This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

オーストラリアのバナナ農園から帰国後Webエンジニアに | 山下 譲也

こんにちは!Gizumoの大石です。

Wantedlyを通じてこれからGizumoに遊びにいってみようと思ってくださる方に、事前によりGizumoのことを知っていただこうと思いGizumoのエンジニアインタビューの特集を行うことにしました。今回はオーストラリアから帰国後に未経験からWebエンジニアになった山下です!

Gizumoに来る前はどのように過ごしていましたか?

大学には行っていないです。お金貯めてワーキングホリデーでオーストラリアに行きました。

就活はどうしていましたか?

一度看護系の仕事についたのですが、すぐ自分にはこの仕事は合わないなと感じました。それから工場に転職して海外にいくためのお金貯めることにしました。工場ではプラスチック製品の検品作業をしていたのですが、1日12時間ぐらい流れて来るプラスチックを眺めているような作業をしていました。時給が良かったので海外に行くためにがんばるぞと思ってその仕事には耐えていました。

海外(オーストラリア)では何をしていたのですか?

オーストラリアには合計9ヶ月ほど滞在しました。結局遊んだりしてお金があまり貯まらなくて11万だけ持っていきました。海外の空気吸えば何とかなるかなと思ってほぼ出たとこ勝負で渡航しました。(笑)

自分が世の中をなめていたり、親に甘えていたのに気づいていたのでそんな自分から変わりたくて海外に行きました。

渡航先ではどんな仕事をしていましたか?

バナナ農園で働いていました。噛まれたら20分で死ぬという猛毒の蛇がいてビクビクしながら仕事していました。結構がむしゃらに働いていて、包丁で手を切って血をにじませながらがんばっていたら農家の人にやる気を認められて親切にしていただきました。

その後はゴールドコーストというサーフィンが有名な街のほうに移り住んで、ブルーベリーやラズベリーのピッキングをしていました。

なぜIT業界へ転職しようと思ったのですか?

帰国してからぼんやりITの仕事につきたいなと思い始めて、バイトでプログラミングスクールに行くためのお金を貯めていました。バイトしながらいろんなスクールを探していたのですが、たまたまキャンペーンに応募したものに当選しました。旅費から受講料すべて無料で2ヶ月間のコースを受講できました。運が良かったです。(笑)

なぜエンジニアになろうと思ったのですか?

最初はMacBookカッコイイって思ってた感じです。(笑)

パソコンできる人カッコイイ、みたいな気持ちがあったんですけど。オーストラリアってちゃんとした情報が載っているサイトがないんですよね。どこ行っても何していいかわかんなくて。旅行記ブログとかニッチな情報をかなり調べたのですが特定の情報得られなくて。そういうのがあったらなと思ってサイトが作れる側にまわりたいと思い始めたところがキッカケです。

Gizumoを選んだ理由を教えてください。

自分はWantedlyだけを使って仕事探ししていたのですが、Laravelを学びたかったのでLaravelを学べるところを探して見つけたのがGizumoでした。3社ぐらい受けていたのですが、最終的にGizumoにご縁いただきました。転職活動自体は割と短期決戦で動き出しから1ヶ月弱ぐらいで終わりました。

転職することへの不安はありませんでしたか?

すごい怖かったです。(笑)

上京も初めてで、IT業界もよくわかってなかったので。なんかイメージだけなのですが、理系の賢い人しかいないっていうイメージしかなかったです。でもGizumoは明るいし同世代が多くて研修は楽しかったです。

会社のシェアハウスに入ったのですが、住みやすくて東京にはだいぶ慣れました。シェアハウスはベッドとか冷蔵庫ついていたので布団だけ用意した感じでしたね。

(※筆者注:Gizumoには男性エンジニアを対象にしたシェアハウスがあります)

入社時点でプログラミングのスキルはどの程度だったのですか?

2ヶ月ほどプログラミングスクールで学んだぐらいでした。

学習してる中で、大切にしてたことや心掛けてたことはありましたか?

自分で解いて、分からなかったら周りの人に聞くっていうスタンスでした。とりあえずは自分で解くってことを心がけてましたね。自分で調べることの大切さを知ってたんですけど、どうしても無理なら周りに聞かないと分からないですね。

独学と教わる環境では違いがありましたか?

進み具合もそうなんですけど、自分で理解すると間違ったことも自分なりの解釈で理解している部分もありました。それを正していただけるので教わらないとわからないことは多かったと思います。

歳が少しでも離れてしまうと聞きにくかったりすることもあると思うのですが、メンターの方がすごい歩み寄ってくれるから聞きやすかったですね。

研修中はどれぐらい勉強していましたか?

研修の8時間+家で2時間ぐらいやっていました。

研修中を振り返って思うことはありますか?

そうですね。楽しかったし、同世代が多いからすごいモチベーションも上がりました。競うではないですけど、その、僕の闘争心っていうのも、燃えたかなと。

現在のプロジェクトの内容について教えてください。

いまのプロジェクトは銀行系の社内システムの保守運用をお手伝いさせていただいています。まだ自分がまわりの方の実力に追いつけていない部分があるので、上司の方がしっかりとついてくれてできるタスクから投げていただいているような形です。

一日のスケジュールを教えてください

朝にミーティングをして、少し働いたあとにお昼ごはんを食べています。そこから自分の業務にずっと集中しているような感じです。自分は今フロント側の開発をさせていただいていて、データを簡易保存して操作上見やすくするといったことをやっています。

今後のキャリアはどうしていきたいと考えていますか?

自分がイメージしたものはしっかりと作れるようになっていたいです。まずは技術力をつけて実力をしっかりとさせたいと思っています。その後は多様な文化に触れながら仕事がしたいという思いがあるので、いろんな地域のことをWebで配信できる情報の提供者になってみたいですね。

同世代で転職に悩む人にメッセージをお願いします。

自分は経験から、独学より実践でやってる人から学ぶのが一番いいと思います。なのでGizumoの研修制度はすごい魅力的だと思いますね。実際にGitの使い方ひとつでも、スクールに通ってた時に学んだGitの使い方と実践とでは違う部分がありました。

Gizumoではなくても実際に業務経験のある人から直接学ぶのが1番早いと思います。

株式会社Gizumo's job postings

Weekly ranking

Show other rankings