This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

マーケティング戦略室って何やってるんですか?歌のお兄さんとスーツを着たデザイナーに突撃取材。

マーケティング戦略室って何やってるんですか?
そもそもお二人って何者なんですか?
NHK歌のお兄さんですか?
デザイナーと聞いておりましたが、なぜスーツ?
異質な雰囲気を纏う2人の身辺調査も含めておそるおそる突撃取材してみます…!

ーあのー失礼ですが、H2の方ですよね?

A氏
はい、そうですが?

ー今日インタビューさせていただきたくて参りました!

B氏
聞いてますよ!
A氏
こちらにどうぞ。

ーよろしくお願いします。

まず、お二方のお名前と一体何者なのか?という点からお伺いしたいです。

A氏
僕は永塚と申します。
B氏
私はナガイと申します。

ー永塚さん、ナガイさん。よろしくお願いします。

永塚さん

では、まず私から。
社会人としてスタートしたのが、コールセンターの業界でした。
アルバイトとして入社して、マネージャーなど役職もいただいて。
メンバーのマネジメントをメインでやっていたんですが、
上長から商品検索システムを作りたいのでやってほしいということになり、
独学でAccessを勉強してなんとか作りました。

もともと漠然とですが、デザイン関連の仕事をしたいと思っていたので
システムであってもビジュアルや使い方など細かい部分にまでこだわりを持ってやろうと思い、
かなり作り込んだものを作りました。
これがデザイナーとしての初めての業務だったと思います。

ー永塚さんの原点ですね。

そうですね。
すると、それを見た役員が社内のイントラサイトの運用を永塚に任せようと。
ここで初めてWebデザインに関わることになりました。
最初はわからないことだらけで、HTMLなどに初めて触れたという感じです。
勉強していくうちに、
他の部署からも簡単なシステム作ってほしいなど問い合わせがあったのでやってみたり。

ーなるほど!

するとこれまた、社内でWeb関連に関する講習をやってほしいとの声が上がりまして。
数年やって、本格的にWebやデザイン関連を勉強したいと思い、
一度退職して独学で勉強することを決めました。

ーおもしろい人生ですね!

数ヶ月独学で勉強し、身につけたスキルを仕事に生かしたいと思い、就職活動を始めました。
ただ、ちょうどリーマンショックの時期でスキルはあるとは言え、未経験には変わりない。
当たり前ですが、不況の時に未経験者を採用するような会社は多くはない。

数社まわり、ようやく内定をいただいたのがシステム会社でした。
その中のサイト制作やCMSなどのツール開発、EC関連のシステム開発を専門にする
Web事業部にデザイナーとして入社することになりました。

ー実務で経験を積み、デザイナーとしての道を歩み始めたわけですね。

デザインはもちろんコーディング、企画やディレクションなど様々なことを経験させていただきました。
最初の2年ほどは手取りも15万円くらいで。(笑)
残業も当たり前で、月に1日しか休みが取れず。
未経験で入社して、早くスキルを身につけたかったので苦になりませんでした。

2年目以降はできる領域が広がり、
余裕も出てきてもっとスキルアップするためには何が必要か?と考えました。
その時にデザイナーであっても「作るだけではなく、売る技術も必要だな」と思い始めました。

ー売る技術とは?

いわゆる「マーケティング」です。
作りたいものを作ることも大切なんですが、
顧客視点ありきでデザインして初めて「モノ」が生きてくると思っていたので。

そうした経緯もあってバズ部を運営しているルーシーに転職しました。
制作部マネージャーとして、デザイン部分とディレクションをメインに担当しました。

ーなるほど!ありがとうございます。H2へ入社された経緯はどのようなものだったんですか?

制作サイドにずっといたので、
事業会社でクリエイティブの追求をやってみたいなと前々から考えていました。
長期的にサービスや商品を育てていくという経験をしたかったので、事業会社に行きたいなと。
その中で0からの立ち上げに関われて、一つのサービスだけではなく複数のサービスや事業に携われる。且つ、クライアントワークもできるところ。
そんな軸で探していた時に出会ったのがH2でした。

ー確かに、H2はサービスも事業もいろいろありますし、0からの立ち上げがメインなフェーズですよね。

まさに、その部分に魅力を感じて年収下げてでもやりたいことをやろうと決めました。
新たにマーケティング戦略室を立ち上げるという話があったので。

ー入社していかがですか?

冒頭にもあったように、当初は「こいつは誰だ?何者だ?」という感じでした。
最近になってようやく認知されてきたという感じです。

ーやはり!(笑)←失礼

以前、社内アンケートで「影が薄い」「マーケティング戦略部って何やってるの?謎」「そもそも何者?」みたいなフィードバックがありまして。
今回の企画は逆にありがたいです。(笑)

ー永塚さんを知っていただくために、写真で表現させてください!


