1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

代表取締役 遠藤が語る。『努力と成長とは。』

『努力の積み重ねで築いた現在の自分』

私が大工として働いている時、周りの同期や親方を見渡してみると特別な努力をしているように見えなかったのに、大工としてある程度技術を身につけて家を建てていることに気がつきました。それを見て「ただ仕事をこなすだけではなく技術や知識を意識的に身につけるような努力をしたら将来どうなるのだろうか」と考えるようになりました。これが最初の努力のきっかけです。努力を重ね続けていけば私の周りにライバルはいないと思ったのです。事実、現在は当時周りにいた人たちと異なるステージにいます。こうした経験から私は若手社員に対して「決めた時間だけ毎日勉強した方が良い」と伝えています。仮に、毎日数十分の勉強を続けていれば、一年間で何百時間も勉強していることになります。全く勉強していない人と比べたときに、どちらの方が高いスキル持っているかは明らかです。

『自分を高めるために何が必要か、考えて行動に移してほしい』

これから働く会社それぞれで必要なスキルわかっている状態で勉強するので、学んだ分だけ技術となって身につきます。だからこそ、みなさんにはまず自分を高めるには何が必要かを考え、行動に移してほしいと思います。そして、一つの課題をクリアするごとに次のステージへと変わっていくのです。現在の私は、スキルを上げるための努力とは別に、組織をどうしていくのか。どういう人とつながるかということに時間を費やしています。

『成長するために必要な心構え』

大切なことは、何事も他責にせず、全ての自分の心の在り方だと反省できる人は成長します。どんなことがあっても、成長できるかどうかはその人次第です。プライドは持つべき場所が大切ですが、プライドは高くとも素直であるべきだと考えます。

ハウスクラフト株式会社's job postings

Weekly ranking

Show other rankings