1
/
5
This page is intended for users in Hong Kong. Go to the page for users in United States.

色々な経験をしたからこそ、好きなものが強みに変わった。それを伝えていくのが私の役目。

たくさんの経験をしたからこそ今がある

私は中学を卒業し、これからの夢がまだ定まっていなかったこともあり、アルバイトをしながら過ごしていました。そんな時、周りの同級生たちが高校を卒業するという時期になったことで、今のままではいけないと強く感じたのをよく覚えています。

しかし、自分にはまだ活かせるスキルが足りないと思い、専門学校への入学を決めたんです。元々パソコンが好きな事もあり、ゲームデザインやシステムを学ぶことにしました。

当時は自分で学費を払うために、新聞奨学生制度を活用しました。

新聞配達所の上に寮があり、朝3時に起床、6時頃に配達が完了します。しかしそれで1日が終わるわけもなく、そこから朝食を食べて学校へ向かいます。

それから授業を受け、14時には学校を出て夕刊の配達です。とてもハードな生活が続き、もっとベストな環境で勉強に集中したいと思い岡山に戻りました。

岡山に戻ってからは、学校で学んだプログラミングをさらに自分で調べながら知識を深めていきました。そうしていたら次は周りが、あっという間に大学卒業の時期になっていたんです。自分は手に職をつけて働くつもりだったのに…まだ実現できていなかったので正直焦りました。そして将来への不安もあり、いよいよ就職することを決意しました。

そうして辿り着いた先がデータ入力の仕事でした。パソコンやシステムが好きだったこともあり、その会社ではデータ入力はもちろん、パソコン関連はなんでも任せて貰っていました。

それから何か新しい事を始めたいと思い始めた時に、当時の代表から、パチンコ店でパチンコ台のシステムを一括管理できるシステムの開発の話を頂きました。

ページ自体業務用なので、デザイン性よりも利便性を優先して開発しました。

その後経営がうまく回らず会社が倒産してしまったことをきっかけに、お客さんであったパチンコの会社に入社しました。そこでは自分が開発したシステムの管理に限らずPCの調子を見たり、データ移行等も担っていました。

また、鉄工所にも出入りして、アルミの削り出しの作業でフィギュア等の制作もしていました。

これが、実際に私が削り出しで制作したフィギュアです。結構緻密な作業ですよね…!

そんな時、遠距離恋愛していた彼女との結婚を機に関東へ引っ越しました。


好きな事から好きな人までもが生まれた

彼女との出会いもパソコン関連でした。当時mixiが出していたゲームにて、個人的にとあるツールの制作をしていました。ブラウザゲームだったのですが、一定時間ごとに資材が貯まり、それが貯まると建物を建設できたりするというシステムになっていたものを、自動で行うツールを作っていたんです。それを、自分の同盟の中で使いたい人に提供をしていました。こんな発端で、ネット上で現在の妻と出会い、千葉と岡山の遠距離恋愛に発展したんです。


エンジニアから教育の促進

関東に出てきて就職活動をしていたところ、現在の代表和田の「私がみなさんを育てます」というフレーズが目に飛び込んできました。それを見た時に「まずこの会社を受けたい!」と心から思い、受けることにしたんです。そこで代表とフィーリングが深く一致したこともあり、瞬く間に入社しました。

入社して3年半程エンジニアとして経験を積みました。VB.netをメインに通信系の会社で約1年半、その後、銀行の現場で約1年程、VB6のシステムをVB.netへ移行するということをしていました。

そういった経験をさせて頂きつつ感じていたことがありました。それは弊社の教育という面が、他社さんと比べてまだ遅れているというイメージが大きいということです。伝えたいことは100も200もありますが、そこを1でも2でも教えられたらと思い、代表に相談しました。それをきっかけに一昨年の末くらいから本社に戻り、社員の教育もしつつ、ジルコニアを開発することになったんです。

現在は、AndroidStudioを使って、Android用のジルコニアの改良をしています。iOS版はスムーズにいくのですが、Android版はエラーが多く苦戦中です(笑)誰かAndroidStudioでのAndroidの神様みたいな人居ないのかなとか思ってしまいますね。


私の想い

好きな事をして生きていくには、初めにきつい壁はあります。それを一度乗り越えれば、その後の人生は楽になると私は思っています。

自分自身、1人で勉強もしていますが、その情報はどこで得ているのかを考えると、それは全てインターネットからのものだったんです。なので、技術に関して何かわからない事があれば気兼ねなく聞いて欲しいです。

知識は隠すものではないので、持っている知識を活かし、経験していく。経験を積むのは各自だと思っているので、それの大元となる知識や技術は、私が教えられる範囲であればいくらでも教えます!わからなければ一緒に考え、一緒に身につけていきたいと思っています。そこに年齢も生別も関係ないと思っているので、気軽に聞いて欲しいです!



グランディールでは新しいメンバーを募集しております。

是非、私たちと一緒に楽しく働いてみませんか?ご連絡お待ちしてます。




株式会社グランディール's job postings
15 Likes
15 Likes

Weekly ranking

Show other rankings