。


--どのようなところが成長したと実感していますか?

どのようなところ…「成長しているところしかない」っていうのが、回答になります(笑)。

エンジニア未経験でこの会社に入ったので、本当に右も左もわからなかったんです。そんな状態から2年ちょい経って、今はエンジニアリーダーにまでなることが出来ました。やっと「藤原に相談すれば大体大丈夫」みたいな状況を作り出せているかと思っています。

ただ正直、それまでは本当に苦労しましたね。研修は当たり前にないんで、タスク与えられてそれをこなしてステップアップしていく感じでした。初めはバグつぶしといった細かい仕事から取り組んでいた記憶があります。

扱ったことのない言語の文法から理解しなきゃいけない。外資就活の仕様も理解しないといけない。しかし、言語も仕様も基本的には人に聞くのではなく、自分でコードを追うことで理解していきました。そうすることで1つ1つ完璧に理解できるんです。

もちろん都度そのタスクに対して必要な知識は異なるので、それに対してこの1週間で悩んだものは週末で勉強し、次の1週間でアウトプットするサイクルを自分の中で作っていました。


--モチベーションを保つのに苦労はしませんでしたか?

自分が目標としている姿になれるまでは全力でやりきるって決めてました。

なので、苦労したというよりは日々できることが増えていく状態、つまり目標に近づいていることが楽しくて、ここまで来た感じですね。


--今後はどのようなことに挑戦したいですか?

ハウテレビジョンのオンリーワンになりたいと思っています。

ゴリゴリの技術寄りというよりかは、技術を手段としてビジネスサイドの課題解決を行いたいんです。なので、エンジニアサイドとビジネスサイドの間に立ち、双方のスムーズなコミュニケーションを実現するための橋渡し役を担うことで、オンリーワンの存在になれると思っています。

実際にビジネスサイドから「技術的にこういうの可能なんですか」といった質問を多々受けるので、それにまず的確に答える。そこで問題があれば解決策も踏まえて伝える。

さらには、自らクライアントの課題を把握し企画して、実装まで一貫して完璧に実行できる存在になれればなと思っています。


ハウテレビジョンに求められている人材とは?

--ハウテレビジョンで大事にしている価値観を教えてください

ユーザーファーストを大事にしています。

就活サービスはそうであるべきだし、それが世の中に求められていると思っています。

ユーザーファーストを実現するために、私たちエンジニアとビジネスサイドとが対等な立場で意見交換をする機会が設けられています。

また社内に外資就活を使っている学生が働いているので、声をかけて実装した機能が実際にどう使われるか確認することも多いです。そのためエンジニアであってもユーザーファーストに対して高い当事者意識を持てていますね。


--ハウテレビジョンにマッチする人の特徴を教えてください

課題意識を持ち、かつそれぞれの強みがある人です。

例えば私であったら営業のバックグラウンドを活かして、敢えてユーザーファーストとは逆の立場である、クライアント側の立場で考え意見を言う時もあります。ユーザーに質の高いサービスを提供するためにはサービスを成り立たせているクライアントも大切にしないといけないのです。もちろんその根底にはユーザーファーストがあります。

このようにサービスに対して課題意識を持った上で、それぞれの視点での意見が出されることで、ユーザーファーストが実現されていくと考えています。課題意識を持って、かつそれぞれの強みがある人が集まれば、事業としては伸びるしおそらく弊社の社員とも親和性は高いはずだと思っています。


--他の社員さんはどういった経緯で入社されることが多いですか?

私も含めてサービス自体よりも技術に惹かれて入社する人が多い印象です。そこから入社してプロダクトに興味持って、キャッチアップしにいくという形ですね。なので、技術の力を発揮してサービスを創り上げることにモチベーションを感じる人こそ親和性が高いと考えています。今まで培ってきた技術力を活かせることに加え、希望の働き方ができるという点に魅力を感じる方が多いです。


-最後に候補者の方へメッセージをお願いします

技術志向の人も、企画志向の人も、ビジネス志向の人であっても、エンジニアとして受け入れられる土壌がある環境です。それぞれの強みを持ち、発揮できる方をお待ちしてます。私の話を聞いて少しでもハウテレビジョンに興味を持ってくれた方は、是非面談でお話を聞きにきてください!

株式会社ハウテレビジョン's job postings
12 Likes
12 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more