1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

Member Interview | Designer 平田由紀

社会人になってから好きなことを学び出してデザイナーに

__平田さんが現在行なっている業務を教えてください。

​私はデザイナーとして仕事をしています。例えば、お客様がイメージしやすいように、イベントを行う際のイベントブースを絵に起こして提供したり、様々なジャンルの動画制作を行う他、営業チームと共同してお客様のニーズのヒアリングなどもしています。

__GENEROSITYに入社するまでのキャリアを教えてください。

私はメイクの専門学校を卒業しています。卒業後は技術を活かすための美容部員として北海道の百貨店に就職。そこに4年ほど勤めましたが、長く続けられてもっと収入の良い仕事をしたいと考え、東京に上京しました。

その後、教育系の会社の事務職に転職し、ワークライフバランスが整って余裕が出てきたことで、今度は自分のやりたいことを追求したい欲求が出てきました。......昔から絵が得意だったので、このスキルを何かに活かせないか、そう考えて通い始めたのが、社会人向けのクリエイタースクールです。スクールではグラフィックデザインを半年と、3DCGを1年間学びました。当時は、事務職としての仕事は続けていこうと考えていたので、卒業後に副業としてデザイナーをスタートさせました。


__GENEROSITYを知ったきっかけはなんだったのでしょうか? また、入社の決め手はなんですか?

実は、スクールの隣の席で一緒にCGの授業を受けていたのが平沼(GENEROSITY CTO)さんだったんです。卒業後、半年ほど経ったタイミングで「デザイナーとしてどうですか?」と声をかけていただきました。全くの未経験だったので「私、ちゃんと働けるのか?」と最初は驚きと不安でいっぱいでしたが、平沼さんのことは信頼できる人だと知っていたので、面談をさせていただくことにしました。

最初の面談ではGENEROSITYのデザイナーの方々とお話ししました。そこで、みなさん優しくて雰囲気がとても良い感じを受けたので、オファーを受けてからすぐに決めましたね。


メリハリのある職場で、徐々に磨かれて行ったプロの目

__実際にデザイナーとして働きはじめてからはどうでしたか?

感じていた不安は変わりませんでしたが、もう「気合いで乗り越えるしかない!」と開き直ってスタートするしかありませんでした。
先輩デザイナーの2人が、未経験であることを理解して丁寧に教えてくださったということもあり、徐々に不安は解消されていったように思います。

__GENEROSITYのメンバーの印象はどうですか?

今までの社会人人生の中で、トップで面白い人が揃った職場です。(笑)一見近寄り難そうな人が飛び抜けたコミュニケーション力を持っていたり、仕事ぶりはとても真面目なのに個人で話をしてみると面白い人とかギャップがある人が多い気がします。
個性的な人が多くて、しかもそれが受け入れられる環境といった印象ですね。きちんと仕事はするけど、楽しむときは楽しむ。1日1笑いは必ずありますし、楽しいです。(笑)

__これまでのデザイナー業務で大変だったことや苦労したことを教えてください。

​入社してからこれまで関わることが多かったのは、主に3Dと動画の制作です。趣味の範囲でやってはいたものの、仕事としてお客様に納得していただくものを作るのは全くの別物。

とにかく、仕上がりがダサくならないよう「目を鍛える」ことに苦労しています。プロの作品をたくさん見て、洗練されたデザインとはどういうものか、どのような感覚が洗練されているのか、判断できるように今も鍛錬し続けています。根を詰めて制作していると、本当にこれは良いデザインなのか、わからなくなってきてしまうんですよね。1度寝て、目を新しくしてまた見てみたり、先輩デザイナーさんに見てもらったり、 自分1人で見る力を高めなければいけないので、今も苦労はしています。

続きはリクルートサイトからご覧くださいhttps://www.recruit.generosity.co.jp/hirata

株式会社GENEROSITY's job postings

Weekly ranking

Show other rankings