1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

総合格闘技としてのSNSマーケと、大事な『全体最適思考』

こんにちは、株式会社ホットリンク 採用担当の松井です。

今回はホットリンクのマーケティング部 部長を務める室谷のインタビューをお届けします。
前職での経験や、SNSマーケティングの領域に飛び込んだ理由についてインタビューしました。

室谷 良平
ホットリンク マーケティング本部 マーケティング部 部長
Twitter:@rmuroya

松井:今日は室谷さんのキャリアや仕事の中で意識していることを
インタビューさせてください。まずは自己紹介をお願いします。


室谷:マーケティング部の室谷(ムロヤ)と申します。
自社のマーケティングを担当しています。
具体的には「SNSマーケティングならホットリンクだよね」といった
ブランディングや案件のご相談をいただけるように

・展示会への出展やセミナーの企画・開催
・コンテンツマーケティングや広告運用、ウェブサイトの改善
・ブログやセミナー登壇を通じてSNSマーケティングのメソッドの普及、啓蒙
 にも取り組んでいます。

松井:Twitterでも日々情報発信してますもんね。勉強させていただいてます。
自社のマーケティング以外に取り組んでいることはありますか。


室谷:メインのミッションは自社のマーケティングですが、お客様のSNSマーケティングのコンサルタントとして、SNS戦略策定支援、日々の施策のアドバイスも行なっています。

〜これまでのキャリア〜

松井:室谷さんは幅広くマーケティングの仕事を担当していらっしゃいますが、
これまでのキャリアについて教えていただけますか?


室谷:もともとはマーケティングとは全然違った畑にいたんですよね。学生時代には高専でコンピュータサイエンスを勉強して、新卒では医療機器メーカーでITシステムのエンジニア(品質管理担当)として4年ほど働いていました。

松井:エンジニアだったんですね!


室谷:そうなんです。それもあってか、物事を構造化するとか、ロジックを積み上げるといったことが好きなんですよね。
よく分からないふわっとした表現や話はついつい分解したくなります。笑


エンジニアとして働いてたのですが、自らの発想力や企画力をもっと活かせる仕事がしたいと思うようになって、マーケティングという仕事を知り、そのあとは小さなマーケティング支援のスタートアップに転職しました。そこではサービス運営からPRなどに携わっていました。

松井:マーケティング領域で深い経験を積んだのは前職になるのでしょうか。


室谷:そうですね。3社目となる前職の人材ベンチャーでは、主に転職・求人サイトのデジタルマーケを担当していました。

事業構造的にSEO、リスティング広告、サイト改善など獲得型のマーケティングが重要で、4年間くらいゴリゴリやっていました。個人的には特にSEOが強みで、保育士・介護職等の転職サイトが検索結果で1位になるようにできることはなんでもやってました。

会員獲得数増加のためにのサイトのCVR改善施策なんかは、私のチームでは合計すると年間800回くらいやってましたね。

松井:800回というのは多いんですか??


室谷:引くレベルですかね。

〜転職のきっかけ〜

松井:それだけ打ち込んでいた仕事から転職しようと思ったきっかけって何でしょうか??


室谷:理由はいくつかあるのですが、SEOやCROといった獲得系のマーケティングを一定やりきった感もあり、もっとファネルの上部の認知・ブランディング系の経験も積んで、マーケターとしての幅を広げていきたいと思っていました。


そんなタイミングでCMOである飯高さんに声をかけてもらったことがきっかけです。それまでは正直、社名すら知りませんでした。笑

松井:飯高さんの登場ですね。色々な選択肢があったと思うのですが、
転職先としてホットリンクに決めたのはどんな理由でしょうか。


室谷:いくつかありますが、
・SNSマーケティングは認知獲得やブランディングの領域と密接であること
・SNSマーケティングの領域は次々に進化していて面白そうだと思っていたこと
・ホットリンクには優秀な人が次々とジョインしており、刺激的な環境であること
です。

転職した今も思いますが、知的好奇心が刺激されっぱなしの職場環境ですね。笑

〜仕事の中で大事にしていること〜



松井:前職から広くWEBマーケティングに携わってきたと思うのですが、
現在の仕事と共通する部分や前職から活かせているスキルなどあれば教えてください。


室谷:基本的に、全て活きていると思っています。
SEOだったらSNS時代の消費者行動である「SNS検索」「指名検索」と密接ですし、グーグルアナリティクスでのサイト解析なら、ソーシャルリスニングやソーシャルビッグデータ分析と思考法という点では普遍的なところがあると思います。

松井:なるほど、しっかりと打ち込んでいれば、活かせるスキルはたくさんあるということですね。
すでにWEBマーケについて学んできた室谷さんにとって、
ホットリンクで仕事をする上で大事にしていること、必要な考えを教えてもらえますか?


室谷:ホットリンク社内でも念仏のように唱えられている、
マーケティングを『全体最適思考』で考えること、ですね。

SEOや広告運用だけ、SNSアカウント運用だけでなく、全ての概念を接続したうえで全体観で考えることが重要です。


ブランドを中心に置き、消費者行動を踏まえて各施策を有機的に繋げ、マーケティングROIを最大化するように施策を立案・遂行することです。

そのためにマーケティングに関わることならあらゆることを自ら学び、実践に生かしていくことが重要です。

SNSだけを勉強して実践するのではなく、心理学や社会学、ネットワーク・サイエンスや統計学など、好奇心をもって日々学び続けられるということは非常に重要な姿勢です。

松井:なるほど、ありがとうございます。
それでは最後にホットリンクへの転職を考えている人もいると思いますのでメッセージをお願いします。


室谷:今、SNSマーケティングは非常に面白いフェーズです。SNSをうまく活用したゲームチェンジャーが次々と現れて、大手企業のシェアを奪う事例が出てきていますよね。


我々にご相談くださるお客様は、SNS「運用」の話ではなく、売り上げにつなげていくためのロジック、戦略レイヤーで課題をお持ちの企業が多いです。


ホットリンクでは、SNSマーケティングを総合格闘技として行い、マーケティング全般の知見を持った上で戦略や施策の提案をしますので、高い知性や思考力が求められます。それをチャレンジングだと思える人にとっては、たまらないくらい面白い仕事だと思います。


ホットリンクで一緒に数多くのクライアントのSNSマーケティングの成功例を作っていきましょう。

株式会社ホットリンク's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings