1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

鬼滅の刃やアオアシなど、最近流行りの漫画から読み解く、ビジネスマンに必須な「目の良さ」

最近流行りの漫画は、過去のジャンプマンガを始めとしたいわゆる「主人公最強!パワーで押し切る!」的な風潮から変わりつつあると思ってる。鬼滅の刃の炭治郎、アオアシのアシト...。これらの主人公に共通して言えるのは「目がいい」ということである。

この一文ですべてを察せる人材こそ「目がいい」ということになるが、あえて言語化すると「1つの事象を全体から俯瞰して位置/役割/影響を与える変数を察知し、最速で目的達成までのロードマップを描いて適切なフローで進められる」といったところなのだろうか。

特に情報過多のこのご時世、あらゆる情報が目につく中で、何となくこうなんじゃないかの閃きの精度が高い人材が必要とされている感じを漫画で描写しているように思う。

スピードこそ命の業界で、データが集まって優位性が確かめられてから次...とやっていったのではおそすぎるからね(一瞬でデータが集まる大規模サービスは別として)

特にオチはないです。

株式会社星組's job postings

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more