This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

安定企業の財務部からWebエンジニアに転身 | 浅野 翔太郎

こんにちは!Gizumoの大石です。

Wantedlyを通じてこれからGizumoに遊びにいってみようと思ってくださる方に、事前によりGizumoのことを知っていただこうと思いGizumoのエンジニアインタビューの特集を行うことにしました。今回は安定企業の財務部からWebエンジニアに転身した浅野です!

大学生の時はどう過ごしていましたか?

1年間浪人した結果、志望していた大学に入れなかったんですよ。勉強を一生懸命やってこなかったので、浪人してしっかりと勉強して良い大学に入ろうと思っていたんですが。

入った大学では経済学の勉強をしていました。学部の中でもいちばん就活で窓口が広いって言われているのが経済だったので経済学部にいきました。その時は将来普通にサラリーマンになるかなと漠然と考えていましたね。明確にこれになろうっていうのは決まっていなくて。とりあえず大学生の間に考えようかなって感じでした。

受験で志望した大学に入れなかったので就活が不安になったんですよね。それで、何かしら資格を取っておこうと考えて、活動の中で簿記の資格を取得できると言われていた会計学を学ぶサークルに入りました。

サークルでは先輩から簿記を教えてもらい、週3くらいで日商簿記の勉強をしてましたね。結果的に日商簿記の2級までサークルで取ることができました。

アルバイトの経験はありますか?

チェーン店のファミレスでアルバイトをしてました。ハンバーグとかステーキを作ってお客さんに提供する仕事で。平日は週1、2回、週末に1回ぐらいの頻度で行っていました。

就活はどうしていましたか?

学生の時にやりたいことを考えようと思っていたのですが、結局就活の時期になってもこれをしたいっていうのはなかったんですよ。とりあえず簿記の資格は取ったものの、会計や経理の方向に進みたいっていうのは就活当初はあまり思っていなくて。

これだってものがなかったので、それで周りが就活だねって話し始めても1、2ヵ月くらい何もできなかったです。とりあえず自分が動かないとやりたいことも見つからないかなと思えてからは、ひたすら動こうとしました。とりあえずエントリーしまくって、スケジュール帳をとにかく埋めて色んなところの話を聞きに行って、やっとスタートが切れましたね。大学受験では失敗したから就職では良い企業に入りたいっていうのは漠然とあって、就活では大企業ばかりをたくさん受けました。

前職のお仕事を教えてください。

上場企業の子会社に3年ほど勤めました。

結局簿記の資格を活かしてなるべく大きな企業に入ろうと思い、その企業に入りました。財務部の中でも決算書を作成するグループに配属され、親会社に報告するための決算書を作ったり、日々の仕分けをやったりしていました。かなりホワイト企業でワークライフバランスは取りやすかったと思います。

なぜエンジニアになろうと思ったのですか?

就職の軸が安定や福利厚生の充実だったので、仕事は耐えてやるものというか、1週間のうちの5日間は仕事だからやるといった考え方でした。当時は帰宅も夜遅くないし休みの日にやりたいことをすれば幸せに暮らせるんじゃないかなと思っていて。

ただ、実際に1~2年働いてみて、そうじゃないなって思っちゃたんですよね。週5日間、1日8時間もやる仕事は本当に面白くてやりたいことじゃないと納得できないなってことに気づきました。3年ほど勤めてその気持ちが変わらなかったので、本当にやりたいことを考え始めたんです。

何かものを作ったり、人を喜ばせることが好きだったので、いつかIT業界で自分でサービスをいつか作りたいなと考えはじめて、思い切って会社を退職して職業訓練校に通いはじめました。それがエンジニアを目指したきっかけです。

Gizumoを選んだ理由を教えてください。

職業訓練校ではWeb制作に関しては簡単なものが作れるようなフロントエンド側の学習ができました。ポートフォリオサイトも作りました。ただ、サービスを作るにはバックエンド側のエンジニアにならないといけないんじゃないかと学習している過程で知って。そこから独学でバックエンド側の技術の学習をしつつ未経験からバックエンドエンジニアとして採用してくれそうな場所を必死で探していました。年齢的な焦りもややありましたね。このときは前職を探した時とは打って変わって、まだ新しくて新人でも色々とやらせてもらえそうな余白のある企業に行きたいと考えていました。なので、おのずとベンチャー企業が多かったです。

その中でもGizumoは、未経験でもお給料をいただきながらエンジニアの研修を受けることができて、しかも研修は充実していて自分が学びたいことが学べる環境だということを面談で聞けて、そこが選ぶ理由としてかなり大きかったです。

転職することへの不安はありませんでしたか?

