This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

【イベントレポート】2019.05.29 オフィスデザイナー必見スキル!?クライアントに喜ばれるアートの取り入れ方

こんにちは、ヒトカラメディア採用・広報担当の有園です。


プランニング事業部の大塚が、ヒトカラメディアが運営している新宿ワープにて開催された、アートアンドリーズン株式会社主催のセミナーに登壇いたしました。今回はその様子をすこしだけご紹介します!


どんなイベント?

アートアンドリーズン株式会社は、知性と心の豊かさを大切にする個性がアートを通じて育つよう、アーティストのマネージメント業務、オフィスやホテル、ウインドウディスプレイなどへのアート作品の導入、ギャラリーの企画・運営などの事業を行なっています。


今回のセミナーのテーマは「オフィスデザイナー必見スキル!?クライアントに喜ばれるアートの取り入れ方」


まずは本セミナーの主催であるアートアンドリーズン株式会社・佐々木さまより、「AIを活用し、空間に最適なアートを客観的に安心して選べるプラットフォーム『ArtScouter』」のご紹介がありました。

ArtScouter』とは?

ArtScouterは、空間に最適なアートを客観的に安心して選べるプラットフォームです。

ビジネスとアート思考との関係に関心が集まっていますが、現状では、はたらく場所でアートと接する機会は限られています。また、そこにはオフィス管理者やオフィス・空間デザイナーの方にとって、アート選定の難しさと良質な作品をどこで購入すればよいかわからないという課題がありました。

ArtScouterはトップギャラリーを中心としたアーティストの作品の中から、AIを活用して、空間の要望に合わせた最適なアート作品候補を抽出します。また、法人のお客様に合わせたプロセスでご購入いただけるようにしました。

私たちはArtScouterを通じて、日本の”はたらく場所”にアートを通じたコミュニケーションを生み出したいと考えています。

公式ページより:(https://artscouter.jp/index.php/customer/account/login#


佐々木さまによると、日本のアート産業の市場は3000億と、CDと同じくらいの市場規模!他の先進国と比べるとまだまだ日本での規模は小さく、GDP比では3倍以上のポテンシャルあるのだとか。

「アートって曖昧でよくわからない。」

「どう検討すればいいのか?」

そんな課題を解決し、よりアートを身近にしたいという思いから、AIによる選定ができる『ArtScouter』が作り出されたそうです。


アートは一点物。”インテリアの中のアート”ではなく、アートに合わせたインテリアの選び方をしていくべき。

弊社の大塚からは、AIを活用し、空間に最適なアートを客観的に安心して選べるプラットフォーム『ArtScouter』を実際に使用したヒトカラメディアの事例を元に、「ArtScouterを活用したアート提案と導入前後の変化」についてお話しさせていただきました。

ヒトカラメディアがオフィスにアートを取り入れたのは、2018年11月の終わり頃、移転のタイミング。アートを取り入れる際は『ArtScouter』を使い、客観的に絞り込まれた作品の一覧を眺めながら選定されました。


なんだか実家に帰ってきたような、どこかほっこりする、そんな暖かさをもったヒトカラメディアらしいもの、コーポレートカラーでもあるオレンジや黄色が入っているもの、そして実際のオフィス空間に合いそうな2作品が、オフィスに飾られています。

アートが導入されたことによって、

「自社らしいものを選んだことで、アート自体が自己紹介的な役割となってくれましたし、社外から来るお客さまや採用面接で来る方との会話の糸口にもなった。」

「普段の業務だけでは人との関わりに限度がありますが、こうした会話のきっかけになるものがあることで、社内コミュニケーションにも良い効果をもたらしてくれている。」

といった変化をもたらしてくれました。

導入当初は社内メンバーの中でもなかなか話題に上がらなかったものの、作者のプロフィールを絵の下に飾ったことで、興味を持つ人が増えました。


▽詳細はこちらからどうぞ



最後は、日本最初の現代美術画廊として東京・銀座に開設された東京画廊の山本豊津さまより、「アートを提案するということ “価値と効果”」についての講演がありました。

アートは大きく見ればインテリアの中の一つであるが、その人自身、企業、空間を表す一点物であり、アートに合わせたインテリアの選び方をしていくべきといった「アートとインテリアの違い」から、「アートの価格はどうやってきまっていくのか」「アーティストはどのように発掘され、育成していくのか」まで、幅広くお話しいただきました。

質疑応答や懇親会では、登壇者と参加者が一体となって活発な意見交換が行われており、終始にぎやかなセミナーでした!