趣味がファッション(ほぼレディース物らしい)、インテリア(家具、アイテム、旅行)など

VWを衝動買いしました。


いろいろなお店を回るのが好きなので名店の開拓。

ーありがとうございました。(笑)

クールな方だと思っておりましたが陽気なお兄さんでした!

               ・
               ・
               ・
               ・

ー続きまして、ナガイさんよろしくお願いします。

ナガイさん

よろしくお願いします。
僕は実はこう見えて創業メンバーの一人でして…。

ー失礼しました!!!

見えないですよね。(笑)
もともとは北海道出身で音楽関連の専門学校を卒業し、
在学中に路上ライブブームでライブをやっていたりしていました。

卒業後も相方と2人で音楽活動をしていたんですが、相方とは別の道を歩むことになり、
アパレルでアルバイトしながら音楽活動をしていて。

ーふむふむ。

ある時、バイト先のアパレル店で店長からこんなことを言われたんです。
「僕たちは人生を懸けて服を売っているのに、お前はチャラチャラしやがって。
そんな気持ちで服を売るな!」と。

ーわお。

その時に、じゃぁ好きな音楽をとことん追求していく道を選ぼうと。
ちょうどそんな時に、代表の森田が立ち上げようとしていた会社に
自分の知り合いが居て自分もそこで手助けすることになったんです。

ー森田さんとはどんな関係だったんですか?

実はその時まだ森田とは面識がなかったんですが…

何を隠そう彼の兄である現取締役常務の中橋と音楽関連で付き合いがあったんです。(笑)
そんな関係からですね。

ーなるほど!創業エピソードを代表の森田さんに伺いました。
車で一緒に全国行脚に乗り出されたメンバーのお一人だったんですね!

*社長インタビュー記事


まさにそうです。(笑)

ー創業メンバーとしてH2に初期から携わられてきて、ナガイさんは主にどんなことをされてきたんですか?

コールセンターの営業もやりましたし、
デジタルサイネージの広告営業や不動産事業の立ち上げなど本当になんでもやってました。

直近はマーケティング戦略部としてWeb関連や紙面などを使ったプロモーションや販促ツールを作ったりしています。

ーなるほど!今も音楽をやられているんですか?

はい、やってます。


ーすごい!!!!歌のお兄さん!!!!

ライブハウスやライブバーで出演したり、
ファンやお客様を集客してイベントをやるみたいなことをやっています。

去年の夏には札幌駅前の地下メインストリートで1ヶ月間だけですが、
大型ビジョンにMVが配信されたり。少し大きめのワンマンライブをやったり。

ー本気(マジ)なんですね!新しい働き方(笑)

そうなんですよね。(笑)
今って個人がどんどん発信していける時代になってきているので、
音楽でやっていることを仕事にも生かしていきたいと思っていて、
会社の成長と個人の成長とが重なっていることを実感できているので、
非常にやりがいにつながっています。

ーで、ここからが本題なのですが、マーケティング戦略部でマネジメントをするお立場であるお二方。
この部署って何をする部署なんですか?

永塚さん

当社内にあるすべてのサービス(=事業部)におけるマーケティング全般を支援しています。
各サービスのランディングページやサービスサイト、ロゴの制作などデザイン周りややシステム周りもすべて担当しています。

ナガイさん

事業部を横断して担当しており、ディレクターやデザイナー、エンジニア、マーケターなどが在籍している組織です。
フリーランサーや業務委託で支援いただいている方も多数おり、制作 兼 広報 兼 販売促進を担う組織です。(笑)

ーなるほど(笑)すべての事業部に通ずる組織なんですね。

では、事業部長はじめ、営業部隊などとの連携などもされているんですか?

永塚さん

おっしゃる通りです。
当社は主にtoB向けのサービスがメインのため、事業部長の描く戦略や戦術に合わせたプロモーションを担う必要があるため連携しますし、営業部隊とは実際の現場で必要な販促ツールをはじめとした後方支援のために連携をしております。

ナガイさん

当社の強みである「売る力」をさらに加速させるためですね。
またエンジニアが在籍していることから、新サービスの開発なども当部署が担っています。

ーなるほど、後方支援のためあらゆることをする組織なんですね。

ナガイさん

元々はWebソリューション事業部という組織の中で、
Webサイトやロゴの制作案件を請け負っていたことが走りです。

これは社内からの依頼がメインだったのですが、
クライアントからのWeb関連のお問い合わせや依頼、相談がかなりあったんです。

その時は当社の都合で人的なリソースがなくてすべてお断りしていたのですが、
インハウスして行き、顧客の要望に応えながら新たなサービス開発などにもつなげていこうという経緯があり新たに立ち上がった背景があります。

永塚さん

そのため現在では外販の強化も掲げていますので、
クライアント向けの案件も企画から開発、その後のサポートまで一気通貫でご支援しています。

ナガイさん

今までリソースがなく手探りでやってきた部分を、
採用やフリーランスの方々に参画いただいたことで一気に立ち上がったイメージです。
特に、永塚さんの加入は非常に大きかった。(笑)

ー今後の部署のビジョンを教えてください!

