This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

WizのSNS事業部ってどんなことをやっているの?実際に話を聞いてみた。

皆さんこんにちは、広報PRの金子です。

インスタ映えという言葉を知らない人がいないくらい、今の時代Instagramはもちろん、FacebookやTwitterなど、SNSをやっている人がどんどん増えてきていますよね。企業でもSNS採用が積極的に開始されているなか、Wizでは「SNS事業部」という部署が新たに立ち上がりました!そんなフレッシュな事業部に、19新卒の2名が加わりましたので、実際にどんなことをやっているのかを詳しく聞いてきました!

19新卒の安里さん(写真:右)と菊地原さん(写真:左)

SNS事業部に配属された経緯

菊地原:入社前の 3月くらいに、「どんな部署に入りたいか」というアンケートを受ける機会があったんです。そこで2人ともSNS事業部を選択していたのがきっかけですね。そして、私の場合は社長面談があったんですが、そのときに社長が私の話を聞いて適正を見てくださって、2人とも7月より営業部からSNS事業部に異動が決定しました。


具体的な仕事内容

菊地原:主な業務内容はお客様のSNS運用代行サービスです。お客様のInstagramにログインして、実際に“いいね”やフォロー、コメントなど、Aiツールが対応できないようなところをサポートさせていただいています。あとは、異動と同時に自分たちでテーマを決めて、Instagramの運用もしているんです!

安里:異動初日に、「1ヶ月で2,000フォロワーを目指して!」と、託されました(笑)

菊地原:プライベートですら600人くらいしかいないのに、それを一気に2,000人と言われたときは、不安しかなかったですね(笑)


2人のInstagramアカウントを紹介!

菊地原さんのInstagram @nami_cafegram

菊地原:私は、カフェをテーマに決めて運用を開始しました。1ヶ月で目標通り2,000フォロワーを突破しました!



安里さんのInstagram  @__shio__716

安里:日々のコーディネートをテーマに運用中です。2,000フォロワーまであと少しです…!


個人でInstagram を運用している理由

2人とも1ヶ月でここまでフォロワーが伸びているのはすごいですね!ちなみに、なぜ個人でInstagramを運用しているのでしょうか?

菊地原:SNS事業部は、アカウントの運用代行をメイン業務として行っているので、実際にフォロワー数などで目に見える実績を残している人の方が、商談をしたときに説得力が増しますよね。「実際に運用してみたんですが、こういうところが大変ですよね」などの経験談も語れますし。今は2人ともAIツールなどは入れない状態でやっているんですが、その大変さを知るという意味もあって、個人で運用をしています。


運用していて楽しいと思うこと

菊地原:「namiさんが行っていたところ美味しかったです!」とか、「ここ行ってみたいです!」などと、自分がアクションしたことで良い報告をいただくとすごく嬉しいです。自分のアカウント自体もフォローしてくれる人が増えることで、いいねやコメントもたくさん増え、さらにはお店の方からも直接メッセージが届いて、「ぜひ来てください!」と招待していただくこともあります。そういうことがあると“たくさんの人が見てくれている”と感じられるので、楽しいのはもちろん、やりがいを感じますね。


お店の方からも連絡が来たんですね!

菊地原:そうなんですよ!最近だと、オープンしたばかりのタピオカやさんから、「タダ券をお渡しするので、ぜひSNSで取り上げてほしいです!いつも見ています!」と言ってくださって、すごく嬉しかったですね。

安里:メッセージがくるのは嬉しいです。私は、ファッションコーディネートで運用しているので、“これ自分に合うカラーかな?”とか、“このコーデは自分に合っているかな?”といつも考えすぎてしまうんですよね。でも、そんなときフォロワーさんに「おしゃれですね」とか、「この色合い好きです!」と褒められると、このコーディネートは間違ってなかったと思えるので嬉しいです。


2,000フォロワーいくまでに大変だったこと

菊地原:異動してから本当に0の状態で始めたので、フォロワーを増やすのはとにかくすごく大変した。どんなハッシュタグが効果的なのかとか、どういった投稿をすれば注目されるのかを自分たちなりに研究しながら運用していました。


フォロワーを増やすためにやり続けたこと

菊地原:とにかくコメントに力を入れました。フォローしてもらえるように、フォローしていないユーザーに「美味しそうですね」とか「かわいいですね」と送ってみたり。返信が来たら、“他の投稿も素敵だったので、良かったらフォローしてくれたら嬉しいです“みたいな感じで送ってみると、フォローしてくれる人が多くなったので、そこはできる限り続けていました。