セミナーの中で、皆なぜ絵を描いたことがあるのに、いつの間にか絵を描かなくなったのか?という問いがありました。その答えは、文字を習ったから。文字は絵よりも正確に伝えることができますが、アーティストは文字で伝えられないことを伝えようとしているのです。

この話を聞いて、オフィスに絵があることで、文字や言葉で伝えきれない「ヒトカラメディア」らしさを伝えてくれる役割を担っているのだなと、改めて感じることができました。

来客での会話のきっかけに、社内でのコミュニケーションや会社理解にも役立つので、おすすめですよ!


▽アートのあるオフィスに遊びに来ませんか?

空間デザイナー
より多くの人をいきいきと。人に寄り添う"働く場"をデザインしたい人募集
はじめまして、ヒトカラメディアです。数ある魅力的な企業の中から、私たちヒトカラメディアのページをご覧いただきありがとうございます! 私たちは ◆ミッション 「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする ◆ビジョン 「働く場」と「働き方」からいきいきとした組織と個人を増やす という企業理念の下、『「らしさ」にこだわったオフィス移転』を提供している会社です。主に都内のベンチャー・スタートアップを中心とした成長企業に対して、オフィスの選定から内装のプランニングまで、一気通貫でオフィス移転のプロデュースを行っています。 「オフィス移転」と聞いても、あまり馴染みがないかもしれません。しかし、成長企業に移転はつきもの。プロダクト・サービスを開発して、軌道に乗ったら人員が必要になって、一気に手狭に。1~2年に一度、オフィス移転する企業が多くを占めています。時間もお金もたっぷり使うオフィス移転、これを「ただの引っ越し」で終わらせないことに、ヒトカラメディアはこだわっています。 予算や広さ、雰囲気だけで物件や内装を決めない。財務状況や資金調達、立ち上げ期なのか拡大期なのかの企業のフェーズ、立地と内装にどれくらいの費用をかけるのか、採用を加速させたいのか、働く環境をより良くしたいのか、様々な観点から移転先を検討していきます。 また、せっかく移転しても一日の大半を過ごす場所なのに、単なる作業場になってしまうのはもったいない。作業だけだったらリモートでもいいはずですよね。会社のメンバーの皆さんが集中しやすかったりコラボレーションしやすかったり会社のカルチャーと空間の仕掛けがフィットしていたり、その会社ごとに、日々チャレンジする場所をどんな場所にするか?オフィスの立地や空間を戦略的に練ることは、その企業の理想的な「らしさ」を追求することでもあります。 経営者や移転担当者の方々だけではなく、時には会社のメンバーの皆さんも巻き込んで、「◯◯社らしさって何だろう?」「これから◯◯社は、どんな企業になっていきたいか?」「そのためにいま足りてないことは何だろう?」とワークショップを行うこともあります。ちょっと時間は掛かりますが、きっとメンバーの方々が「使いやすい/使いこなせる」オフィスになるはず。私たち自身も過去数回の全社を巻き込んだオフィス移転プロジェクトをしてきたので価値を実感しています。ヒトカラメディアは「オフィス移転」を「会社の成長の好機」に変えることで、成長企業の応援をしています。 ◆なぜ「らしさ」にこだわるのか? その企業「らしさ」という形の見えない言葉の中には、ミッションやビジョン、カルチャーや行動指針、サービスや提供価値へのこだわり、組織の在り方や組織戦略など、すべてに共通する太い「軸」が通っていることが求められます。そこに「オフィスの立地や空間」も1つの大事な要素です。「ヒトカラメディアらしさ」とは何か?この問いに正しい答えはなく、もしかしたら個々人によって違う回答が返ってくるかもしれません。それでも「これはやるのは、格好悪いからヒトカラメディアらしくない」とか、「自分たち「らしさ」って何だろう?良いところは?悪いところは?」と、しっかりと自分たちに向き合い続けて、どこの真似でもなく自分たちにしか出来ない「らしさ」を大事にこだわり続けている企業は強いのではないでしょうか。 また、オフィス移転以外にも自社施設の運営やオフィスビルのオーナー向けのソリューション提案、工事・施工管理、地方での展開も行っています。これらの事業がクロスすることで、より厚みのある価値提供を目指しているのもヒトカラメディアの特徴です。
株式会社ヒトカラメディア
株式会社ヒトカラメディア's job postings
8 Likes
8 Likes

Weekly ranking

Show other rankings