ナガイさん

当社の思想として、各事業部が独立して採算を持ち自立していくことを目指しています。
これは当部署も例外ではなく、部署としての提供価値を社内外に提供していくことが求められています。
現在ではそれに向けたことをいろいろ動いていたりします。

永塚さん

例えば、営業部隊が使うための分析ツールやクライアントに提供しているサービスの管理画面などの機能追加の提案、UIUXの改善などサービス開発にも着手しています。

クライアント目線で部署との連携を進め、
チームH2としての価値を最大限発揮するような取り組みを今後さらに進めて行きたいと思っています。

ナガイさん

そうなんです。
ですので、当部署で蓄積した社内外向けのサービス開発やマーケティングノウハウなどをクライアントの課題に合わせた形でサービス化して販売していくことも想定しています。

ーマーケティング戦略室でサービスを開発して、販売していくと。おもしろそうですね。

永塚さん

技術力で圧倒的に強い組織であり、常にユーザーファーストである集団にしたいと思っています。
あとは先端技術をどんどん取り入れて新しいことに挑戦する集団でありたいですね。

ナガイさん

社内からもクライアントからも圧倒的に選ばれるモノづくりをして行きたいですね!

ーなるほど、大変明確になりました。これを機にいろいろと連携が進むと良いですね!
あとはお二人の素性を知っていただくキッカケになることを切に願っています…

永塚さん、ナガイさん

本当にそうです!(大声)

ー(笑)本日はありがとうございました!



部署立ち上げに伴いメンバーを大募集しています!

コーダー
コーダー/クリエイティブ部門立ち上げに伴うコアメンバーを募集!
現在は創業当時から強化してきた4つの事業を主要な柱としていますが、新たに様々なWebサービスを企画し、リリースしていく事業の強化を行なっています。 ・ITソリューション事業部 ・クラウドIPフォン事業部 ・ネットワークサービス事業部 ・ストアソリューション事業部 ・☆(新設)サービス事業 現在リリースしたものも含めて、どんどん新たなサービスを企画開発していく予定です。 ・飲食店向けのタブレットによるセルフオーダーシステム『SMAO』 ・コールセンターの運営を行っている企業に向けクラウドIPフォンを活用したCTIシステム『Callmap』 ・店舗サービス系向け集客分析サービス『G MAC』 【サービス開発への想い】 今、あるサービスが10年後・20年後の将来にも役立っているとは限らない。ひょっとしたら全く存在すらしなくなっているかもしれない。……だからこそ、常に時代に即したサービスを生み出し続け、「これいいよね!」を生み出し続けたい。 決まりきった答えはありませんし、誰かの視点だけを取り入れることをするのではなく、営業であったりデザイナーであったり、エンジニアであったり「クライアント」や「ユーザー」のためになる「あったらいいな」なサービスを作っていきたい。そんな想いでサービス開発をしています。
株式会社H2
CMO
マーケティング組織を0から作るCMOを募集!
現在は創業当時から強化してきた4つの事業を主要な柱としていますが、新たに様々なWebサービスを企画し、リリースしていく事業の強化を行なっています。 ・ITソリューション事業部 ・クラウドIPフォン事業部 ・ネットワークサービス事業部 ・ストアソリューション事業部 ・☆(新設)サービス事業 現在リリースしたものも含めて、どんどん新たなサービスを企画開発していく予定です。 ・飲食店向けのタブレットによるセルフオーダーシステム『SMAO』 ・コールセンターの運営を行っている企業に向けクラウドIPフォンを活用したCTIシステム『Callmap』 ・店舗サービス系向け集客分析サービス『G MAC』 【サービス開発への想い】 今、あるサービスが10年後・20年後の将来にも役立っているとは限らない。ひょっとしたら全く存在すらしなくなっているかもしれない。……だからこそ、常に時代に即したサービスを生み出し続け、「これいいよね!」を生み出し続けたい。 決まりきった答えはありませんし、誰かの視点だけを取り入れることをするのではなく、営業であったりデザイナーであったり、エンジニアであったり「クライアント」や「ユーザー」のためになる「あったらいいな」なサービスを作っていきたい。そんな想いでサービス開発をしています。
株式会社H2
株式会社H2's job postings
2 Likes
2 Likes

Weekly ranking

Show other rankings