退職するまでは不安はありました。ありがたいことに引き留めていただいて、「1、2年で退職するなんて…せっかく入ったのにこんな良い会社なかなかないぞ」とか、「やりたい仕事じゃなくても3年は最低やったほうがいい」と言われたりもして。

けど、退職してからは開き直りというか、失敗してもまた他の会社に就職すればいいやとか、新しいことやってみればいいかなと考えられるようになったんですよね。なので、徐々に不安は薄れました。

入社時点でプログラミングのスキルはどの程度だったのですか?

簡単なポートフォリオサイトが作成できるぐらいでした。マークアップのコーディングとjQueryを少し使えるぐらいです。

研修中はどれぐらい勉強していましたか?研修中の学習の様子を教えてください。

研修中も家帰ってからの時間や朝起きて会社に行く前の時間でやっていた感じですね。あまり勉強っていう意識がなかったので、シンプルに出来ることが増えていくのが楽しかったです。

「昨日エラーが起きたのってなんでなんだろうなーっ」て疑問があるときは、家に帰ってからネットで調べたりとか。頭を整理して次の日にトライするとすんなり解けたりして。勉強としてやるというより楽しいからずっとやっている感覚です。

研修中に心がけていたことはありますか?

わからないことはできるだけその日のうちに解決することですね。自分のなかですっきりしないと落ち着かないので。ただ安易にすぐ質問するのではなく、15分間は自分で考えてみてまったく糸口が掴めなかったら質問しよう、みたいな自分ルールを決めていました。

研修中に心に残っていることはありますか?

研修はめっちゃ面白かったですね!

やっぱり日に日にできないことができるようになるっていうのがめちゃくちゃ楽しいです。そこがやっぱり自分のなかでのモチベーションというか。色んなものを面白そうって思っちゃう性格なので、Web全般について調べたり、PHPは仕事で使えるぐらいに深堀りできて、研修はとにかく楽しかったです。研修は3ヶ月間でしたが、3ヶ月前と比べたらできることが全然違うなと感じるので、なんか毎日楽しかったですね。あと、同期入社や一緒に研修を受けている人も多いので刺激にもなるし雰囲気もめちゃくちゃ良かったです。

モチベーションのアップダウンはありましたか?

モチベーションはずっと高かったですね。仕事でしなきゃいけないって感じでやってなかったので、好きに深堀りしたいことを調べまくったりして、それをまわりの皆に話したら、そうなんだって聞いてくれるのも嬉しかったですね。

実際のプロジェクトに入ってみた感想を教えてください。

入場して最初の頃は大変だなって思いますけど、まあ1ヵ月くらいしたらなんとかなるかなって感じですね。

今は任されることも少しづつ増えてきて、面白くてしょうがないですね。なんか上手くできなかったーって落ち込むこともありますけど、新しいことを任されてる間は楽しいです。

最初の最初は全然わかんなかったんですよ。チケットを振られて、このチケットはソースコードのどこの部分なんだっていうのが全然分からなくて。今はここのソースコードを改修しないといけないんだなっていうのがすぐ分かるようになったので、そういう意味では、ソースコードも読めるようになってきたなっていう感覚はあります。

現在のプロジェクトの内容について教えてください。

不動産系のWebサービスを作ってます。業界柄、紙の資料でのやり取りが多いみたいなのですが、それをなるべくペーパーレスにネット上のサービスで完結しましょうというサービスですね。フレームワークはCakePHPの3系を使っていますね。フロントは普通にマークアップ言語とjQueryを使っていますね。

1年以上開発が続いている大きいサービスで、一次リリースと二次リリースは終わっています。今は三次リリースをする手前です。簡単なHTMLの修正だったり設計書を新しくしたりするところからタスクを振っていただいて、現在は保守・運用を担当しています。ユーザーからフィードバックがあった内容をいち早く開発で実現させるチームに入っています。