安里:日々、自分からアクションし続けていましたね。


コメントの投稿




営業部からSNS事業部に配属されて変わったこと

菊地原:とにかく、日々アンテナを張るようになりました。Instagramを実際に運用しているので、今何が流行っているのかとか、トレンドは何かなど相当敏感になりましたね(笑)

安里:私は、このテーマにしたのに言うのもなんですが、プライベートのInstagramでファッション系の検索を全然したことがなかったんです(笑)服装もそうですが、髪型のアレンジ方法も当初は全然わからなかったので、おすすめに出てきた写真などで研究しながら運用しています。


心がけていること

菊地原:色々な人のInstagramをチェックして、「こういうのいいな」と、憧れの人を見つけることももちろんそうなんですが、SNSの知識を吸収し続けることを心がけています。部長におススメされた会社があって、Wizと同じようなSNS関連の事業をやっているんですよね。その会社のHP上では、SNS関連の記事を無料で読めたりするので、「少しずつ吸収していこう!」と思い、日々勉強中です。


今後の目標

安里:私は、お客様のアカウントを運用する時間と、自分のアカウントを育てる時間を効率良く行っていきたいです。あとは、新規事業ということで、“会社のなかで一番大変な部署になる”と異動当時言われてきたのですが、異動してきたからにはやっぱり早く成長したいので、知識と経験値を上げて早く独り立ちできるようにしていきたいと思っています。


菊地原:私は、この事業部に入ってから、自分の役職を上げたいと思うようになりました。その理由は、お給料を上げたいとか、評価されたいという気持ちよりも、部長の負担を少しでも軽くしたいという気持ちからです。部長はたくさんの事業部を抱えていて、すごく忙しい方なんですよね。なので、もしこの大変な状態で後輩が入ってきたら大変なことになってしまうかも…とふと思ったんです。

あとは、“部下を育成する”ということにもすごく興味があって、将来的にも独立したり、新規事業を立ち上げたりすることに興味があるので、部長のもとで一生懸命頑張って、事業部を引っ張っていけるような存在になれるように日々頑張って行きたいと思っています。

ありがとうございました!SNS事業部に配属された19新卒2名にお話を伺いました。今の時代、SNSを運用することが当たり前になってきて、さらにはSNSを使ったマーケティング力も求められてきています。菊地原さんと安里さんの今後の活躍にも期待したいです。

Wizでは、SNS運用やマーケティングなどに興味のある方を募集しています。また、フォロワー1万人のインフルエンサーから学ぶインスタ運用のインターンも開催!ぜひ一度お話を聞きに来ていただけると嬉しいです。お待ちしています!


インターン
インターン|フォロワー1万人のインフルエンサーから学ぶインスタ運用術!
Wizは、最新のIoTやICTサービスをお客様に届ける「ITの総合商社」です。 この「ITの総合商社」として、日本No.1を目指しています。 <注力事業について> Wizは「ITサービスの販売」と「メディア運営」に力を入れています。 ▼ITサービスの販売▼ IoTやICTサービスは、まだまだ新しいサービスが多く、知識がないと比較的導入のハードルが高いサービスと言えます。 そこで、私達が専門的な知見をもとに、お客様の悩みにあわせて、100以上あるサービスから、最適な価値を提供しています。 ▼メディア運営▼ 求人・比較・クラウドソーシングの3領域でメディアを展開しています。 2015年からメディアを立ち上げ徐々に運営メディアを増やしてきました。 私たちのメディア方針は、困っている方や業界の支援ができるようなメディア創出です。 例えば、保育やママ、飲食や美容など、仕事や求人に困っている方たちのお手伝いができればと考えています。 今では、15以上のメディアを運営しています。 ▼今後の展開▼ 設立6年目で従業員1,000名、全国16支社へと拡大を遂げ、7年目にして、日本最大規模のITの総合商社に躍進しました。 より「働きやすい環境」や「暮らしやすい環境」が実現できるよう、ITサービスの販売とメディア展開を加速させていきます。
株式会社Wiz
株式会社Wiz's job postings
10 Likes
10 Likes

Weekly ranking

Show other rankings
If this story triggered your interest, go ahead and visit them to learn more