This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

ホリデー内製コンテンツを支えるディレクターと宮崎チームのご紹介

Holiday のメインコンテンツは、ユーザーさんから投稿いただくプランやスポットの情報です。一方で、昨年から内製コンテンツも拡充して、より多くの皆様にHolidayを楽しんでいただけるように日々制作を行っています。今回は内製コンテンツを支えるチームにスポットを当てます。



コンテンツ量産の司令塔


コンテンツ制作チームの差配を一手に引き受けるディレクターの関野は、子育ても頑張るママです。限られた時間の中でいかに効率よく動けるかを日々考えて業務にあたっています。


ーよろしくお願いします

ちょっと緊張しますね(笑)


ージョインされてからどれくらいでしょうか?

もうすぐ半年になります。コンテンツ制作の仕組みや段取り含めやっと慣れてきました。


ーもともとどんなご経歴だったのでしょうか?

新卒で映画館を運営する会社に就職しました。結婚を機に退職の後に出産、前職は不動産関係のベンチャーでアシスタントディレクターとしてアプリのコンテンツの制作進行管理を行っていました。


ー今の業務を教えてください

Holiday社内で作るコンテンツの制作進行管理、いわゆるディレクションです。具体的には、コラムと呼ばれるホリデーの独自コンテンツを作っており、多くのライターさんが並列で同時に執筆を行うなか、それぞれの仕事の管理、および最終的なクオリティコントロールまでを行っています。

https://haveagood.holiday/articles/745


ー何人くらいのライターさんが働かれているのでしょうか?

現在40人くらいのライターさんにリモート中心で働いていただいています。なかには海外在住の方も10人ほどいて日々増えていてだいぶ大変になってきました。



都城(宮崎県)のコワーキングスペースを用いてオンサイトで働くこともあります



ーお仕事をする上で難しいこと、それを克服するために気をつけているポイントを教えてください

基本的にみんな業務委託のリモートの方なので、文章のみのコミュニケーションでお仕事を進めます。意図していることが伝わらず、やはり齟齬やすれ違いが起こってしまうこともあります。なるべく皆さんが楽しく仕事をしてほしいと思っているので気をつけてコミュニケーションをしています。また、人によって書きたいジャンルやテイストが異なるので、それぞれの思いを少しでも汲み取って書いてもらうようにバランスを取るようにしています。


ー先日出張で宮崎に行かれていましたが、宮崎チームの役割を教えてください

ライティングだけでなく、出来上がったコラムの校正や登録スポットのメンテナンスなど幅広く業務を行っていただいています。普段はリモートで働いていただいていますが、やはりたまにでも顔を合わせて、表情を見てコミュニケーションを取ることはとても大切だと思いました。また業務に関係のない雑談を通しても、個々の人となりを理解することができて非常に良かったです。


宮崎チームのメンバー。顔を合わせると話が弾みます。



ー今後の課題を教えてください

まだまだコンテンツの数が少なく、それを生産する体制も安定していません。スピード感を持ってコンテンツを制作していくことに関してはまだまだ改善の余地はあります。クオリティの高い記事をたくさん作ってユーザーにお届けできるようにしていきたい。


ー関野さんが目指す方向性を教えてください

今は目の前のことに一生懸命でいっぱいっぱいですが(笑)、自分の仕事でホリデーの成長に貢献できればと思っています。また、より幅広く外部の人とお仕事ができるようになりたいとも思っています。


ー現在もWantedlyさんで募集している、ホリデーのライターさんに求められることを教えてください

ホリデー独自の制作進行ルールに基づく作業なので、インターネットでコンテンツを作った経験がある方はお仕事に入りやすいと思います。例えば自社のCMSでの入稿作業やGithubによる案件進行管理を行っています。あとは、旅行やお出かけが好きなこと、そしてそれに関する情報をリサーチすることが苦にならない方だと楽しめると思います。文章を構成してコンテンツを組み上げることに喜びを見いだせる方にぜひ応募していただきたいですね。


良いコンテンツをより多くの人に届けるお仕事です。ご興味がある方は是非ご連絡をお願いします!

ホリデー株式会社's job postings
1 Likes
1 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more