一日のスケジュールを教えてください。

就業時間は9:00~18:00です。

朝は6時くらいに起きますね。朝に1~1.5時間くらい自分の学びたい技術の勉強をやっています。

家は8時に出て、8時半~9時に到着します。到着してまずはSlackやJIRAのチケットを確認して、自分や周りの方のタスクの進捗状況や新規タスクを確認しています。

お昼休みは時間が決まっていて、12:00~13:00ですね。家から持ってきたご飯を食べて、15分ちょっと昼寝をしています。13時からはまた作業開始って感じですね。

定例などのミーティングは特になくて午前中に朝礼をやるのですが、それぞれ作業報告を1人30秒ほどやるぐらいです。夜は特に作業がなかったら割と早く帰っていい感じなので、あんまり遅くまで残ることはないですね。なので、だいたい19時前には家にいます。

今行っている仕事の面白いと思うところと難しいなと感じるところを教えてください。

そうですね。やっぱりGizumoに入るまでは、今はWebエンジニアの仕事は面白そうだなと思えていても、いざやってみたら自分に合わないと感じてしまうこともあるんじゃないかなと思っていたんですよ。けど、実際に3~4ヵ月間やってみて…まあGizumoでの研修期間を含めるともう半年くらいなんですけど、もしかしたら本当に…一生やっていけそうだなって思えるくらいエンジニアが楽しいですね。本当に良かったと思います。

好きな技術や今後できるようになりたいことなどはありますか?

やってみたいのはブロックチェーンですね。今は自分には難しいかなとかあんまり考えず、とりあえず挑戦してみようかなって思ってるんですけど。今シェアハウス生活をしていて、一緒に住んでる人がブロックチェーンのエンジニアなんです。それで色々話を聞いてみると、Solidityを使ってスマートコントラクトを使うとスケールが大きいことができそうだなとか、面白そうだなと思って。

今後のキャリアはどうしていきたいと考えていますか?

30歳までには何かの領域で突き抜けたいっていうのがあるんですよね。

Gizumoに同じタイミングで入った人が僕より3つ4つ年齢が下な人が多いので、やっぱり同じ成長スピードでやっていたらいけないと思っていて。ちょうど30歳って節目ですし。

自分のやってることを広げすぎちゃうと、どれも中途半端になってしまいそうだなと感じていて。なので、一人前にコードが書けるまではPHP以外は出来るだけあまり触らないようにして、もしそのPHPである程度プログラムが作れるなと思えるタイミングになったら、自分の技術の幅を広げていけたらなと思います。

まずはPHPでの開発なら安心してこの人に仕事振っても大丈夫だと思われるようになれればなと。そうでないと、あんまり面白い仕事や良い仕事を経験できないんじゃないかと思います。まずはPHPのスキルを高めて成果を出して、その信頼と実績でチャレンジングな仕事に取り組めるようになりたいです。

同世代で転職に悩む人にメッセージをお願いします。

自分の経験上、やってみないとわからないことが多かったので、もしちょっとでもやってみたいことがあれば、とりあえずトライしてみることが大事だと思います。僕は転職するために仕事を辞めようとしたときに、周りの人に「お金に困ったりするよ」とか「遊び呆けちゃうよ」とか色々言われましたけど、一生に一度しか就職せず他の企業で働いたことがない人が、本当に自分のいるところがいちばんいいかなんてわからないんじゃないかなと思います。

例えば、近くのラーメン屋さんがおいしかったからといってそのラーメン屋がベストだと言われても、いや他にもっとおいしいラーメン屋さんはあるんじゃないのって思うじゃないですか。職業はそこまでフットワーク軽く変えられないかなというのはありますが、それこそもっと年齢を重ねて30、40歳と過ぎたりてしまうと、もっと移るのが難しくなっていくかなと。

若いうちに早くたくさん失敗しておいたほうが、その後自分に何が合って何が合わないかがわかっていいんじゃないかなと思います。

株式会社Gizumo's job postings
3 Likes
3 Likes

Weekly ranking

Show other rankings